2021.01.25

新型コロナウイルスの影響で掲載中のイベントが中止になっている場合がございます。開催の有無については各イベントの公式サイトなどでご確認ください。ご面倒をおかけしますがよろしくお願いいたします。

特集記事

山さん
文・写真: 山さん
2021.01.12

『サイボクの森』 ピクニック気分で楽しめる、豚のフードマーケット内にあるアスレチックが楽しい件について♪

サイボクの森・サイボクハムサイボクの森・サイボクハムサイボクの森・サイボクハム

子供達が目一杯身体を動かせストレス解消できる、埼玉県日高市にある人気アスレチックスポット『サイボクの森』。隣接するレストランやカフェで絶品ハムやウインナーなどの肉料理が味わいつつ、温泉に浸かって癒すなんてこともできる、気になるスポットへ足を運んでみました♪

*掲載内容は2021年1月上旬時点での情報で、内容を保証するものではありません。
*掲載写真はすべて編集部による。

 

 

 

サイボクの森・サイボクハム

 

SPOT DATA

サイボクの森

子供歓迎
親子大歓迎
ボール遊びOK
敷地内飲食OK
当日入退場自由

場所埼玉県日高市下大谷沢546
最寄りIC圏央道狭山・日高ICから5分
入場料【大人/中学生以上】平日:200円、土日祝:300円 【子供/小学生以上】平日:100円、土日祝:150円 【未就学児】無料
開園時間3月〜11月:9:00~17:00、12月〜2月:9:00~16:00 *最終受付閉園1時間前
休園日水曜日(7月・12月無休)
公式サイトhttp://www.saiboku.co.jp/wp/wp-content/img/saibokuno-mori.pdf

 

サイボクの森・サイボクハムサイボクの森・サイボクハム

 


 
 

「サイボクの森」とは!?

東京ドーム2個分という広大な敷地を持つ「サイボク本店」内の一角にある有料アスレチックエリア。
 
全10種類のアスレチック遊具があるほか、広い園内には、アップダウンもある全長350mに及ぶ遊歩道も整備されています。
 
サイボクの森・サイボクハム

 

隣接する「サイボク」内にある、カフェやパン工房で購入したフード類を持ち込んで、園内で食事をしながら楽しめる、自然豊かで開放的なスポットですヨ♪

 

遊具は小学生くらいから楽しめるものが主ですが、園内の広場でボール遊びをしたり、かけっこをしたり、鬼ごっこしたりと、思いっきり身体を動かせますので、最近あまり外で遊ばせてないなぁ・・・なんていう親御さんにもオススメ♪

 

ザッといえば、こんな ↓ スポットです!

サイボクの森・サイボクハム

 

そもそもサイボクとは!?
 
今回遊びに行った「サイボクの森」は、隣接工場で作られたハムやウインナーなどの加工肉を販売するショップや、その肉を使った絶品フードを楽しめるカフェやレストラン、焼きたてが食せるパン工房、地元の新鮮野菜などが手に入る食の一大マーケット「サイボク本店」内にあります。
 
「買って」「食べて」「遊んで」「癒される」総合スポットなんです!
 
サイボクの森・サイボクハム
 
この本店内は出入り自由、入場無料。
 
敷地を取り囲むように用意された無料駐車場はなんと1400台分! ランチやディナー、お土産目当てはもちろん、ちょっと小腹を満たしたい人でも気軽に立ち寄れるスポットで、駐車場には他県ナンバーのクルマも多数と、多くの方が訪れる人気スポットとなっています。

 

ちょっと長くなりますが、ポイントを紹介すると・・・

 

サイボクの森・サイボクハム

各種豚の加工肉が買える物販エリア(http://www.saiboku.co.jp/meat/)があったり♪
 

サイボクの森・サイボクハム

とんかつほか、多彩なメニューを揃えるレストラン(http://www.saiboku.co.jp/restaurant/)は、220席分も座席ありと、ゆったりと食事できます♪
 

サイボクの森・サイボクハム
地元契約農家さんの、採れたて野菜の販売場「楽農ひろば」(http://www.saiboku.co.jp/farming/)も。

 

サイボクの森・サイボクハム
なんとお米屋さんも。スタッフさんが目の前で精米してくれるそう。肉・野菜・米と、食卓に必要な食材がすべて手に入るんです♪

 

サイボクの森・サイボクハム
園内にはご覧の枝垂れ桜や、樹齢250年越えのモチノキなど、様々な樹木も。リンゴ園があったりも♪

 

サイボクの森・サイボクハム
ハムやソーセージとなる家畜たちへの感謝を込めた「畜魂碑(ちくこんひ)」なる慰霊塔があり、お参りも。

 

サイボクの森・サイボクハム
サイボク=埼玉種畜牧場の創業者であり、養豚業の発展に多大な貢献をされた笹崎夫妻と豚の三位一体像も。

 

サイボクの森・サイボクハム
敷地の中央にある「ひょうたん池」には錦鯉も。かなりの数、います!

 

サイボクの森・サイボクハム
敷地内では以前子豚の放牧(!?)展示「トントンハウス」も行っていたそうですが、現在は諸般の事情により休止中。再開するとさらに活気付きそう♪

 

サイボクの森・サイボクハム
アスレチック「サイボクの森」の脇にある白い大きな建物は、ハム・ソーセージの工場(ただし工場見学は大行っていないとのこと)。

 

サイボクの森・サイボクハム
「サイボク」はペット同伴OK。もちろん、最低限のマナーは守りましょう♪ *アスレチックエリアへのペット同伴はNGです。

 
 
食べ物系も色々楽しめます♪

レストラン以外でもファーストフード感覚で手軽に食せるハムやソーセージ系など、多彩なメニューを楽しめるカフェやキッチン(http://www.saiboku.co.jp/kitchen/)もいろいろ。テーブル席のほか、建物2Fでもゆっくりできますヨ。
 
サイボクの森・サイボクハムサイボクの森・サイボクハム
比較的手頃な価格で楽しめるフード類が充実。ここで買ったフード類を、アスレチック内に持ち込んむこともOKとのことです!
 
サイボクの森・サイボクハム
今回訪れたのは1月。キッチンカーなども複数出店しており、テントブースでは冬シーズンならはの焼き芋も。ちなみい狭山茶を扱う常設店もあり、そこで販売されているお茶ボトルに注目。なんと底を握れる、技ありのカイロ仕様になってます♪ 入れ物も発泡風と繰り返し使えるんです。

 

 

 

かなり遠回りしましたが、それでは本題!

見所をご案内!

●アスレチック「サイボクの森」は有料です!

サイボクの森・サイボクハムサイボクの森・サイボクハム

「サイボク」の狭山市側に位置する「サイボクの森」。チケットはアスレチックエリア入り口にある、ご覧の建物内で購入。専用リストバンドを手首に着けて入園します。

 
利用時間制限はなく、未就学児は無料、大人でも200〜300円とかなりリーズナブルです!
 

サイボクの森・サイボクハム

【↑】アスレチック入り口にいる豚さんオブジェも、マスクでコロナ対策中♪

 

【そのほかにもこんなポイントが】
★当日に限り入退場OK
★隣接する温泉施設でリストバンドを見せると、バンド1つにつき、最大5名様の温泉利用料が100円割引に
★園内販売サンドウィッチやホットドックなど持ち込みOK
★くい打ちしないタイプであれば、テント持ち込みOK
★レジャーシート持ち込みOK
★子供用の柔らかいゴムボール持ち込みOK(野球やサッカー、バスケなどNG)

 

サイボクの森・サイボクハム
【↑】園内は広い! ゆったりとした作りで開放的。ベンチも複数ありと、家族で楽しめます。思いっきりハシャげます!

 

サイボクの森・サイボクハム【↑】園内にはゴミ箱も用意されており、ピクニック気分で楽しめます♪

 

 

アスレチック、実際どんな遊具が!?

遊具/1【サスケジャンプ】

サイボクの森・サイボクハムサイボクの森・サイボクハム

板を登り切って丸太にタッチ、下ってジャンプを繰り返す「サスケジャンプ」。子供は喜んで遊ぶはず! タイムを計ってあげてもいいかも!?

 

遊具/2【くもの巣渡り】

サイボクの森・サイボクハム

ネットを伝って山を登り、降り。1マスが意外に広めなので、慣れるまでは時間がかかるかも!?

 

遊具/3【丸太ステップ】

サイボクの森・サイボクハム

高低差のある丸太を、ぴょんぴょ〜んと。単純だけど、ハマってしまうハズ!

 

遊具/4【ドキドキ橋】

サイボクの森・サイボクハムサイボクの森・サイボクハム

障害物を乗り越えて、丸太の山をロープを使って登り降りと、ちょっと難易度の高い遊具も♪

 

 

遊具/5【かべ渡り】

サイボクの森・サイボクハム

ボルダリングの感覚で、上下に付いたホールドを頼りに左から右へ渡っていく遊具も。

 

かべの裏にもご注目♪
 
かべ裏はじつはフォトスポットに。真ん中に立って、一緒に写真を撮ってお友達へ送っては!?
 
サイボクの森・サイボクハム

 

 

遊具/6【流木渡り】

サイボクの森・サイボクハムサイボクの森・サイボクハム

ブラリ〜んとロープでつながれている材木を足場に、ゴールを目指そう。コツを掴めれば幼稚園児でもできるはず♪

 

遊具/7【連続渡り】

サイボクの森・サイボクハム

流木渡りの感覚で楽しめる、もうひとつのブラブラリ〜ン渡りアトラクション。2つのセクションが連なって降り、途中で1回休憩できます♪

 

遊具/8【三角山越え】

サイボクの森・サイボクハム

ロープを頼りに急な丸太山を登り降り。登りよりも下りが難しい!?

 

遊具/9【あみだ山越え】

サイボクの森・サイボクハム

丸太を登って降りる単純さながら、丸太同士の間隔が広いため、油断すると、お尻が落ちそうになったりも。充分注意して! 難易度ちょい高めかもです。

 

遊具/10【もくもくトリデBig】

サイボクの森・サイボクハムサイボクの森・サイボクハムサイボクの森・サイボクハム

前後滑り台、側面にボルダリング、床下も行き来自由と、いろいろな遊び方が楽しめるマルチ遊具。階段もあり幼児でも登れます♪

 
 

こんなスポットも♪

番外/1【おもちゃのおうち】

園内奥には、お菓子の様なプラスチック製のおうちも。出入り自由。ままごとセットなどはありませんが、秘密基地感覚で楽しめそう♪

サイボクの森・サイボクハム

 

番外/2もくもくトリデLittle

有料エリア内にある「もくもくトリデ」は、じつは入り口手前の無料スペースにも。こちらは少し小さめですが、滑り台なども付いてます♪ より小さいお子さんに最適。

サイボクの森・サイボクハム

 
 
 

遊んだあとはコチラもどーぞ♪

サイボクの森・サイボクハムサイボクの森・サイボクハム

「サイボク」エリア内には、地下2000mから湧き出ているという天然温泉施設「花鳥風月」が。動き回って疲れた体をジックリと労ってあげてください♪ 隣にはレストランもあります。

 
【花鳥風月の詳細はコチラヘ!】
http://www.saiboku.co.jp/kachofugetsu/

 

ちなみに・・・

サイボクの森・サイボクハム

【トイレは!?】

アスレチックエリアにはトイレはありません! 当日であれば入退場自由ですので、トイレを利用したい場合は、1度エリアから出て、「サイボク」内の施設をどーぞ。

 
サイボクの森・サイボクハム

【フォトスポット多数!】

「サイボクの森」含め、「サイボク」内にはフォトスポットも多数。顔部分が抜かれた記念撮影用ボードや豚さんオブジェ、さらに手洗い&水飲み機がカラフルなラッパ仕様になってます♪

 
 

今回のレポートのまとめ

サイボクの森・サイボクハム
 
●子供が楽しめる遊具が豊富
●開放的で園内で食事も可能
●嬉しい出入り自由
●隣接エリアにはカフェ・レストランや各種物販コーナーも
●駐車場無料! なんと1400台分!

 
いかがでしょう!? 開放的な空間で思いきり体を動かせ、天気のいい日は家族みんなでピクニック気分で楽しめます。隣接するフードや物販エリアとあわせてぜひご家族どーぞ。温泉もありと、1日楽しめるハズ!
 
サイボクの森・サイボクハム

 

 

この記事を書いた人

山さん

山さん

娘と一緒にハイキングや登山を楽しむ日を待ち望む、ただの編集者。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

山さん

山さん

娘と一緒にハイキングや登山を楽しむ日を待ち望む、ただの編集者。

お出かけ関連の特集記事ランキング

噂のスリムボトル記事へのバナー
ムーミン記事へ
アウトドアジャパンデイ記事へ
情報募集中へ
アウトドア用語集へ
特集記事の番外編へ

スポンサーリンク