2020.09.29

新型コロナウイルスの影響で掲載中のイベントが中止になっている場合がございます。開催の有無については各イベントの公式サイトなどでご確認ください。ご面倒をおかけしますがよろしくお願いいたします。

鑑賞

公開日:2020.07.18

特別企画展「大正イマジュリィの世界」

ノスタルジックな気分に浸れる、大正文化を感じる美術展

開催エリア:佐倉市千葉県
特別企画展「大正イマジュリィの世界」

鑑賞

特別企画展「大正イマジュリィの世界」

公開日:2020.07.18

ノスタルジックな気分に浸れる、大正文化を感じる美術展

開催エリア:佐倉市千葉県
特別企画展「大正イマジュリィの世界」

 

場所

【千葉】 佐倉市立美術館 2&3F展示室(千葉県佐倉市新町210)

公式サイト

https://www.city.sakura.lg.jp/sakura/museum/exhibition/2020/202008taisyoimajyurii.html

開催データ

特別企画展「大正イマジュリィの世界」

開催日 2020年8月1日(土)~2020年9月22日(火・祝)
開催時間 10:00~18:00
*入館は17:30まで
入場料 【一般】800円
【大学・高校生】600円
【中・小学生】400円
【未就学児】無料
主催 佐倉市立美術館

特別企画展「大正イマジュリィの世界」
左:竹久夢二『汝が碧き眼を開け』(大正6(1917)年初版)個人蔵、 右:水島爾保布『人魚の嘆き』(谷崎潤一郎著 大正8(1919)年)挿画 個人蔵

 
 

特別企画展「大正イマジュリィの世界」 とは!?

はかなく、妖しく、美しい。竹久夢二や高畠華宵、藤島武二などが活躍した大正と、その前後の時代に活躍した画家をフォーカスする美術展。
 
装幀や挿絵、ポスター、絵はがき、広告、マンガ、写真といった、大衆的な複製図像の総称である「イマジュリィ」にスポットをあてた展示会です!
 
佐倉市ゆかりの作家さんも紹介と、佐倉市立美術館ならではの展示に。
 
ノスタルジックな世界観を、この機会に存分に味わってみて下さい♪

 
特別企画展「大正イマジュリィの世界」
武井武雄「これは、 わたしのおうち…」『子供之友』挿画 大正13(1924)年 個人蔵
 
特別企画展「大正イマジュリィの世界」
森谷延雄《ねむり姫の寝室》『婦人グラフ』挿図 大正14(1925)年 佐倉市立美術館蔵
 
特別企画展「大正イマジュリィの世界」
浅井忠《花神を祭る》『さをしか』(明治40(1907)年)佐倉市立美術館蔵
 
特別企画展「大正イマジュリィの世界」
橋口五葉《楽神》(明治39(1906)年)個人蔵

 
 
 

アクセスは!?
会場 佐倉市立美術館 2&3F展示室(千葉県佐倉市新町210)
最寄り駅 「京成佐倉駅」から徒歩8分
最寄り駅 JR「佐倉駅」から徒歩20分、またはバス(二番町バス停下車)
アクセス法 https://www.city.sakura.lg.jp/sakura/museum/access.html
Google MAP

 

この記事をシェアする

おうち時間を楽しく!

おうちいよロゴ

おうちで楽しく過ごせる
コンテンツをご紹介!

噂のスリムボトル記事へのバナー
ムーミン記事へ
アウトドアジャパンデイ記事へ
情報募集中へ
アウトドア用語集へ
特集記事の番外編へ

スポンサーリンク

情報募集中

現在開催中のイベントランキング

スポンサーリンク

噂のスリムボトル記事へのバナー
常設スポット特集ページへのバナー
スタンプラリー特集ページへのバナー
デカ盛りに挑戦ページへのバナー
ムーミンバレーパーク記事へのバナー
アウトドアジャパンデイ特集記事へのバナー
情報募集中ページへのバナー
アウトドア用語集へのバナー
特集記事の番外編へ