特集記事

feature articles

OSOTOIKO SPOT RePORTS

 オソトイコ編集部のレジャースポット取材報告

2019.04.26
チコリ
文・写真: チコリ

ハマリそうな予感♪ まるごとムーミンづくしの新スポット、「ムーミンバレーパーク」へ行って来ました〜 【リポートその❷】

ムーミンバレーパーク ムーミンバレーパーク ムーミンバレーパーク

ムーミンファンなら問答無用で行っておきたい「ムーミンバレーパーク」。リポート❶に続いてお届けするリポート❷は、行ったからには絶対はずせない有料無料スポットのほか、これから訪れる際に役立つと思われるコネタをご紹介します !

*掲載内容は2019年4月上旬時点での情報で、内容を保証するものではありません。
*掲載写真はすべて編集部による。

SPOT DATA

ムーミンバレーパーク

子供歓迎
物販あり
飲食あり(持ち込み不可)
有料アトラクションあり
アクセス便利
ペット同伴OK
事前予約推奨

開催場所メッツァビレッジ内(埼玉県飯能市宮沢327‐6)
入園料大人(中学生以上)/1500円、子供(4歳以上)/1000円、3歳以下無料
営業時間10:00〜20:00
アクセス【電車】 西武池袋線「飯能駅」、JR 八高線「東飯能駅」から、バス13分
*より詳細なアクセス法はコチラ
公式サイトhttps://metsa-hanno.com/moominvalleypark/

ムーミンバレーパーク

有料スポット一番人気! ムーミン屋敷(ムーミタロ)/1人・1000円

ムーミンバレーパーク内でのハイライトの1つが、ムーミタロと呼ばれている「ムーミン屋敷」のガイドツアー。原作を忠実に再現したという地上3階建+地下1階の円柱状の建物で、エリア内でもっとも目立つ建物であり、フォトスポットとしても絶好です。見学には別途料金が必要。建物の内は狭いため、1ガイドに付き10人まで。2ガイドが違った場所から説明をするツアーとなっています。

編集部員が感じた印象では、この屋敷が有料アトラクションのなかでもっとも人気が高く、予約はかなり速い時間(昼すぎ)で一杯に。1人なら午後でも予約が取れるかもしれませんが、複数人で入りたい場合は、もたもたしていると、見学できない場合も充分ありえます。とにかく予約は急いで下さい!

【特報!!】4/26〜発券ルールが一部変更

15:00以降に限り、有料アトラクションのチケットが「事前」に購入できるアフタヌーンプランがスタート! 詳しくはコチラでご確認を!

ムーミンバレーパーク建物のまわりの庭も、自由に出入りはできませんのでご注意を。時間帯により、庭だけ無料開放している場合もあるようです。
1階エリア

ムーミンバレーパーク正面入り口とテラス口の二箇所入り口ありますが、中に入るといきなり食卓&リビングに。
ムーミンバレーパーク
壁には想い出の写真が。小道具にもご注目を。
ムーミンバレーパーク
パパは大好物のパンケーキ。黒い柵に奥に、地下へ降りる階段があります。
ムーミンバレーパークこれは1階奥にあるキッチン。1人入るとキツキツなほど。

2階エリア

ムーミンバレーパーク2Fに上がるとすぐにある先祖の肖像画。よ〜く見て。目が開いたり閉じたり♪
ムーミンバレーパーク
ソファやレコードなど、いろんなものがそこかしこに。
ムーミンバレーパーク
パパとママの部屋。壁や出窓にある黄色のバラは、ママが大好きな花。
ムーミンバレーパークコレなに!? と思ったら、なんとレントゲン。ムーミン一族の体はこんな感じだそうです♪

3階エリア

ムーミンバレーパーク3Fすぐにある小窓の先には、リトルミイの部屋が。すべてがミニ♪
ムーミンバレーパーク
ムーミンの部屋。予想以上の小部屋です♪
ムーミンバレーパーク
屋根裏のロフトは、パパの書斎。横にあるスコープで様子をチェックできるんです。
ムーミンバレーパーク一番奥にある部屋は来客用。スノークのお嬢さんが遊びに来ているという設定とか。

地下エリア

ムーミンバレーパーク
1F脇、もしくは外から入ることができる地下には、収集癖のあるパパの私物ほか、いろんな物がギッシリ。樽や地面にはなにやら足跡が。真相はぜひアナタ自身の目で確認を♪

ツアー参加特典も!

ムーミン屋敷ツアーに参加すると、参加者だけしかゲットできない限定ステッカーがもらえます♪ 「2019」とあるということは、年度ごとに変わるはず。う〜ん、コレクターズアイテムになりそう。
ムーミンバレーパーク

【無料スポット一番人気!】体感展示館(コケムス)

これが追加料金なしの無料で楽しめるんだぁと、思わず感激したのが、コケムスと呼ばれる3F建ての展示館。1Fはレストランとお土産さんコーナー、2Fは常設展や企画展、ワークショップエリア、カフェ&ショップなどがあり、3Fは体感展示室と、内容盛りだくさん。

原作者トーベ・ヤンソンさんの人生や作品の世界感にどっぷり浸れます♪ 一部内容はちびっ子には難しいかもですが、雰囲気だけでも充分楽しめます。

各エリアもそれぞれ印象深いのですが、そこまでの道中も必見。通路や壁などの演出にも注目してくださいネ。

ムーミンバレーパーク
ちなみに1Fのレストランもかなり混みますので、ご覚悟を。
ムーミンバレーパーク
1Fのレストランとショップの間にあるメイン通路。壁にあるツルの絵は、奥へ進むに従い大きくなっており、葉っぱにはムーミンキャラが。全部で77個も隠れキャラが用意されています!
ムーミンバレーパークつねに人だかりとなっている巨大ジオラマは、なんと8m越え。1Fの吹き抜け部分にあり、15分に1回、光とプロジェクションマッピングの演出を楽しめます♪
ムーミンバレーパーク
2Fの常設展「ムーミン谷のギャラリー」では、ムーミンのいろんなコネタを入手できる、挿絵や言葉があふれています。子供も楽しめるクイズも♪
ムーミンバレーパーク
エレベーター内も、雰囲気を盛り上げるためデコってます♪
3F 体感展示・ムーミン谷の自然

1F通路奥にあるエレベーターで一気に3Fへ。エレベーターを降りるとその先に広がる幻想的、かつ不思議な世界は絶対スルーできません! 驚くべきことに、全部撮影OKなんです。

ムーミンバレーパーク入り口にある、なにやら不思議なオブジェ。ここから一気にムーミン谷の世界へ!

ムーミンバレーパーク各展示前にある解説ボードも、逃さず確認を。
ムーミンバレーパーク
写真の炎はCG。火傷に、注意デス♪
ムーミンバレーパーク
記念撮影できるスポットも随所に。

3F 体感展示絵本・「それからどうなるの?」

トーベ・ヤンソンさんがはじめて世に出した絵本「それからどうなるの?」の世界に入り込む、立体展示室。

ムーミンバレーパーク入り口にある、なにやら不思議なオブジェ。ここから一気にムーミン谷の世界へ!

ムーミンバレーパーク

ムーミンバレーパーク

ムーミンバレーパーク

【コレは!?】お土産・フード類

コケムスと呼ばれる建物の1Fと2Fにお土産屋さんがあり、とくに1Fは規模が大きく、まとめて買うならここがオススメ。園内にもリトルミイ専門グッズ店など、いろいろあり、「荷物になるから最後にチョロッとでいいやぁ」という方は、入園直後にあるショップを最後に利用するのがベストかもです。ちなみにアルコールの販売もあります♪ 入園したらまず立ち寄って、売っている物を確認しておくのがベストかも。

メニューから編集部が判断した1人の目安予算は、食事で1500円〜2500円、デザート類で1000円前後、ドリンクは700円〜くらいです。

ムーミンバレーパーク

レストランなどの飲食系は、同じくコケムス1Fと2Fのほか、決まった場所にポップコーン販売やテイクアウトフードの販売があります。入り口直後にはパンケーキレストランも。

ムーミンバレーパークポップコーンは単純に買う(540円)だけでなく、ムーミン屋敷のボトル入り(2700円)でも購入 できます。
ムーミンバレーパークレストランは混みやすいため、テイクアウトフードで簡単に済ますのも手。BIGなホットドックは756円。ちと高くない!? と思ったものの、味は◎。パリッとしたハマる味でした♪ ちなみにドリンクのストローは、 時代を反映してなのか、「紙製」でしたヨ。

豆知識

【混雑状況は!?】

予想しているほどの混雑はなく、じっくり楽しめる印象です。レストラン待ちがある程度で、どこもかしこも人だらけという感じではなく、小さいお子さんでもゆっくり楽しめるはず。

【入園は当日払い!? 事前予約!?】

パソコンやスマホを使っての、事前入園予約が可能で、スムーズな入園を希望される場合は事前予約がベスト。その場合の支払いはコンビニか、クレジットカード決算のどちらか。クレジットの場合はカード情報の登録が必要ですが、入園後の有料アトラクションの予約がよりスムーズに済むため、事前予約がいいのでは!? と思います。当日入り口で入園料を払う場合、有料アトラクションは各ブース横にある専用端末でチケット購入が必要となりますが、ネット予約組だけでどんどん空きが埋まってしまうため、より確実に有料アトラクションを楽しみたい方は事前予約がベストです。

ムーミンバレーパーク
時期によりますが、当日払いの通常入園でもそれほどの渋滞はありません。ちなみに入園後のネットでのアトラクション予約は慣れるまで、少々時間がかかるかもしれません。ワタシははじめ、うまくできず戸惑いました(泣)。

【案内看板には注意!】

世界感を崩さないための配慮かとは思いますが、道しるべとなる園内の看板が、すべてフィンランド語。英語であればなんとなく判るケースがあるものの、フィンランド語となるとさすがに連想できない場合も多く、ほぼ確実に困るはず。入り口などで配布されている地図は欠かせません!

ムーミンバレーパークコレが園内にある案内看板。さすがにコレ、判らないですよね・・・・・・。不満を口にしている方に何人も遭遇しました。小さくていいので、日本語表記も入れて欲しかった・・・・・・。

【園内での撮影は!?】

撮影は基本フリー。OKです。撮影NGな場所では明確にNGの表示があるので、判るはず。今回把握できた場所では、❶コケムスの2Fで開催中の企画展示全域と、❷同2Fの「トーベの記憶シアター」、❸同1Fのトーベ&ムーミン像の後ろにある映像を流すモニターの3箇所。それ以外もあるかもしれませんが、大半は撮影OKです! 不安な場合は、スタッフに確認しましょう! ちなみに撮影OKでも、自撮棒はNGの場合があります。

ムーミンバレーパーク

【夏場注意です・・・】

場所にもよりますが、園内は日影がない場所も数カ所あるため、日差しの強い夏場などは、とくにご注意を。ベンチ類も随所にありますので、休憩も適度にどーぞ。

ムーミンバレーパーク写真左の「エンマの劇場」は、とくに日差しを遮る場所の確保が難しいため、水分は小まめに補給したいです。

【ペットはOK!?】

ペット連れもOKです。場所により、ご覧の看板などもあります。

ムーミンバレーパーク

【ベビー&子供関連は!?】

それほど広くはないものの、子供用のプレイランドがあるほか、各アトラクション脇にはベビーカー専用駐車場も完備。授乳室もありますので、小さいお子さんがいても安心して楽しめます。

ムーミンバレーパーク

【自販機がなぜか・・・】

自販機も数は多くないものの、いくつかあり、景観を崩さないよう、木目風のラッピングが施されています。気になったのは売っているドリンク。お茶、水、サイダーのなんと3種類のみ・・・。時期により変わるとは思いますが、ご覧の通りコーヒー/紅茶などはなし。

ムーミンバレーパーク

【こんな特典があるかも!?】

ステージショーは決まった時間のみの公演ですが、ムーミンキャラたちは神出鬼没。突然現れることも。今回は閉園近くまでいたところ、残り1時間くらいで突発的(!? )に撮影会が開始。記念撮影してもらえましたヨ♪

ムーミンバレーパーク
ステージ上でお馴染みのキャラと記念撮影ができるかも!? ちなみにスナフキンは、日中から結構歩き回ってました♪

ザックリですが、雰囲気はなんとなく掴めたでしょうか? 紹介以外にも見所はまだまだあります。ぜひみなさんも1度足を運んでみてください。きっと新しい発見があるはずです♪

ムーミンバレーパーク
夕暮れ時も良い感じなんです。カメラもぜひ持参してくださいネ!

リポートその1はコチラヘ!

ハマリそうな予感♪ まるごとムーミンづくしの新スポット、「ムーミンバレーパーク」へ行って来ました〜 【リポートその❶】

この記事を書いた人

チコリ

チコリ

こんにちは! チコリです! 以前はインドア派でしたが、いまはアウトドア全般に興味津々な30代。お出かけ大好きなので、行ったことやったこと、感じたことを、定期にアップできればなぁと思っています♪

今週末みんなが気になっているお出かけ情報ランキング