2024.06.15

鑑賞・観賞

公開日:2023.05.12

終了しました

神田祭

見物客30万人超え! 「日本三大祭り」に数えられるメガイベントが4年ぶりに開催!!

開催エリア:東京都
神田祭

鑑賞・観賞

終了しました

神田祭

公開日:2023.05.12

見物客30万人超え! 「日本三大祭り」に数えられるメガイベントが4年ぶりに開催!!

開催エリア:東京都
神田祭

開催場所

【東京】 神田明神、中央通り/日本橋~神田&秋葉原、JR神田駅&秋葉原駅など(東京都千代田区)

特設サイト

https://www.kandamyoujin.or.jp/kandamatsuri/

開催データ

神田祭

開催日 2023年5月11日(木)~5月17日(水)
*コンテンツにより異なる
開催時間 コンテンツによる
観賞料 無料
主催 神田明神
「神田祭」とは

「神田明神祭」とも呼ばれる、千代田区にある「神田明神」で開催されるお祭りです!

山王祭(千代田区・日枝神社)、深川八幡祭(江東区・富岡八幡宮)と並び称される、『江戸三大祭』の1つであり、祇園祭(京都)、天神祭(大阪)とあわせ『日本三大祭り』の1つに数えられている、日本屈指のイベントです。

神田祭

通常2年に1度行われてきましたが、コロナの影響から前回は残念ながら中止となり、今回じつに4年ぶりに開催。

神田祭

メイン会場となる「神田明神」のほか、神田・日本橋・丸の内・秋葉原などを練り歩く「神幸祭(しんこうさい)」、趣向を凝らした曳き物(ひきもの・山車/だし)が巡行する「附け祭(つけまつり)」、さらにイベントのハイライトともいえる、大小200を超える神輿が神田明神に向かって町中を練り歩く圧巻の「神輿宮入(みこしみやいり)」など、見所目白押し。

数千人規模に膨らむという、日本橋~神田の中央通りを練り歩く大行列や、秋葉原の電気街を神輿が埋め尽くす様など、普段見慣れた千代田の街がガラッと変わります。

神田祭

見物客は、なんと毎回30万人超え。相応の混雑は必至ですが、ぜひ現地で生の熱気を味わってみては!?

コンテンツにより開催日、時間、場所が異なります。事前の情報確認をオススメします。

あると便利な「神田祭の楽しみ方ガイド」発行中!

神田祭をしっかり楽しむためのガイドブックとして使えるマップを、千代田区観光協会が製作。その名もズバリ「神田祭の楽しみ方ガイド」。初心者でも神田祭を100%楽しむための、見所を網羅したガイドマップです! イベントの規模があまりに大きすぎて、全体像の把握が難しいとの声も聞かれるという神田祭。これがあれば、さらにディープに楽しめるはず。ご活用あれ。下記ウェブ上からもか可能です!

■設置期間:4月28日(金)~
■設置場所:千代田区観光案内所、区内観光案内所、JR神田駅・JR秋葉原駅・JR御茶ノ水駅など

https://visit-chiyoda.tokyo/app/upload/files/undefined.pdf

このページの

 お出かけ情報はいかがでしたか?

もう一度このページを先頭から見る

以上、お出かけ情報満載のウェブメディア「オソトイコ」がお届けいたしました。関東1都3県ではこのほかにも楽しいイベントや気になるお出かけスポットがたくさん!オソトイコではそんなお出かけに役立つ情報を日々集めてお届けしております。今後もぜひ活用してくださいね!

参考になった!役に立った!と思っていただけたらうれしいです

\  もしよろしければサポートお願いいたします!  /

\ ちょっとだけご紹介! /

東京都内で今日開催中のイベント

このお出かけ情報は 

 いかがでしたか?

もう一度このお出かけ情報を見る

以上、お出かけ情報満載のウェブメディア「オソトイコ」がお届けいたしました。関東1都3県ではこのほかにも楽しいイベントや気になるお出かけスポットがたくさん!オソトイコではそんなお出かけに役立つ情報を日々集めてお届けしております。今後もぜひ活用してくださいね!

参考になった!役に立った!と思っていただけたらうれしいです

\  もしよろしければサポートお願いいたします!  /

 編集部のつぶやき

\ ちょっとだけご紹介! /

東京都内で今日開催中のイベント

  • てんぼうパーク サンシャインシティ 展望台 池袋 公園
  • 多摩観光スポットバナー

スポンサーリンク

関東で開催中のイベントランキング

  • 魔法の文学館バナー
  • スポンサーリンク

  • スポンサーリンク