2021.09.20

新型コロナウイルスの影響で掲載中のイベントが中止になっている場合がございます。開催の有無については各イベントの公式サイトなどでご確認ください。ご面倒をおかけしますがよろしくお願いいたします。

特集記事

山さん
文・写真: 山さん
2021.08.25

『ドリームドア・ヨコハマハンマーヘッド』 グリーンいっぱいの公園内に、みんなで楽しめる新BBQスポットが誕生♪

ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ

開放的な空間の中でおいしいモノをいただきつつ、の〜んびり過ごしたいという方に朗報! 横浜・みなとみらい地区に、BBQ(バーベキュー)を主力としたアウトドアスポット『ドリームドア ヨコハマハンマーヘッド』が2021年9月13日、グランドオープンします! 本格BBQを堪能するもヨシ、ブラッと立ち寄るもヨシな新名所、早速ご案内です!

*掲載内容は2021年8月23日開催の内覧会時点の情報で、内容を保証するものではありません。
*掲載写真は一部除きすべて編集部による。

SPOT DATA

『ドリームドア・ヨコハマハンマーヘッド』

親子大歓迎
おひとり大歓迎
食材・ドリンク持ち込み可(一定条件あり)
軽食・テイクアウトあり
物販あり
専用トイレあり
駐車場なし

●所在地神奈川県横浜市中区新港2 新港パーク(カップヌードルミュージアムパーク)内
●営業時間通常/11:00〜22:00 (当面/11:00〜20:00)
●グランドオープン2021年9月13日(月)予定
●営業期間4月〜11月(冬期休業)
●休業日基本無休(12月〜3月の冬期休業除く)
●BBQ基本料5500円〜6600円/人(詳細 → https://yokohama.dreamdoor.jp/bbq_menu
●最寄り駅みなとみらい線「みなとみらい駅」から徒歩10分、JR「桜木町駅」から徒歩20分(実測)
●公式サイトhttps://yokohama.dreamdoor.jp

『ドリームドア・ヨコハマハンマーヘッド』とは!?

ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ

手ぶらで楽しめる“常設BBQスポット”です!

横浜・みなとみらい地区にある「新港パーク(別名:カップヌードルミュージアムパーク)」と呼ばれる、横浜市所有の公園の一部を利用し、(冬期を除く)通年でBBQを楽しめるアウトドア常設スポットとして、2021年9月13日にグランドオープンします! *8月上旬よりプレオープン実施中

ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ

大きく3つのエリアに分かれた敷地内から、希望エリアを選び、思い思いのBBQが楽しめる、至ってシンプルなもの。BBQに必要な、食材、機材、消耗品などはすべて会場に準備されており、手ぶらで楽しめます!

利用時間内はフリー。スタッフも常勤していますが、「火起こし」「焼く」「食べる」まではすべて参加者みずから行うのが基本です。ちなみに火起こしには約15〜20分くらいかかるそう。

ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ
ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ

大きな特徴が、立地を活かした眺望の良さ。目の前に広がる横浜港を眺めながらゆったりBBQを。今回行われた内覧会では曇り空でしたが、晴天時は澄み切った空の下、BBQを堪能できますヨ!

ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ

芝生あり、森林あり、アップダウンありという、元々この地に存在していた「新港パーク」の状態を活かし、その上にBBQエリアを追加した状態となっています。つまり「公園」という体は変わらず。そのため、BBQするしないに関わらず、エリアへの出入り、通り抜けは自由。

BBQエリアと港の合間には広い遊歩道が整備されており、そこでは観光客やサラリーマン、ランナー、犬を散歩する方など、いろいろな方が多く行き交います。

ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ

BBQ料金を払うともらえる小冊子(ガイドブック)には、エリアや各種メニューの紹介のほか、火の起こし方や肉の焼き方がイラスト中心に判りやすく解説されています。

専門スタッフ パークレンジャー常勤♪

ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ

施設内には専門スタッフとなる「パークレンジャー」のみなさんが常勤(約10名)。火起こしや焼くなどの代行はしてもらえませんが、不明点などはどんどん質問あれ。ボーイスカウトのような専用ユニフォームをまとっていますのですぐ判ります! 

すれ違いざまなど、明るくあいさつしてくれるなど、みなさんハツラツとしてますヨ♪

目の前のには こんなスポットも

「ドリームドア」の目と鼻の先には『カップヌードルミュージアム』(https://www.cupnoodles-museum.jp/ja/)のほか、「商業施設」「客船ターミナル」「ホテル」があわさった複合施設『横浜ハンマーヘッド』(https://www.hammerhead.co.jp)もあります。

【 注意 】「ドリームドア」はBBQスポット・軽飲食販売スポット。キャンプのような「宿泊」施設・サービスはありません! 時間制の日帰りスポットです!

エリア概要、料金を確認!

ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ

写真提供:ドリームドアヨコハマハンマーヘッド

「ドリームドア」の斜俯瞰図がコチラ。手前側が陸側、奥側が海側、右手が「横浜ハンマーヘッド」側、左手下が「カップヌードルミュージアム」という位置関係。

エリアは「ツリーランドサークル」「ワンダーフィールド」「ファイヤーフォレスト」を3つ。受け付けは「ツリーランドサークル」の陸側(イラストの右下)にあります!

ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ

BBQを利用する場合は、まずこちらのカウンターへどーぞ。ちなみに内覧会時点では、施設看板、案内板など、看板類がありませんでしたが、9月13日のグランドオープン時にはそれらもすべて用意するとのことです。

BBQ利用は こんな流れ

敷地内への出入りは自由ですが、BBQを楽しむには規定料金の支払いが必要です! 流れを簡単にご説明すると・・・

【1】ウェブで利用予定日時、人数、プランを指定し予約(初回のみログイン登録必要)。期日までにクレジット決算で支払い

【2】当日現地「受け付け」で、利用を申し出

【3】「ブッチャーズミートクラブ」で予約したプランの食材一式を受け取る

【4】予約したエリアの指定座席へ移動。必要なツール等はスタッフがデリバリー

【5】BBQ開始。マニュアル片手に火起こし体験からお楽しみあれ!

といった流れ。利用時間終了30分前に声がけしてもらえるそうです。

BBQ料金は 4種類と明解!

牛肉の違いや量の違いによる、4つのプランを用意。

価格帯は5500円〜6600円

ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ

写真提供:ドリームドアヨコハマハンマーヘッド

価格は1人分。ちょっと高額ですが、最高級アメリカンビーフほか、食材にはこだわっていますので、肉にうるさい方もきっと満足してもらえるはず。各パッケージはパプリカやズッキーニなど、野菜セット付きです。ドリンクは別料金です。【プランの詳細はコチラへhttps://yokohama.dreamdoor.jp/bbq_menu

ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ

選んだプランの食材は、「受け付け」と同じ「ツリーランドサークル」内にある『ブッチャーミートクラブ』で受け取り。基本プラン以外にも、単品のオプションメニューもあります!

ドリンクも セットで4種類!

ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ
ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ

写真提供:ドリームドアヨコハマハンマーヘッド

BBQ利用者だけが利用できる、飲み放題ドリンクメニューは(飲める種類の違いで)全3種類。基本セット販売のみながら、「スタンダード」内のドリンクのみ1杯500円で単品追加注文が可能です!

【 持ち込みは!? 】BBQ利用者は基本となるフードセットの注文は必須ですが、それさえ注文すれば、その他のフードやドリンクは持ち込み自由とのこと! つまり、飲み放題のドリンクメニューの注文は必須ではありません!

気になる 利用時間は!?

利用するエリア等で時間に差があるものの、3時間〜4時間の時間入れ替え制。雨天時の対応は利用エリアにより対応が分かれるとのことで、直接スタッフへお尋ねくださいませ。荒天でない限り、雨天でも営業するとのこと!

各エリアを見ていこう!

【1】ツリーランドサークル

ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ
ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ

全3つのエリアのなかでもっとも目立つ『ツリーランドサークル』は、緩い丘を取り囲むようにそびえる円形のテラスが特徴。ここに「受け付け」のほか、食材の受け取り場となる「ブッチャーミートクラブ」、「バー」「グッズショップ」などが軒を連ねています。

ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ

海側から見た「ツリーランドサークル」はこの状態。知らない人から見ればコレはなに!? 円形の建物、黒い球のようなモノはなに!? となりそう。

広さは約3000平米とそこそこな広さ。上下各20席分用意されており、ウェブで予約をする際に、どちらにするかを決めるとのこと。上下フロアの行き来は、専用階段かステップで。ベビーカーでも上がれます♪

ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ
ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ

利用できる区画は6種類あり、横浜港を見渡せる区画もあります! 上下にグルッと座席が取り囲むように座席が用意されています。

ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ

利用区画により、日よけテントにも違いが。

ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ

エリア内要所にランプをセットと、夜のイルミネーションタイムも見所。

貸し切り VIPルームも2つあり

「ツリーランドサークル」には、複数人で使える特別な個室である「VIPルーム」も。利用は8人以上で、4時間の利用で1万5000円(部屋代)とのこと。両部屋とも、クーラー付きです!

ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ

VIPルームその1は、ロッジのようなボックスタイプ。表と裏側両方から出入りできる構造となっており、鹿角のシャンデリアや暖炉まで完備。写真にある白いテントは雰囲気作りのオブジェ。中に入ることはできません!

ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ

VIPルームその2はさらに広め。ちなみにソファなどが備わっており、VIPルーム利用者であれば自由に利用可能。

贅沢な コースBBQも♪

ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ
ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ

屋根付きのフローリングスペースにあるテーブル付きスポットは、ワンランク上のBBQメニューを順番に楽しめるフルコースプラン「ドリーム オン ザ ベイ」。提供フード(全8品目)はすべてスタッフが調理してくれるので、利用者は待って食べるだけ。贅沢な時間が過ごせます♪ ■1万2000円〜/人

【2】ワンダーフィールド

ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ
ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ
ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ

中央部分に位置する「ワンダーフィールド」は、開放的な芝生エリアで楽しむBBQ。最大12人が利用できるテントが全16あり。広さはコチラも3000平米。元々の公園の立地を活かして楽しむ、丘のようなエリアです♪

ここのみ ガソリンランタン♪

ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ

ほかエリアの照明類が電気ランプに対し、「ワンダーフィールド」は本格的なガソリンランタンが常備。ガソリン式ならでがの強い光は、アウトドア感満点です♪

常設BBQは 焼き蒸し兼用

「ツリーランドサークル」ほか、「ドリームドア」内にあるBBQグリルは、焼くのはもちろん、蒸すこともできる、ウェイバー製の2WAYモデル。

【3】ファイヤーフォレスト

ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ
ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ
ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ

ちょっとした森のなか、キャンプ感覚でBBQ体験ができる『ファイアーフォレスト』。大きな違いは各サイトがデッキと呼ぶ専用台座の上にあることです! こちらも広さは約3000平米あるそう。

フード&ドリンク販売エリアは!?

「ツリーランドサークル」内&「ファイアーフォレスト」脇には、BBQ利用者はもちろん、小腹が空いた方やランチで利用したい方、ちょっと喉を潤したい方も利用できるフード&ドリンク販売エリアがあります! 誰でも自由に利用できます!

ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ
ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ
ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ
ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ

軽食スタンド「グッドマンスタンド」は敷地内2箇所に。ホットドッグから各種ドリンク、スイーツなどを販売。「ツリーランドサークル」内にあるお店は「グッドマンスタンドアンドサン」、「ファイアーフォレスト」脇にあるお店は「グッドマンスタンドアンドドーター」と呼び区別。前者にはアイスクリームが、後者にはかき氷が販売されています!

カフェメニューはコチラでご確認を!https://yokohama.dreamdoor.jp/cafe_menu

自家製素材を使った クラフトドリンクも♪

ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ

数あるドリンクメニューのなかでもオススメは、ご覧の「クラフト系ノンアルコールドリンク」。(写真左から)シトラス、柚子ベリー、ジンジャー、そして(写真にはないものの)コーラと全4種類。自家製シロップをソーダで割ったドリンクで、甘すぎずなスッキリ系でじつに飲みやすいデス♪ ■ 各600円

ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ
ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ

カフェで購入したメニューは、テイクアウトのほか、店頭に設置されたベンチ&テーブルで食してもOKです! 「グッドマンスタンドアンドドーター」の目の前などは港を見下ろせる階段があり、そこに座って食べる方も多いそう。カフェ利用者に限り、折り畳み式の座布団(クッション)の無料貸し出しも。

グッズ販売のショップ部門も♪

ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ

「ドリームドア」のオリジナルブランド『ブラックキャットキャンプ』のオリジナルグッズの販売も。Tシャツやマグなど、約20品目展開中。目安価格帯は1000円〜9000円。通販の展開も検討中とのこと!

ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ
ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ

★アウトドア体験やワークショップも検討中!

ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ
ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ

写真提供:ドリームドアヨコハマハンマーヘッド

BBQを楽しむだけでなく、利用者が実際にやってみるアウトドアコンテンツとして、薪割りや焚き火といった各種体験系メニューも計画中とのこと。キッズ向けプログラムも開催できればとのこと! 最新情報は公式サイトでお確かめを。

レポートまとめ♪

ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ

●手ぶらでBBQが楽しめる常設スポット!
●カフェもありテイクアウトも可能
●個室のVIPルームも
●フードやドリンク持ち込みOK!
●宿泊機能はなし!
●各種体験コンテンツ計画中
●営業は4月〜11月(冬期休業あり)

いかがでしょう!? 横浜港を望む開放的なエリアでBBQを楽しめる新スポット。今後営業しながら様々な提案を仕掛けて行ければとのことです。食材や道具などの用意も一切不要。手軽に絶品BBQが楽しめますヨ♪

【疑問点不明点はコチラへ!】https://yokohama.dreamdoor.jp/faq

ドリームドアヨコハマハンマーヘッド キャンプ BBQ

この記事を書いた人

山さん

山さん

娘と一緒にハイキングや登山を楽しむ日を待ち望む、ただの編集者。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

山さん

山さん

娘と一緒にハイキングや登山を楽しむ日を待ち望む、ただの編集者。

お出かけ関連の特集記事ランキング

噂のスリムボトル記事へのバナー
ムーミン記事へ
アウトドアジャパンデイ記事へ
情報募集中へ
アウトドア用語集へ
特集記事の番外編へ

スポンサーリンク