2024.06.15

特集記事

文・写真: 山さん
2023.05.03

終了しました

『ご当地ラーメンチャレンジ by 東京ラーメンストリート』 ラーメン通でなくても1度は食したい、全国の名店が東京駅に限定出店! 話題企画のフィナーレを飾るのは北海道の「富良野とみ川」さん! 【2023.8.31まで】

ご当地ラーメンチャレンジ 富良野とみ川 東京駅 ラーメンストリート

“全国的には知られていないものの、地元では知らない人がいない”といわれる有名店を、東京駅にあるラーメンの聖地「東京ラーメンストリート」にて期間限定で紹介する話題企画もファイナルを迎えます! アンカーとなる第7弾の営業が始まりました!

*掲載内容は2023年4月26日開催の試食会時点の情報。内容を保証するものではありません。

*掲載写真は編集部による(一部除く)。

イベント概要

ご当地ラーメンチャレンジ by 東京ラーメンストリート 【第7弾】富良野とみ川

おひとり様大歓迎
東京限定メニューあり
期間&数量限定メニューあり

会場東京駅・八重洲南口 地下1階/東京駅一番街(東京都千代田区丸の内1-9-1)
第7弾営業期間2023年4月27日(木)〜8月31日(木)/予定 
イベント開催期間2021年7月15日(木)〜2023年8月31日(木)/予定 
営業時間11:00~22:30(LO/22:00)
座席数20席
休業日会期中無休
最寄駅JR「東京駅」八重洲中央口から徒歩1分
公式サイトhttps://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/street/ramen/


『ご当地ラーメンチャレンジ』とは!?

ご当地ラーメンチャレンジ 東京ラーメンストリート 金澤濃厚中華そば神仙 ラーメン

提供/東京ステーション開発

1度ならず、2度、3度と足を運びたい、誰かに話したくなる“ウマい”ラーメン店が軒を連ねる「東京ラーメンストリート」で、2021年7月〜2023年8月末までの約2年間に渡り開催中のイベントです。

ラーメン通の間で広く知られている名店中の名店や、全国的には知られていないものの地元では知らない人がいない名店たちが、3〜4ヶ月ごとに「東京駅」を舞台にバトンをつないでいくこのイベント。これまでいろいろな味自慢のお店が登場し、毎回大きな話題に。過去6回開催の累計来客数が、なんと30万人超えているという大ヒットイベントなんです!

このイベントは、1杯のラーメンで優劣を競う勝負系ではなく、東京の玄関口である「東京駅」を利用する多くの方に、お店の存在、味を知ってもらうことが大きな目的。提供するメニュー数もお店ごとに異なり、推しラーメンがあれば定番もありと、複数回訪れても決して飽きないイベントとなっています。

まずは過去に登場した名店を紹介すると・・・

・神奈川『支那そばや』(2021年7月15日〜11月4日)
・熊本『天外天(てんがいてん)』(2021年11月12日〜2022年2月24日)
・栃木『麵屋ようすけ』(2022年3月4日〜6月13日)
・石川『金澤濃厚中華そば神仙』(2022年6月21日〜9月27日)
・青森『中華そば ひらこ屋』(2022年10月5日〜2023年1月16日)
・北海道『函館麺厨房あじさい』(2023年1月24日〜4月19日)

といったもの。ラーメン通の方であれば、1度は食べたことがあるお店もなかにはあるのでは!?

そして今回、フィナーレを迎えることに。アンカーとなる第7弾の営業が2023年4月27日からスタート。それが北海道の名店『富良野とみ川』さん。8月31日までの4ヶ月間の営業です!

ご当地ラーメンチャレンジ 東京ラーメンストリート 金澤濃厚中華そば神仙 ラーメン

開催場所は、東京駅の八重洲地下中央口改札から30秒程度にある「東京ラーメンストリート」。編集部で印を入れた、写真にある「7」枠がチャレンジ店が入る区画です。ちなみに開催場所は改札外。このイベントのためだけに東京駅に訪れても切符は要りません!■提供/東京ステーション開発

第7弾『富良野とみ川』とは!?

ご当地ラーメンチャレンジ 富良野とみ川 東京駅 ラーメンストリート

連日大盛況となったロングランイベントを締めくくるのは、2回連続北海道から選出。北海道は富良野にお店を構える超人気店『富良野とみ川』(1997年7月創業)さん。地元富良野から東京まで約3500㎞。遠路はるばる登場です!

北海道の新鮮な食材を使った“地産地消”の中華そば作りを創業当時から守り続けており、化学調味料や添加物は一切なし。究極とも呼べるその中華そばを目当てに、遠方から足繁く通う方もたくさん。

富良野にあるお店は、マイカーなどのクルマを使うか、最寄り駅からの路線バスに頼らざるをえない場所にあるそうなのですが、それでも営業時間中はつねに満席と、『富良野とみ川』の味を求める客足は途絶え知らずとのこと。

ご当地ラーメンチャレンジ 富良野とみ川 東京駅 ラーメンストリート

著名人も愛する「富良野とみ川」の味。店内には、同店の味に感銘を受けた、「北の国から」で有名な脚本家・倉本聰さんのメッセージとサイン色紙が。

あの「ミシュランガイド 北海道」にて、安くてオイシイお店の勲章といえる“ビブグルマン”の栄誉を、2012年と2017年に獲得しているほど。

そんな名店の味が、東京駅で味わうことができるんです!

ご当地ラーメンチャレンジ 富良野とみ川 東京駅 ラーメンストリート

座席数はこれまで通りの全20席。知る人ぞ知る有名店であり、GWや夏休みといった繁忙期での営業となるだけに、ある程度の待ちは覚悟のうえ来店を♪

麺にこだわりが!

ご当地ラーメンチャレンジ 富良野とみ川 東京駅 ラーメンストリート

写真は今回試食させていただいた「石臼挽き中華そば」。麺の見ためは手打ちそばのよう。

こだわりの食材選びやスープももちろん語れるネタはしっかりあるのですが、なんといっても真っ先に注目してほしいのがその『麺』。

“日本一の小麦”と称する地元富良野産のブランド小麦「春よ恋」を、(精白する前の無加工の麦である)原麦(げんばく)の状態から石臼を使って丁寧に挽き、それを北海道産100%の小麦粉とブレンドして作る自家製麺です。

石臼を使って3度挽きした粗めの全粒粉は、麦本来の風味、旨味が高く、その麺はまるで“おそば”のよう。シコシコとしており、歯ごたえ、のどごしも優しい印象。すすった際に感じる、ほのかな香りもまた食欲をそそるんです♪

富川店主によれば「うちの麺はのびても美味しいですよ」とのこと。無理にのばすのも気がひけますが、そう言われると、のばした状態も気になりはじめるのが人の常。チャンスがあれば試してみたいところです。

そんな麺には通常の「石臼麺」のほかに、同じ「春よ恋」を“自家焙煎”した焙煎麦を石臼で挽いた黒麺もあり。これは後述する「焙煎小麦塩中華」と呼ばれるメニューで営業期間中の一定期間だけ提供される予定です!

ご当地ラーメンチャレンジ 富良野とみ川 東京駅 ラーメンストリート

写真は麺のベースとなる原麦「春よ恋」の加工前後。粒状のものが石臼挽き前。細かい粒子となったものが加工後。黒い麦は焙煎による変色です。ちなみに今回のイベントでは、さすがに石臼は持ち込めないため、富良野で製麺したものを北海道から適時空輸するとのこと。

ご当地ラーメンチャレンジ 富良野とみ川 東京駅 ラーメンストリート

富川店主によれば、「うちの麺はコショウよりも七味があいますヨ」とのこと。実際試しましたが確かに合います!

実際にいただいたのがコチラ!

ご当地ラーメンチャレンジ 富良野とみ川 東京駅 ラーメンストリート

【 石臼挽き中華そば 】
950円

今回実食させていただいたのは、恐らくもっとも味わう方が多いと思われる「石臼挽き中華そば」。「富良野とみ川」をの味を知るうえで欠かせない逸品で、麺は文字通りの「石臼挽き」。先述した粗めの全粒粉を練り込んだ特製自家製麺です!

スープが!

ご当地ラーメンチャレンジ 富良野とみ川 東京駅 ラーメンストリート

麺同様、気になるスープは、北海道素材を中心とし化学調味料を一切使わない手作りのタレを使用。根室産の短元昆布、干し椎茸、カツオ、サバ出汁を使った鶏ベースのスープに加え、煮干し出汁を合わせたこだわりの豪華2本立てのしょう油系です。

実食前に、店主が「うちの中華そばは食後も楽ですヨ」とおっしゃっていましたが、その通り!

旨味調味料などの無添加がないこともかなり大きいようで、風味豊かで後味サッパリ。コテコテとした脂っこさも一切なく、素材の旨味がギュッと凝縮されておりじつに美味。日々の体調を気にする中年である担当編集者にとっては、あっさりとしたこの味はこのうえなくありがたく、食べやすくと極めて好印象。風味豊かな麺との相性も抜群で、箸がススム、ススム。これはウマイです!

ご当地ラーメンチャレンジ 富良野とみ川 東京駅 ラーメンストリート

トッピングとしてチャーシューや鶏コンフィ、ネギ、メンマ、半熟味玉が盛られているのですが、個人的に絶妙と思えたのが「三つ葉」。三つ葉には苦み!? といえばいいのか、ネギとはまったく違った独特な強い味があり、苦手な方もいるかもしれませんが、パンチの効いたあの味や独特な歯ごたえは、あっさり系スープとある意味正反対といえますが、これが予想以上に相性抜群。心地いい刺激とともに胃袋に収まっていきます!

チャーシューが!

そして見過ごせないのが、トッピング主役ともいえるチャーシュー。「石臼挽き中華そば」には、富良野産の煮豚を使ったチャーシューと、しょう油を使ってじっくりと低温調理した、知床産鶏むね肉のコンフィの2枚が入っています。

ご当地ラーメンチャレンジ 富良野とみ川 東京駅 ラーメンストリート

地元富良野地方の豚を使った自慢のチャーシュー。適度な歯ごたえもマル♪

ご当地ラーメンチャレンジ 富良野とみ川 東京駅 ラーメンストリート

そこはかとなくシットリとした歯ごたえのコンフィ。1枚といわず。もっと食べたい・・・となるオイシさです!

ご当地ラーメンチャレンジ 富良野とみ川 東京駅 ラーメンストリート

今回は特別に、本来オプションとなる「五郎のスモークチャーシュー」も試食させていただきました! 

文字通りの“燻製”チャーシューで、そのネーミングは・・・、あのドラマですヨ! 燻製ならではの風味豊かな味わいは絶品。お土産として持ち帰りたいほどです♪ チャンスがあればぜひご賞味くださいませ。

ご当地ラーメンチャレンジ 富良野とみ川 東京駅 ラーメンストリート

燻製に欠かせない煙の元となる燻製チップは、ドラマ「北の国から」のスタッフ・キャストが植樹したエゾヤマザクラなんだそう。■提供/東京ステーション開発

ご当地ラーメンチャレンジ 富良野とみ川 東京駅 ラーメンストリート

・・・といっている間に、今回も完食。大人の方で恐らく10分かからず。アッという間です!

ほかにはどんなメニューが!?

メニューはほかにもいろいろあります! そのなかには「期間・数量限定」や「東京駅限定」のメニューも。繰り返し訪れて、ぜひいろいろご賞味あれ。

ご当地ラーメンチャレンジ 富良野とみ川 東京駅 ラーメンストリート

【 焙煎小麦塩中華 】
1200円

先述したローストした原麦を使った黒麺メニューです! 自家焙煎した小麦「春よ恋」を、同じく石臼挽きしさくら卵でつないだ自家製麺を使用。スープは鶏と魚介をベースとした白しょう油系。こちらは期間・数量限定となり、販売は5月10日〜6月30日、1日50杯限定とのこと(変更の可能性あり)。

ご当地ラーメンチャレンジ 富良野とみ川 東京駅 ラーメンストリート

【 味噌バターコーンらあめん 】
1200円

こちらは東京駅だけで提供される限定ラーメン。北海道産の厳選大豆を使った、3種類の味噌をブレンドした背脂香味油仕立ての味噌スープが自慢。視線を集めるコーン、バターともに北海道産! 4月下旬まで横浜で開催されていた催事でも大評判となった味です! 食べ損ねた方は迷わず東京駅へ!

ご当地ラーメンチャレンジ 富良野とみ川 東京駅 ラーメンストリート

限定メニューとして、「ふらの豚」「コンフィ」「スモークチャーシュー」「ガーリックポーク」を加えた『4種の肉盛り』(1700円)もあり。こちらは1日10食ですが、イベント期間中毎日提供するとのこと!

さらにこんなメニューも♪

紹介は一部ですが、こんなメニューもありますヨ〜。

ご当地ラーメンチャレンジ 富良野とみ川 東京駅 ラーメンストリート

提供/東京ステーション開発

ご当地ラーメンチャレンジ 富良野とみ川 東京駅 ラーメンストリート

提供/東京ステーション開発

ご当地ラーメンチャレンジ 富良野とみ川 東京駅 ラーメンストリート

ライス類やトッピング類も各種用意されていますが、注目は極太の「アスパラ」。デカイ。そのままガブッと召し上がれ。もちろん北海道産です!

レポートまとめ♪

ご当地ラーメンチャレンジ 富良野とみ川 東京駅 ラーメンストリート

・富良野の名店中の名店の味を東京駅で。場所は改札外
・芳醇な香りと風味が自慢の石臼麺、こだわりスープに注目を
・開催は2023年4月27日〜8月31日まで

いかがでしょう!? ロングランイベントラストを飾る第7弾は特別に4ヶ月開催。北海道という遠方にある、名店中の名店の味がこんなにも長く、東京で味わえるチャンスはなかなかないはず。メニュー数も豊富ですので、ぜひ繰り返し訪れて、その味をしっかりとインプットしてくださいませ♪

・・・余談ですが、このイベントは今回でラスト。ということは、イベント後、お店があるスペースはどうなるの!? ということですが、すでに次なるプランも進行中。運営元である東京ステーション開発によれば、2023年10月頃に、常設店として新しいお店がオープンする予定とのことです! こちらも乞うご期待。

過去の様子はコチラ!

*シリーズ第1弾として開催した『支那そばや』(神奈川県横浜市)さんは、編集部は取材しておりません。

今回ご紹介した記事は 

 いかがでしたか?

以上、お出かけ情報満載のウェブメディア「オソトイコ」がお届けいたしました。関東1都3県ではこのほかにも楽しいイベントや気になるお出かけスポットがたくさん!オソトイコではそんなお出かけに役立つ情報を日々集めてお届けしております。今後もぜひ活用してくださいね!

参考になった!役に立った!と思っていただけたらうれしいです

\  もしよろしければサポートお願いいたします!  /

この記事を書いた人

山さん

娘と一緒にハイキングや登山を楽しむ日を待ち望む、ただの編集者。

今回ご紹介した記事は 

 いかがでしたか?

以上、お出かけ情報満載のウェブメディア「オソトイコ」がお届けいたしました。関東1都3県ではこのほかにも楽しいイベントや気になるお出かけスポットがたくさん!オソトイコではそんなお出かけに役立つ情報を日々集めてお届けしております。今後もぜひ活用してくださいね!

参考になった!役に立った!と思っていただけたらうれしいです

\  もしよろしければサポートお願いいたします!  /

 編集部のつぶやき

  • 横浜開運水族館フォーチュンアクアリウム 中華街
  • 沖縄 竹富島 石垣島 滞在観光 白い砂 赤瓦

スポンサーリンク

お出かけ関連の特集記事ランキング

スポンサーリンク