2021.01.20

新型コロナウイルスの影響で掲載中のイベントが中止になっている場合がございます。開催の有無については各イベントの公式サイトなどでご確認ください。ご面倒をおかけしますがよろしくお願いいたします。

特集記事

チコリ
文・写真: チコリ
2019.02.19

ちっびっ子歓喜、大人もそわそわ。噂の期間限定コラボイベント「両国プラレール駅」に行って来ましたヨ♪

両国プラレール駅 両国プラレール駅 両国プラレール駅両国プラレール駅

子供のとき、とくに男の子であれば1度は遊んだことがあるのでは!? といえるほど馴染み深い幼児玩具の王道中の王道「プラレール」が、2019年、誕生から60年(!!)を迎えました! パチパチ〜。現在、両国で行われている「両国プラレール駅」は、プラレールになくてはならない存在であるJR東日本とのコラボで実現した、夢の駅。ちびっ子はもちろん、昔親しんだパパからも行きたい! の声が多数寄せられているそんな新スポットなんです。そこで、我がオソトイコ編集部も、早速覗いてまいりました♪ この特別駅は、4月7日(日)までのロングラン開催。まだまだ間に合います。ぜひアナタもどーぞ♪

*掲載内容は2019年2月中旬現在の情報です。
*掲載写真はすべて編集部による。

 

EVENT DATA

両国 プラレール駅

子供歓迎
物販コーナーあり
アクセス便利
トイレなし
駐車場なし

開催日2019年2月9日(土)〜 4月7日(日)
開催時間平日/11:00~19:00(18:00 最終入場)
土日祝/9:00~17:00(16:00 最終入場)
開催場所JR両国駅・西口イベント広場「両国駅広小路」特設会場(東京都墨田区)
アクセス【電車】JR総武本線「両国駅」西口から徒歩1分
入場料●大人/中学生以上 :1000円(ドリンク付き)
●小人A/3歳~小学生:1800円(アトラクションコイン2枚付き)
●小人B /3歳~小学生:3500円(アトラクションコイン2枚+キッズTシャツ付き)
主催「両国 プラレール駅」製作委員会
公式ウェブサイトhttps://ryougoku-plarail-station.com

 

イベントについての情報は、こちらのページもご参考に!

「プラレール」誕生60周年の今年、両国駅の西口イベント広場に「両国 プラレール駅」が限定オープン!

 
 

【見所❶】思わず “おお〜っ” の展示物

駅のため、施設は縦長。建物入り口が、少々プレハブ的であることはさておき、中に入るとチケット販売場が改札風になっているなど、それっぽい雰囲気がいい感じ♪ 料金の支払いはさすがに自動改札でパッとはいかずアナログでしたが、そこを通過すると、いきなり左の壁にお目見えするのが第1の見所「車両基地」。全長9mの 専用ラックに、なんと260を越える車両がお出迎えしてくれるんです! 電車にあまり詳しくないワタシでも、さすがにここまで揃うと壮観な気分に。キャラモノもあったりするので、親子でお気に入りを探してしまうはず♪
 
展示物での注目は会場の一番奥にもあり、それが完成済みのプラレールジオラマ。よくあるおもちゃ屋さんのデモ機の数倍はあると思われるエリアに、組み立て済みのプラレールワールドが。実際に車両も走行中で、2mに及ぶタワーも。個人ではなかなか実現できないこの規模は、必見の価値大ありですヨ♪

 

両国プラレール駅

【↑】入り口となる改札(!?)直後にあるのがプラレールの車両基地。

 

両国プラレール駅

【↑】ズラッとディスプレイされたプラレール。通常車からコラボモデルなど、いろいろ。

 

両国プラレール駅

【↑】建物奥にあるのがこの巨大ジオラマ。プラレールタワーもあります! 完成済みのため、触れません。

 

両国プラレール駅

【↑】実際に車両が何台も走っており、その様子をかなり近い位置で楽しめます。こんな立体ジオラマはなかなかお目にかかれない はず。

 

こちらの動画もご覧下さい! 

 
 

【見所❷】参加型アトラクション、あります♪

会場の奥右側には、入場時に もらえるアトラクションコインを使って、ボーリングや輪投げ、ピンボールを楽しめます。参加賞として限定ステッカーがもらえるほか、各アトラクションごとの基準を達成すれば、特別ノベルティもゲットできます!

 

両国プラレール駅

【↑】ちびっ子が実際に楽しめるアトラクションはチケット製です。

 

両国プラレール駅

【↑】3個のビー玉を、順番に弾いてポケットに入れるピンボール。

 

両国プラレール駅

【↑】気になる列車へ向けてリングを投げる、輪投げも。

 

両国プラレール駅

【↑】参加するともらえるステッカーは、好きな絵柄を1枚選ぶ。お楽しみ特別賞もあり。

 

 

 

【見所❸】自分で組み立て遊ぶ、プレイパークも♪

いろいろなレールや車両などを自由に使って思い思いに楽しむプレイパークは、(当然ながら)始終大混雑。あまりの混雑ぶりに、床で組み立てる親子も続出。想定よりもやや狭い!? という印象です。残念ながら時間制限があり、利用は僅か30分(泣)。1回利用ごとにアトラクションコイン1枚 必要です。

両国プラレール駅
両国プラレール駅

【↑】エリア内のテーブルにはすでに組み上がったレールもありますが、もちろんそれをベースに自分好みに作り変えてもOK!

 

両国プラレール駅

【↑】こんな立体レールタワーも完備。気になる車両を 実際に載せ走らせることができます。

 

両国プラレール駅

【↑】床で遊んでももちろん怒られません(笑)。

 

両国プラレール駅

【↑】棚やテーブル下には、車両やレールが無数に用意されており、自由に持ち出しできます。

 

 

 

【見所❹】フォトスポットもありますヨ〜♪

館内外にインスタ映えするスポットが複数用意されています!

 

両国プラレール駅

【↑】建物入り口手間には、まさに駅なこんな看板も 。まずはここで1枚パシャ。みなさん撮影してます♪

 

両国プラレール駅

【↑】 館内にある車両基地の正面には、こんな壁紙も♪ この前での撮影も人気です。

 

両国プラレール駅

【↑】一番人気のフォトスポットがココ。3m越えの新幹線バルーン(E5系はやぶさ、E6系こまち)の前で記念撮影。ユニフォームも借りれます。

 

 

 

豆知識

 

来場するうえでの注意点は

会場はそれほど大きなスペースではありません。そのため、週末は相当な混雑が予想されます。前売り券を持っていても優先入場はなく、当日券来場者と同じく並ばなくてはならないため、場合によっては30分〜1時間程度の入場待ちを強いられる可能性があります。来館は、極力平日がいいと思います。ご注意を!

両国プラレール駅

鑑賞時間は

混雑状況にもよりますが、1時間〜1時間30分くらい。そのため回転率は結構いいのかな? という印象。プレイパークは30分の時間制限ありです。館内にはトイレがありませんので、入場前に 必ずトイレをお済ませください!

館内は蒸します

狭いことや、来場者が多いこともあり、館内はそこそこ蒸します。入場チケットを買うと、大人にはペットボトルのお水が至急されますが、それはこの蒸し暑さを想定してのものと思われます。館内には自販機もあります。水分補給はこまめにどーぞ。

アトラクションコインとは!?

アトラクションコインとは、館内のアトラクションやプレイパーク利用に必要なチケットのこと。子供料金に含まれていますが、それは2枚のみ。追加で遊ぶ際には、1枚500円で購入する必要があります。

両国プラレール駅

会場内の撮影は!? お土産は!?

会場内撮影OK! 珍しいイベントだけに、みなさんバシバシ撮ってます。グッズ販売ももちろんあります!

両国プラレール駅

ここもお見逃しなく!

意外に見過ごしそうなのが、プレイパークや新幹線バルーンのブースパーティションの上。こんな棚の上にも、プラレールは走っているんですすヨ〜♪
両国プラレール駅

 

近隣情報❶ 【両国駅】
両国国技館があるだけに、JR両国駅は相撲力が強い印象。 駅構内にはご覧の様な看板や手形サインのほか、改札上には「満員御礼」の垂れ幕も。改札すぐにプラレールのディスプレイがあるほか、2月のひなまつりも開催中♪

 

両国プラレール駅

両国プラレール駅
両国プラレール駅
両国プラレール駅
両国プラレール駅
両国プラレール駅

 

 

近隣情報❷ 【江戸NOREN】
駅に隣接する建物「江戸NOREN」は、江戸情緒溢れる12種類の和食屋さんが軒を連ねる、食の商業施設。建物内になんと土俵も! ランチやお食事はぜひここでどーぞ♪
 

両国プラレール駅

両国プラレール駅

両国プラレール駅

両国プラレール駅

この記事を書いた人

チコリ

チコリ

こんにちは! チコリです! 以前はインドア派でしたが、いまはアウトドア全般に興味津々♪ お出かけ大好きなので、行ったこと、やったこと、感じたことを、定期にアップできればなぁと思っています♪

スポンサーリンク

この記事を書いた人

チコリ

チコリ

こんにちは! チコリです! 以前はインドア派でしたが、いまはアウトドア全般に興味津々♪ お出かけ大好きなので、行ったこと、やったこと、感じたことを、定期にアップできればなぁと思っています♪

お出かけ関連の特集記事ランキング

噂のスリムボトル記事へのバナー
ムーミン記事へ
アウトドアジャパンデイ記事へ
情報募集中へ
アウトドア用語集へ
特集記事の番外編へ

スポンサーリンク