2022.05.25

新型コロナウイルスの影響で掲載中のイベントが中止になっている場合がございます。開催の有無については各イベントの公式サイトなどでご確認ください。ご面倒をおかけしますがよろしくお願いいたします。

鑑賞

公開日:2022.02.15

「モネからリヒターへ ― 新収蔵作品を中心に」

開館20周年を記念する、ポーラ美術館史上最大の大型展覧会

開催エリア:神奈川県
ポーラ美術館「モネからリヒターへ ― 新収蔵作品を中心に」

鑑賞

「モネからリヒターへ ― 新収蔵作品を中心に」

公開日:2022.02.15

開館20周年を記念する、ポーラ美術館史上最大の大型展覧会

開催エリア:神奈川県
ポーラ美術館「モネからリヒターへ ― 新収蔵作品を中心に」

場所

【神奈川】 ポーラ美術館 展示室1-5、アトリウム ギャラリー、アトリウム ロビー、森の遊歩道(神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285)

告知サイト

https://www.polamuseum.or.jp/news/pressrelease/2022011801/

開催データ

「モネからリヒターへ ― 新収蔵作品を中心に」

開催日 2022年4月9日(土)~9月6日(火)
開催時間 9:00〜17:00
*入館は16:30まで
入場料 【大人】1800円
【シニア/65歳以上】1600円
【大学・高校生】1300円
【中学生以下】無料
休催日 会期中無休
主催 ポーラ美術館
ポーラ美術館「モネからリヒターへ ― 新収蔵作品を中心に」
「モネからリヒターへ ― 新収蔵作品を中心に」とは

2002年9月6日に開館したポーラ美術館が20周年となることを記念し開催される、開館以来最大規模となる期間限定展示会。

ポーラ創業家二代目の鈴木常司(1930-2000)が戦後約40年をかけて収集したコレクションのほか、 近年新たに収蔵した作品を合わせて紹介する展示会で、「光」をテーマとした印象派から現代アートまでの名作(クロード・モネ《睡蓮》やロベール・ドローネー《 傘をさす女性、 またはパリジェンヌ 》、フェルナン・レジェ《鏡を持つ女性》 など)が一堂に公開されます♪

ポーラ美術館「モネからリヒターへ ― 新収蔵作品を中心に」

クロード・モネ《睡蓮》 1907年 油彩/カンヴァス 93.3 x 89.2 cm

ポーラ美術館「モネからリヒターへ ― 新収蔵作品を中心に」

フェルナン・レジェ《鏡を持つ女性》 1920年 油彩/カンヴァス 55.6 x 38.7 cm

ポーラ美術館「モネからリヒターへ ― 新収蔵作品を中心に」

ゲルハルト・リヒター《抽象絵画(649-2)》 1987年 油彩/カンヴァス 200.7 × 200.8 cm 

(C) Gerhard Richter 2021(20102021)

詳細は公式サイトでご確認あれ。

アクセスは!?
会場 ポーラ美術館 (神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285)
最寄りIC 東名「御殿場IC」から国道138号で約25分
アクセス法 https://www.polamuseum.or.jp/info/access/

スポンサーリンク

関東で開催中のイベントランキング

  • おふろcafe(R) 千葉「おふろcafe かりんの湯」
  • スポンサーリンク

  • スポンサーリンク