特集記事

feature articles

OSOTOIKO EVENT RePORTS

 オソトイコ編集部のイベント取材報告

2019.04.12

噂通り熱い! スゴい!! 楽しい!!! アウトドアファン必見の大イベント「アウトドアデイジャパン 東京2019」を覗いてみたヨ!

アウトドアデイジャパンアウトドアデイジャパン アウトドアデイジャパン アウトドアデイジャパン

昨今のアウトドアブームを象徴するように、いろいろなイベントなどが開催されていますが、とくに3月4月はイベントが多いシーズンですよね。オソトイコ編集部もそれ系のイベントにお邪魔したいと思っておりましたが、今回は特別大きく、有名な、あの「アウトドアデイジャパン」に遊びに行って見ました! 噂通りのスゴさで圧倒されたその模様を、足早ではありますが2回に分けてリポートしちゃいます!!

*掲載内容は2019年4月7日の開催時のもの。
*掲載写真はすべて編集部による。

EVENT DATA

アウトドアデイジャパン 東京 2019

子供歓迎
物販コーナーあり
ワークショップあり
体験コーナーあり
アクセス便利
トイレあり

開催日2019年 4月6日(土)〜2019年4月 7日(日)
開催時間10:00~17:00/雨天決行
開催場所代々木公園イベント広場・けやき並木 (東京都渋谷区神南2-3)
アクセス【電車】●JR 「原宿駅」から徒歩7分 ●JR「 渋谷駅」から徒歩10分 ●東京メトロ千代田線&副都心線「明治神宮前駅」から徒歩7分 ●小田急線「代々木八幡駅」から徒歩10分
入場料無料(物販代、ワークショップは別途)
主催アウトドアデイジャパン実行委員会
公式サイトhttps://outdoorday.jp/tokyo/

アウトドアデイジャパン 東京 2019って、なに!?

アウトドアにどハマりている方から、コレから挑戦したいというビギナーの方も大歓迎な、日本最大級のアウトドアイベント。初開催は2001年と歴史も長く、様々なアウトドアギアからアパレル、雑貨販売のほか、実際に体験できるアクティビティやワークショップ、キャンプ場などのフィールド情報など、 いろいろな角度からアウトドアを楽しめるイベント。2019年は東京開催を皮切りに、福岡名古屋札幌とキャラバンされる予定と、知名度も全国区です!

こちらのページもご参考に!

今年もこの季節、やってきました! ファン恒例の一大イベント「アウトドアデイジャパン東京2019」4/6〜4/7の2DAYS!

会場内はどんなカンジ!?

会場となる代々木公園のイベント広場のそこかしこに無数のブースがあり、それはけやき並木の方まで途切れることはありません。メインとなる入り口はJR「原宿駅」側と、「渋谷駅」側があり、名目上A・B・C・Dの4つのエリアに分かれているものの、その内容は大雑把な印象(←関係者の方、ごめんなさい)。人によってはもう少しエリアの内容を明確にと思うかもしれませんが、ワタシ個人の意見としては、次はどんなブースなんだろう!? なんて思いながら会場を巡れる、ある種の宝探し的な感じで楽しめたため、そのゴチャゴチャ感がかえっていいのでは!? と思いました。

簡易テントだけというブースももちろんありますが、多くがこだわってブースを作り込むなど、お祭り感がハンパなし。歩くだけでも気分が盛り上がるんです♪

アウトドアデイジャパン
とにもかくにも、人が多い。ちびっ子は迷子に注意です!

コンテンツ的にはどんなカンジ!?

物販を筆頭に、子供も楽しめる体験系、アクティビティ、ワークショップなどいろいろ。単にショッピングを楽しむイベントではないため、ついつい足が止まりがち。ある程度計画性を持って移動しないと、会場内は1日では見切れない!? 会場は異様に広いわけではなく、比較的コンパクトな印象。グルグル周回するつもりで、いろいろ見て欲しいです!

アウトドア用品物販

アウトドアデイジャパンキャンプシーンで欠かせないバーナーやファイアグリルなど、実機を前にスタッフにいろいろと質問OK。
アウトドアデイジャパンチェア系もテントに並び多かった商品。高さ、座り心地、格納法など、いろいろチェックできます。
アウトドアデイジャパンボトルメーカーも数多く出店。多彩なカラバリ、サイズなどが一堂に会するため、比較検証もしやすい。普段使いにもイケる!
アウトドアデイジャパンこちらは畳める収納ケース「フリップボックス」。発泡系素材のため、保温保冷力も強し。ドイツ生まれ。
アウトドアデイジャパンこちらはLUMBER YARDさん。ブース内に、ハンモック体験エリアも。カタチも多彩。写真右上は収納した状態。
アウトドアデイジャパンとくに女性の来場者から熱い視線を集めていたアラジンさんのホットプレート。自宅用としても欲しい・・・。
アウトドアデイジャパンこれなんだか判ります!? 伸縮可能なモリのようなキャンプ用フォーク。マシュマロ焼きにも絶好♪
アウトドアデイジャパンCLAYMOREさんはLEDライト類を販売。持続性高く調光機能あり、しかもコンパクト。帽子に付けるクリップ式も。

見て、入って、触る、よりどりテント

アウトドアデイジャパン新作テントを持ち込み、始終人だかりができていたチャムスさん。ご覧の柄ものは「タイダイ」と呼ぶ染めもの風仕様。
アウトドアデイジャパン展示テントは基本すべてオープンとなっており、出入り自由。カタログでは伝わりにくいサイズ感もしっかり確認OK。
アウトドアデイジャパン扱いには細心の注意が必要となるものの、ある種、憧れともいえるテント内ストーブ。絵になります♪
アウトドアデイジャパンルーフテントを紹介するのは、四駆車などにも強い、カーディーラーのフレックスドリームさん。ちびっ子人気も高い♪

体験! アクティビティ

アウトドアデイジャパン思わずおおおお〜と、見上げてしまうクライミング体験。貴重な体験、かつ無料だけに始終行列が・・・。
アウトドアデイジャパン昨年も大好評だった巨大プールによる、ラフティングやカヤックの体験会。こんな体験、なかなかできません!
アウトドアデイジャパンVRゴーグルを使っての、アクティビティの疑似体験も。東京に居ながらにして、気分は北海道です!
アウトドアデイジャパンサイクルベースあさひさんが主催する電動バイクの試乗会。国内外の9ブランドを試乗できるんです。

体験! アウトドア

アウトドアデイジャパン火打ち石的な感じで火をおこす、ファイヤースターターの体験会。大人だけでなく、ちびっ子にとっても貴重な体験。
アウトドアデイジャパン東京チェンソーズさんは、丸太切り体験をブォーンと。都心に住んでいたら、こんな体験、なかなかできません!
アウトドアデイジャパン鍛造ペグの強度の強さを、コンクリートブロックで実証! 綺麗に割れるとスカッとしそう♪ ちびっ子もOK!
アウトドアデイジャパン想像以上にウマイ! と人気ウナギのぼりのアウトドアフード(!?)、マシュマロ焼き体験会も♪

ワークショップでモノ作り!

アウトドアデイジャパン好きな絵柄を自由にチョイスして作る、オリジナルプリントのトートバックを提案したのは、エディバウワーさん。
アウトドアデイジャパン人気絶大なハイドロフラスクでは、ボトルを構成する部材色を自由に選んで組み立てるカスタムボトルを。
アウトドアデイジャパン型に合わせてスタンプをぽんぽんと押して作る、オリジナルカラーのミニトート。

足早に紹介しましたが、いかがですか!? あまりのブースの多さにすべてを紹介することはできませんが、多少たりとも雰囲気は感じてもらえるとウレシイです♪ 次回は、引き続き会場の様子をご紹介しつつ、イベントを訪れた感想なども踏まえ、次回訪れる際に役立つかもと思える、編集部員が実際行って見て感じたコネタをご紹介します!

次回参加に役立つ豆知識等は、リポートその2にて!!

アウトドアファンなら1度は足を運ぶべし!「アウトドアデイジャパン 東京2019」を覗いてみたヨ! 【その2】

この記事を書いた人

山さん

山さん

ここ1〜2年、自然に対し異様に親近感をおぼえる不肖の編集者。5歳の娘と一緒に、ハイキングや登山を楽しめる日を待ち望む日々。

アクセスランキング