2021.06.18

新型コロナウイルスの影響で掲載中のイベントが中止になっている場合がございます。開催の有無については各イベントの公式サイトなどでご確認ください。ご面倒をおかけしますがよろしくお願いいたします。

特集記事

山さん
文・写真: 山さん
2021.05.28

『トーベ・ヤンソン あけぼの子ども森公園』 世界観の演出が凄い! 自然のなかでまったりくつろげる、屈指の無料公園へ行こう!

トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園

全国にはいろいろな公園がありますが、埼玉県飯能市にある『トーベ・ヤンソン あけぼの子どもの森公園』は、ほかとはまったく雰囲気が違う、童話の世界に足を踏み入れたような不思議な公園。清々しい木漏れ日、心地いい風、独特な建物たち。遠出してでも訪れたい必見スポットです!

*掲載内容は2021年5月時点の情報で、内容を保証するものではありません。
*掲載写真はすべて編集部による。

SPOT  DATA

トーベ・ヤンソン あけぼの子どもの森公園

子供大歓迎
親子大歓迎
散策路整備済み
レストランあり
遊具持ち込みNG
ペット同伴OK
撮影OK

所在地埼玉県飯能市大字阿須893番地の1
開園時間9:00〜17:00
休園日月曜日
最寄り駅西武池袋線「元加治駅」から徒歩20分
最寄りIC圏央道「狭山日高IC」「青梅IC」から20分
公式サイトhttps://hanno-city.info/akebono/

「トーベ・ヤンソン あけぼの子どもの森公園」とは!?

北欧の著名な童話作家、画家であり、あの「ムーミン」の生みの親であるトーベ・ヤンソンさんとの手紙のやりとりを切っ掛けに、1997年(平成9年)に開園した自然公園。一般的な公園のような「遊具」は一切なく、ときに寝転がったり、散歩したり、お弁当を食べたりと、園内の自然を体一杯感じながら過ごすスポットです。

木々に囲まれたエリアの中で、風や光、植物とふれ合いつつ、ときに川のせせらぎや鳥のさえずりに耳を傾けてみたり。小高い丘に登って園内を見渡したり、園内を探検してみたり。点在するユニークな建物内で遊ぶこともできるなど、心も体もリラックスできるのどかな場所となっています。

トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園

大きな見所となっているのが、一般的な公園では決してお目にかかれないであろう独創的な建物たち。全体のシルエットはもちろんですが、窓やドアの取っ手、瓦ひとつとっても個性的と、数々の作品を生み出したトーベ・ヤンソンさんの感性や北欧感を感じることができるはず。 

ちなみに園内にムーミンはいませんヨ〜。ムーミン作品の根底にある世界観が味わうスポットです。

トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園

最寄り駅からは徒歩で20分とやや離れていますが、隣接する「飯能市 市民体育館」の駐車場が“無料”で利用できます♪ その駐車場脇に公園の入り口があり、大きな看板も。ちなみに体育館手前には、ホームセンター「カインズ 飯能店」があります。

トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園

園内は24時間オープンではなく、9:00〜17:00と開園時間が決まっていますのでご注意を。マナーを守ればペット連れで入れるのがいいですね!

トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園

公園は山の傾斜の一部にあり、園までの道もしっかり整備されており、ちびっ子でも安心。メタセコイアと呼ぶ落葉樹の並木を横目にスロープを登った先に、目的地が。すでに建物が見えますね!

トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園

スロープの脇に点在する、きのこ風のオブジェは“街灯”。細かい部分までこだわってます。

トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園

スロープ先の傾斜には、来園者を歓迎するかのようにそびえる樹木が。差し込む光が、なんとも心地いい。斜面に寝転がってお昼寝したい気分になります♪

園内の見所をご紹介♪

トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園

園は傾斜と平地があわさった山の途中にあり、整備された歩道に沿ってゆっくり周遊できるようになっています。どこにも寄り道せず、遊歩道だけを散策するだけであれば15分程度。建物ほか見所がギュッと詰まった印象です。ちなみに出入り口は1箇所。マップの右下、リスの絵がある付近が出入り口です。

ポイント1 きのこの家

トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園

いろいろな媒体で広く紹介されている、公園でもっとも目立つスポット『きのこの家』。地面からニョキニョキと生えた、この独特なデザイン。ザックリとした目測で高さ6〜7m、横幅5mくらいありそうな巨大な建物です。

残念ながら今回はコロナの影響もあり閉鎖されており内部には入ることができませんでしたが、パンフレットによれば、1Fは暖炉がある「いこいの広間」となっており、2Fには不思議な空間となっているそう。き、気になりますネ。

トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園

きのこの家は周辺をグルッとまわって鑑賞することができるほか、高台から見下ろすことも可能。いろんな角度から建物をジックリ鑑賞するだけでも楽しいですよ〜。

トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園

家の屋根には花が咲いていたり♪ なんかほのぼのしますネ!

トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園

なにやら筒のようなものを吹いているオブジェも。

ポイント2 子ども劇場

トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園

出入り口のスロープを上がった先、右手に見えるのが『子ども劇場』。傾斜を利用した2F建てとなっており、1Fは子どもから幼児までくつろげる板張りのフロアとトイレがあり、管理事務所もここにあります。

トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園

1F内部はこんな感じ。オシャレなホテルにでも来たかのようなシャレた作りにまずびっくりするはず。子どもならずともワクワクする、この洞窟感がたまりません!

園にある建物内は、レストラン含めすべて土禁。靴をぬいで利用します。トイレもここにあり、木を使った温もりのある仕上がり。窓枠なども凝ってます♪

トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園

すでにお気づきになった方もいらっしゃるかもしれませんが、なんと滝が! 1F部分、または2Fから見下ろす形で滝鑑賞ができるんです。魚はいませんでしたが、なんだかリゾートホテルにでも来たかのよう。

トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園

劇場の2F部分がこちら。1F脇に階段があり、登った先に劇場があり、この劇場前が広場となっています。ベンチあり、東屋ありと、ピクニック気分でお弁当などを楽しみ方も。小学生の遠足コースにもなっているようです。

トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園

劇場内部はもちろん板張り。木をふんだんにつかった居心地のいいホールになっています。樹齢100年超えのヒノキを使ったドーム状の屋根もポイント。いろいろなイベントが行われているそう。

トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園

2Fから1Fを見下ろすと、建物や周辺のユニークな形状がより強く判るはず。このウェーブ、独特ですよね。

トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園

2F屋根の間近まで迫ることができ、こんなオブジェも。瓦も独特。その質感もぜひ現地でお確かめを。

トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園

劇場脇には、土手風の丘も。散策したり、腰掛けて日光を浴びてもいいかもデス♪

トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園

劇場前は広場となっており、ベンチも複数。ランチ休憩などにもピッタリ。ゆったりくつろげます♪ 気分転換に最適。

ポイント3 森の家

トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園
トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園

埼玉県産の「西川材」という丸太を縦に連ねつつ、波打つようにそびえるこの建物は、1Fがトーベ・ヤンソンさんに関する資料類を集めた展示コーナー、2Fが自由に読書ができる図書コーナーになっているそう。こちらも現在コロナの影響で閉館中です。

トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園

この「森の家」に限らず、園内にある建物のドアの取っ手にもご注目。うねる木!? リス!? イマジネーション、膨らみます♪

トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園

「森の家」まわりは遊歩道が整備されており、ちょっとしたハイキング気分で散策できます。高台から園内を見下ろすこともできますヨ。

「 森の家」裏には(公園の管轄外となりますが)本格的ハイキングコースも。一部急な階段があるとのことですが挑戦しがいはありそう。

ポイント4 デッキウォーク・滝

トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園
トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園

園内奥には木製の通路であるデッキウォークがあり、木々に囲まれた森を進んだ先にな小さな滝が♪ 階段の傾斜はそれほど急ではありませんので、子どもでも十分行けるはず。

トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園

滝の鑑賞を終えたらすぐに戻らず、振り返ってちょっと立ち止まりくださいませ。木々の先に見える園、聞こえる微かな人の声、森の静けさ。コーヒー片手にゆったり味わうのもいいかもです♪

ポイント5 見晴らし橋

トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園
トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園

コレは一体!? となること間違いなしな「見晴らし橋」は、スチールの独特なガードで囲われた、好奇心と冒険心も刺激する橋。叩くとコンコンとスチールの音が。荒々しいリベット風の装飾もリアルで、なによりそのヨレ感がいーんです♪

トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園

橋にある穴から園を覗くと、先に「きのこの家」が。違った角度から園を眺めることができます♪

蜂や蛇にもご注意を♪

トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園

自然との共生を掲げる公園だけに、園の端などでは、ときに危険な生き物たちに出くわすこともあるよう。園内には注意を促す看板のほか、ちびっ子にも親しみやすいオブジェも。気になる方は長袖、長ズボンでお出かけされたほうがいいかもです。

ポイント6 樹上の家

トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園

傾斜に生える樹木を利用して建てられたアスレチックのような家。丸太の階段を使って上がることも可能と、ちびっ子はとくに喜びそう。ちなみにその階段ですが、思っているよりも細いです。登りは難なくできましたが、降りるときがちょっと怖いかも(!?)。

わんぱく池をグルッと!

トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園

園の端には「わんぱく池」と呼ぶ池があり、そのまわりをグルッと周遊することが可能。この一体は園内屈指のフォトスポットでもあり、春、秋、冬と、季節によって変わる風景も見所の1つ。とくに紅葉シーズンは雰囲気がガラッと変わり、かなりいい雰囲気になるそう。

トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園

季節やタイミングにもよると思いますが、池の水は結構濁ってます・・・。が、なんと鯉が数匹。

ポイント7 水あび小屋

トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園
トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園
トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園

ムーミンでもお馴染みの、煙突のような「水あび小屋」も。階段渡って建物に入り、中で着替えて、反対側から池に降りる・・・。そんなシーンが目に浮かぶよう。来園記念に撮影される方も多い人気スポットです。通常建物内には入れるようですが、現在は残念ながら閉鎖中です(建物内を覗くことは可能)。

ポイント8 カフェ プイスト

トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園
トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園

目を引くこの北欧風の建物はカフェレストラン。オープンは2018年6月と、比較的最近なんです。青い外壁と、赤いドア、黄色や緑の窓がポイント。ちなみに「プイスト」とはフィンランド語で「公園」という意味だそう。

■営業時間:10:00〜17:00(L.O.16:00)

トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園

店内は、木をふんだんにつかったペンションのような温かみのある仕上がりとなっており、キッズスペースのほか、2F席も完備。う〜ん、意味もなく長居してしまいそう。ちなみに店内は土禁。入り口で靴を脱ぎます。カフェ内にイレもありますヨ。

トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園

メニューも豊富。例えば季節限定の「ほうれん草チキンカレー」や「デミグラスバーグライス」は各950円。各種オープンサンドが900円均一。ドリンクもホットからコールドまでじつに幅広く、デザートもあり。一部はテイクアウトも可能と、園内でゆっくり味わってもいいかも。

トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園

今回はそのうち「生ハム&グレープフルーツのサンド」(900円)とアイスコーヒーセット(180円)を頂きました♪ 見た目も華やかですが、味も絶品。まず驚いたのがその大きさ。思った寄りも食べこたえのあるサイズでした!

丘の上にも上がってみよう

トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園
トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園

整備された散策路を歩くものいいけれど、木々の根を避けながら歩いたり、見下ろしたりできる丘の上にもあがってみると、ちょっ違った雰囲気が楽しめるはず♪

【幻想的なライトアップも♪】
土日祝日の日没から21:00までは、園内がライトアップされる演出も。午後に訪れて、ライトアップを楽しんで帰るのもいいかもです! 公式のYouTube動画で様子を確認できますヨ♪ *2021年5月末までコロナのため休止中。

番外 ベンチも変わってるんです♪

トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園

園内にはいろいろな場所にベンチがありますが、その形はすべて違うなど、かなり斬新! スチール製だったり、埼玉の良木「西川材」だったり、なかには石のベンチなるものも。ちなみにスチール製は、日差しが強い日は熱くなりますのでご注意を。

番外 いろんな場所に・・・

トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園

園内にある建物のどこかには、ご覧のような枝や松かさ(?)で作ったかわいいオブジェも。園内に何体あるか!? 子どもと一途に探してみては!?

豆知識

【混雑は!?】

開園から20年以上経過しているスポットですが、その充実した内容ゆえか平日でもそこそこ来園者がありますが、気になるほどではありません。今回訪れたときには、小学生が遠足で遊びに来ていました。休日はそれなりの混雑もあるかもしれませんが、密になる心配はなさそう。

【ベビーカーは!?】

園内はベビーカーでも周遊可能です。場所により専用の置き場も完備。開放されている建物もあり、幼児でも楽しめます。

トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園

【テントなど張れる!?】

テントたタープの設営は禁止ですが、日影になる東屋や建物もあります。ボールなどの遊具の利用もNGです。

【撮影スポットは!?】

撮影スポットは園内至るところにありますが、できるだけ良い場所で撮りたいという方は散策路の路面、またはパンフレットを確認あれ。ベストなシーンが撮れる場所に、カメラタイルが埋めこんであるんです♪

トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園

【飲食物持ち込みは!?】

カフェレストランもありますが、お弁当やドリンクの持ち込みは自由。ただし建物内での飲食はできません。ご注意を。

今回のレポートのまとめ

トーベヤンソン・あけぼの子ども森公園

●1日のんびりくつろげる、親子で楽しめる公園
●絵になる建物、オブジェもいろいろ
●自然を肌で感じ気分もリフレッシュ
●メニュー充実のカフェレストランも
●入園・駐車場ともに無料!

いかがでしょう!? 豊かな自然のなかでのんびりでき、大人も子どもも楽しめる珍しい公園。一般的な遊具がある公園とはまったく違う、どこかテーマパーク的な要素もある珍しいスポットです。この設備充実度で、なんと無料。遠出してでも訪れる価値はありますヨ〜。親子連れも多いです♪

近くにはあのスポットも!

飯能にはもうひとつトーベ・ヤンソン関連のスポットがあり、それがムーミンのテーマパーク『ムーミンバレーパーク』(https://metsa-hanno.com)。コチラもぜひどーぞ! 「あけぼの子どもの森公園」からクルマで北上15分、約6㎞の距離と近いです!!

この記事を書いた人

山さん

山さん

娘と一緒にハイキングや登山を楽しむ日を待ち望む、ただの編集者。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

山さん

山さん

娘と一緒にハイキングや登山を楽しむ日を待ち望む、ただの編集者。

お出かけ関連の特集記事ランキング

噂のスリムボトル記事へのバナー
ムーミン記事へ
アウトドアジャパンデイ記事へ
情報募集中へ
アウトドア用語集へ
特集記事の番外編へ

スポンサーリンク