2022.10.02

新型コロナウイルスの影響で掲載中のイベントが中止になっている場合がございます。開催の有無については各イベントの公式サイトなどでご確認ください。ご面倒をおかけしますがよろしくお願いいたします。

鑑賞

公開日:2022.03.05

展覧会「建物公開2022 アール・デコの貴重書」

家具や調度品を使った邸宅空間の再現展示もあり♪

開催エリア:東京都
東京都庭園美術館 「建物公開2022 アール・デコの貴重書」

鑑賞

展覧会「建物公開2022 アール・デコの貴重書」

公開日:2022.03.05

家具や調度品を使った邸宅空間の再現展示もあり♪

開催エリア:東京都
東京都庭園美術館 「建物公開2022 アール・デコの貴重書」

場所

【東京】 東京都庭園美術館 本館+新館(東京都港区白金台5-21-9)

告知サイト

https://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/220423-0612_EncountersWithArtDecoBooks.html

開催データ

展覧会「建物公開2022 アール・デコの貴重書」

開催日 2022年4月23日(土)〜6月12日(日)
開催時間 10:00〜18:00
*入館は閉館30分前まで
入場料 【一般】1000円
【大学生】800円
【中高生/65再以上】500円
*小学生、都内在住中学生は無料
休催日 月曜日
主催 東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都庭園美術館
東京都庭園美術館 「建物公開2022 アール・デコの貴重書」
展覧会「建物公開2022 アール・デコの貴重書」とは

1933年に竣工した旧朝香宮邸(現・東京都庭園美術館 本館)が有す、建築としての魅力を多くの方に堪能してもらうために、年に1度、毎回テーマを設けて開催されている展覧会です。

今回のテーマは、タイトルにもある「1920-30年代のアール・デコ期の貴重書」。

展覧会の舞台となる旧朝香宮邸は、持ち主であった朝香宮夫妻が、フランスの室内装飾家アンリ・ラパンに依頼し製作した(当時全盛期だった)アール・デコ様式の邸宅です。その後内部が僅かに改修されたものの、当時の状態を色濃く残しつつ、現在では美術館として利用されています。

今展は、そんな同館に数多く残されているアール・デコ関連の書籍や雑誌、絵本といった、いわゆる当時モノの貴重書をフォーカス。当時の生活観が判る、家具や調度を使っての邸宅空間の再現展示も実施。来館者を装飾性豊かなアール・デコの世界へ誘います♪

アクセスは!?
会場 東京都庭園美術館(東京都港区白金台5-21-9)
最寄り駅 ●JR「目黒駅」東口/目黒線「目黒駅」正面口から徒歩7分
●三田線・南北線「白金台駅」1番出口から徒歩6分
アクセス法 https://www.teien-art-museum.ne.jp/visit/#access

このお出かけ情報は 

 いかがでしたか?

もう一度このお出かけ情報を見る

関東1都3県では他にも楽しいイベントや巷で話題のお出かけスポットがたくさん!お出かけ情報満載のウェブメディア「オソトイコ」をチェックして休日を楽しんじゃおう!

「オソトイコ」は

\ お出かけしたくなる情報が満載! /

トップページから探す

スポンサーリンク

関東で開催中のイベントランキング

  • イマーシブミュージアム Immersive Museum 日本橋三井ホール
  • スポンサーリンク

  • スポンサーリンク