2021.10.27

新型コロナウイルスの影響で掲載中のイベントが中止になっている場合がございます。開催の有無については各イベントの公式サイトなどでご確認ください。ご面倒をおかけしますがよろしくお願いいたします。

特集記事

山さん
文・写真: 山さん
2020.11.27

『文具女子博2020』 誰かに囁きたくなる文具が一杯♪ どーしても足が向いてしまう、年に1度の祭典に早速オジャマです♪ 

文具女子博2020文具女子博2020文具女子博2020

 

見れば見るほど、知れば知るほど欲しくなる、文具界最大級の物販イベント『文具女子博』の季節が今年も! 思わず “へ〜” と漏らすこと間違いなく、行けば必ず新鮮な驚きと発見があるイベントを、ほんの一部ですが早速リポートです♪

*掲載内容は2020年11月26日時点での情報で、内容を保証するものではありません。
*掲載写真はすべて編集部による。

 

 

 

文具女子博2020文具女子博2020

 

EVENT DATA

文具女子博2020

お一人様大歓迎
親子大歓迎
物販あり
集中レジ
トイレ会場外
撮影OK

場所東京流通センター第一&第二展示場(東京都大田区平和島6-1-1)
最寄り駅モノレール「流通センター駅」より徒歩2分
開催期間2020年11月27日(金)〜11月29日(日)
入館料650円(完全事前販売・発券手数料別)
開催時間10:00~17:00(入場ブロック指定/1ブロック2時間制)
公式サイトhttps://bungujoshi.com

 

 

文具女子博2020

 

 

「文具女子博2020」とは!?

2017年から始まり、毎年年末シーズンに開催されている文具の物販イベント。
 
メーカー100社、ショップ13店舗、協賛企業10社の合計123社がブースを構えるメガイベントで、前回開催で3万8000人の来場者が訪れるなど、知名度の高いイベントです!
 
今回の出品総数は・・・不明!
事務局にも伺いましたが、とにかくたくさん! とのこと。前回はざっくり5万点越えとのことでしたので、今回もそれ並はあるかと思われます。数えるのが嫌になるくらいあるということです!
 
なかなか眼にする機会のない珍しい文具から、イベントだけでしか販売しない限定品まで、ズラリと会場に。
 
例年大盛況となるイベントですが、今年はコロナの影響を鑑み、当日券の販売は取りやめ、すべて前売りのみに。入場も1日3ブロック、1ブロック2時間制と時間を区切り、希望日の希望ブロックを指定して訪れる完全入れ替え制システムと変更されています。
 
文具女子博2020
 
そのため、例年のような大混雑ぶりにはならないものの、(今回の取材は、開催前日夕方に行われた“プレミアタイム”と呼ぶ、一般の方も先行入場できる時間帯に訪れましたが、少ない人数であっても)人気ブースにはどうしても人が集中する傾向に。限定品狙いの方、充分ご注意を!

 

文具女子博2020
 
会場前には、恒例のフォトブースが! 今回のテーマは“ときめきの文具旅”。コロナでなかなか旅ができない昨今ですが、全国各地の文具を手に、旅気分、味わってくださいませ!
 
これにあわせイベントだけの限定品を開発したメーカーさんもあるほど。

 

デジタル化が進むいま。文具を取り巻く環境も少なからず変わりつつありますが、生活に潤いを与え、気持ちをほっこりさせ、ときに雑談のネタにもなる文具には、デジタルでは味わえない独自の世界観が。
 
タイトルこそ“文具女子”とありますが、男子禁制ではありません!
男性もウエルカムですヨ〜♪

 

 

【今回は2館体制に】

文具女子博2020
 
会場は浜松町駅からモノレールで10分で行ける、お馴染みの「東京流通センター・展示場」。前回は建物向かって左側奥にあるA〜Dホールでの開催でしたが、今回はそのA〜Dをメインに、さらに別館である(右側にある)Fホールでも開催の2館体制。
 
両館のつなぎめ部分には、外に出ずに行き来できる通路があります! 移動は2分くらい。
 
注意!】A〜D館は指定時間入れ替え制ですが、F館は当日来場にかぎり出入り自由です! F館はモノを鑑賞&投票ブースで、物販はありません!

 
 

 

い、いまさらですが、文具女子博ってこんなイベント!

実際の販売物品や一部コンテンツが異なるものの、イベント自体の内容は基本的に前回までと同様。足を運んだ事のある方は、この部分はスルーしてくださいませ〜。

 

ざっと紹介すると・・・

1/珍しい文具が大量!!

文具女子博2020
街のお店で見掛ける定番どころの商品はごく一部で、思わず「それ、どこで!?」と聞きたくなる珍しい、なかなか実店舗ではお目にかかれない文具がメインです。
 
とにかくモノの数が多い。ブース数も100越えと、じっくり見ていると全部回れません!

 

2/一部触る、使うことも!!
文具女子博2020
大半の商品はビニール等でパッケージされており開封できませんが、一部サンプルを用意してるブースがあるほか、F館では触って魅力を知る体験ブースも用意されています。

 

3/一部触る、使うことも!!
文具女子博2020
文具女子博の魅力は、わずか数日間の開催のためだけに制作した、イベントだけの限定品が買えること! それも1つや2つでありません。ブースに行ったら、「限定品、なにかあります!?」と聞いてみて。

 

文具女子博2020

ただし、限定品は人気が高く、速攻で売り切れになるものも多数。ご注意を。公式サイト等で事前情報入手は必須です!!
 
出店社情報はコチラ!
*「ショップ一覧」コーナーをクリック!
https://bungujoshi.com/event/bungujoshi2020/

 

4/くじ系商品も!!
文具女子博2020

毎回好評の体験型コンテンツも継続されており、「マスキングテープくじ&ビュッフェ」のほか、写真の「ミニチュアノートコレクション」(350円)、「アクリルキーホルダーコレクション」(500円)といった、なにが当たるか判らない、くじ系商品も。

 

5/スタンプラリーも!

文具女子博2020文具女子博2020

イベント期間中だけしか押せない、限定スタンプを集めるラリーもあります! 今年はさらにパワーアップし、無料でもらえる台紙のほかに、1冊300円で購入するご覧のパスポート風ノートも! メインテーマである“文具旅”気分を盛り上げる、ウレシイ演出です!
 
スタンプは会場内に全6箇所。A〜Dホールは4箇所、Fホールに2箇所あります!

 

6/そのほかにも・・・

文具女子博2020文具女子博2020ブースによってはお買い得商品をギッシリ詰め込んだ福袋があったり、購入にあわせてもらえるノベルティがあったりも。
 
今回取材が許されたプレミアタイムではほぼありませんでしたが、会期中はワークショップもあるようです。

 

文具女子博2020

ブース装飾にもこだわるメーカーさんも。ご覧の「ハイタイド」はイベントテーマにあわせ旅気分を演出できればと、商品ラックだけでなく床面をも加飾。温泉地でまったり〜な空間に♪

 

 

 

実際、どんな文具が会場に!?

本来であればもっとじっくり、1つでも多くご紹介したいところですが、時間等の制約もあり、とくにルールや基準を決めず、目に付いた文具をチラリンとご紹介します!
 
実際にモノが買えるのはA〜Dホールのみです!

 
 
メイン会場【A〜Dホール】

 

文具女子博2020
【タイムステーションNEO】

文具女子博でもお馴染みの時計専門店さんと、あのサクラクレパスのコラボで誕生した時計。人気の腕時計が90色に増えたほか、「くろっく」と呼ぶ新作の置き時計(20色)、さらにソーラー式の防水腕時計「ソーラートケイ」なども!
https://ts-neo.com

https://bungujoshi.com/stationery/ts-neo-2/

 
 

文具女子博2020
【乙女印刷】
ノスタルジックな味わいがなんともいえず、受け取った人の気持ちをほっこりさせてくれるこちらのポチ袋は、活版印刷を駆使したものとか。30種類/450円〜。https://otomeinsatsu.com

https://bungujoshi.com/stationery/乙女印刷/

 

 

文具女子博2020
【ISHIYA】
北海道土産といえば! の「白い恋人」をモチーフにした文具・雑貨がズラッと! 約30種類あり、一部はISHIYAの公式オンラインサイトでも購入可能!
http://www.ishiya.co.jp
https://bungujoshi.com/stationery/ishiya/

 

 

文具女子博2020
【榛原(はいばら)】
パラパラパラ〜っと蛇腹のように開く、その名もズバリな蛇腹便箋(500円〜)。1セット120枚綴りとなっており、折り目で切り取って使える。新作の原稿用紙含め、色柄多数あり。会場には持ち込まれていないものの、封筒サイズもあるそう。日本橋にはアンテナショップも!
https://www.haibara.co.jp

https://bungujoshi.com/stationery/榛原(はいばら)-2/
 
 

文具女子博2020
【クレアモード】

化粧品関連アイテムを手掛けるクレアモードが展開する「ステーショナリーコスメ」の一環として企画された、会場限定販売の靴紐! のりでお馴染みの「フエキくん」や「ツバメノート」など、3タイプあり(各120センチ/880円)。ほとんどのシューズに使えるはずとのこと。

https://stationerycosme.com
https://bungujoshi.com/stationery/creamodo-3/

 

こんなスポットも!
文具女子博といえばの「マスキングテープくじ」も開催! 1つのカプセルに必ず1個マスキングテープが入っており、さらに“当たり券”が入っていると、奥の壁に備わるマスキングテープを机上の用紙に好きなだけ貼って持ち帰れる、ビュッフェに参加できるサービス!
文具女子博2020

 

 

 

文具女子博2020
【マルモ印刷】

香川県の印刷会社ということで、地元の名物である“うどん”を使った切り取り式のメモ帳「SANUKI UDON」(364円〜)をお披露目。商品にあるうどんの写真は実際に店舗で販売しているリアルうどんを撮影したもので、パッケージにはうどん店の情報も掲載ありという、ディープな作り。一方の「ポケフル」(430円〜)はマルチポケット付きのクリアファイル。開くと内側に大小のポケットが! これは便利!

http://www.marumo-print.co.jp
https://bungujoshi.com/stationery/マルモ印刷-3/

 
 
文具女子博2020
【シンシア】

駄菓子屋さんなどでお馴染みの「クッピーラムネ」の関連グッズが、なんと14種類も会場に! マスキングテープは文具女子博で先行販売。なんと養生テープまであります!

https://www.sincere-inc.jp
https://bungujoshi.com/stationery/sincere/

 
 
文具女子博2020
【髙田織物/FLAT】

DIYやハンドメイドクラフトなど、センス次第でいろいろなものに使える模様入りの「畳縁」に、あの「鬼滅の刃」の公式ライセンスモデルが! 2柄1セットで970円/全3種類あり。

https://flat-kojimaberi.com

https://bungujoshi.com/stationery/髙田織物(flat)/

 

 

文具女子博2020

【TETO/テト】
老舗ノートメーカーが今回のイベントにあわせ商品化した限定品。イベントテーマである文具旅にちなみ、バカンスや旅を連想させる犬と猫をイラストレーターさんに描き下ろしてもらったそう。ミシン眼入り。1冊750円/セット1350円/各日100個限定

https://te-to.jp

https://bungujoshi.com/stationery/teto-4/

 
 
文具女子博2020

【CRU-CIAL/クルーシャル】

サンドウィッチやハンバーガーの形をしたコチラは単語帳! 120枚つづり。660円。

http://cru-cial.com
https://bungujoshi.com/stationery/cru-cial(クルーシャル)/

 
 

文具女子博2020
【bande/バンデ】
「DECOマステ」は同梱された複数のピースを自由に組み合わせて楽しむ、シールキット。組み合わせ次第でいろいろな形のツリーを作ることが可能。ガラスなど、好きなところに貼って楽しめるウォールステッカー。800円。

https://bande.ne.jp

https://bungujoshi.com/stationery/bande-5/

 
 
文具女子博2020

【Old Resta/オールドリスタ】

文具女子博常連ブランドからは、毎回大盛況となるトートの販売のほか、オリジナルカバー付きのキャリーケースの販売も♪ トートや持ち手レーザータイプが6種類、通常仕様が32種類も。購入者へのノベルティプレゼントもありました♪

https://komamono-lab.com/oldresta/

https://bungujoshi.com/stationery/old-resta-4/

 

こんなスポットも!

文具好きならずとも、1度は見たことがあるハズな、人気文具ブランドとコラボしたご覧のアクリルキーホルダーは、1つ500円。シークレット販売で、封を開けるまでなにが当たるかは判りません! 表裏ともにリアルに再現♪

文具女子博2020

 

 

文具女子博2020
【ROUNDTOP/ラウンドトップ】

レトロな絵柄に思わず釘付けなロールふせん「女子の言いワケ展」(500円)。1コマずつ切り離しても使えます♪ 全8種類。

https://roundtop-shop.jp

https://bungujoshi.com/stationery/roundtop/

 
 

文具女子博2020

【サクラクレパス】

3つの容量から選べる「クラフト小町」(150円〜)は、紙はもちろん、木や布にも使える万能接着剤。溶剤が乾いたときにパリパリっと硬くならず、アイロンを使ってサクッと付けることも可能。一方の「クーピー マーカー」は、裏写りせず、消しゴムで消せ、インク切れの心配もなく、手にもつかないスグレモノ。会場ではマーカーのみのほか、ご覧のケース付きセット(880円)も♪

https://www.craypas.co.jp

https://bungujoshi.com/stationery/サクラクレパス-5/

 
 
文具女子博2020
【トンボ鉛筆】

「MONO」ブランドでお馴染みのトンボ鉛筆ブースには、特別デコの「修正テープ」(450円)と「修正テープのり」(550円)が。どちらもイベント限定!  世界の食べ物をイラストに使った限定品で、全8種類。しかも箱入り。箱を並べて立て掛けた際の見た目にも配慮し、背表紙にもこだわって作ったそう。■各ジャンル/総数1000個

https://www.tombow.com

https://bungujoshi.com/stationery/トンボ鉛筆/

 
 
文具女子博2020

【コクヨ】

26日の“プレミアムタイム”では、アッという間に完売となった数量限定のキャンパスのA6ミニノート(5冊セット)。キャンディのパッケージを模した、特別なフルーツ仕様。手に入れた方はラッキーですネ! ■1250円/各日150セット限定

https://www.kokuyo.co.jp

https://bungujoshi.com/stationery/コクヨ株式会社-5/

 
 

文具女子博2020

【ぺんてる】

イベントのテーマにあわせ、“星空列車”と独自の世界観でブース作りをおこなった「ぺんてる」では、「デュアルメタリックブラッシュ」(550円/全8色)なる筆ペンに注目。珍しいラメ入りペンで、書く紙の色や描き方により色合いが変わる特殊なペンなんです!

https://www.pentel.co.jp

https://bungujoshi.com/stationery/pentel/

 

;

こんなスポットも!

文具女子博のイベントオリジナル文具販売も! 実際に使える郵便切手シート(!)のなど、新製品は7種類。従来品含め、合計20前後の商品を取り扱い。非売品入りのお楽しみ福袋も♪ 今後一部賞品のネット販売も検討中とのこと。

文具女子博2020

 

 

文具女子博2020
【セキセイ】

「finn’」(フィンダッシュ)という北欧モチーフのシリーズを展開中で、ブースではイベント限定の「マスクケース」(450円)を販売。10種類以上あるという「クリップボード」(600円)もオシャレです!

https://www.sedia.co.jp

https://bungujoshi.com/stationery/セキセイ株式会社-5/

 

 

文具女子博2020

【古川紙工】

日本三大和紙の産地である「美濃和紙」を使った、思わずほっこりするレトロチックな「ミニレターセット」(320円/各日250セット)や「刺繍キーホルダー」(380円/各日200個限定)。同社は「そえぶみ箋」などでもお馴染みです♪

https://www.furukawashiko.com

https://bungujoshi.com/stationery/古川紙工株式会社-3/

 

 

文具女子博2020

【切手のこびと】

切手などの角にポンと押すなど、ちょっとしたデコレーションに使える粋なスタンプ。42種類・各800円。
https://kobito.theshop.jp
https://bungujoshi.com/stationery/切手のこびと-3/

 
 

文具女子博2020

【マックス】

シリコンを使ったかわいいホッチキス「りくちのいきもの」(1200円〜1500円)に新作が追加され、全10種類に! ホッチキスの針専用のカバー(750円)もあります! ともに2021年1月に正式販売予定!

https://wis.max-ltd.co.jp/op/
https://bungujoshi.com/stationery/マックス株式会社-5/

 
 
文具女子博2020
【HIGHTIDE/ハイタイド】

手紙や名刺、ハガキなどに、立体模様を手軽に追加できるエンボスマシン「エンボッサー」。形状は丸型、角型、正方形型と3タイプ。嬉しいのは、オリジナルデザインでの注文ができること! 納期は約2週間!  1万5000円〜

https://hightide.co.jp
https://bungujoshi.com/stationery/hightide-6/

 

こんなスポットも!

初登場のコンテンツが、オリジナルミニポーチ作りのワークショップ。用意されたイベント限定のオリジナルスタンプ(6種類)を自由に押して楽しむもの。洗濯も可能とのこと。各日100個限定。
文具女子博2020

 
 

集中レジです!

購入文具はすべて会場奥にある集中レジで。現金、クレジットのみ。電子マネーは使えません! 混雑時のレジ待ち渋滞は覚悟すべしです・・・。集中レジのため、ついつい買いすぎてしますはず・・・。
 
今回は購入金額に応じたプレゼント特典も!
詳細はコチラで → https://bungujoshi.com/news/15450/

文具女子博2020

 
 

 

別会場【Fホール】

 

Fホールでは毎回恒例の「文具女子アワード」の投票コーナーをメインに、様々なブースを用意。「文具宮」という神社で、無料の鉛筆おみくじもできます!
 
Fホールは当日入場者であれば、出入り自由です♪
 
文具女子博2020

 

文具女子博2020文具女子博2020

文具女子アワードは来場者の投票で決まるもので、会場にはノミネート商品がズラリ。投票すると先着でご覧のステッカーももらえます!
 
文具女子博2020

文具メーカーのカタログという、あまり眼に擦る機会のないものを集めた特設コーナーも。知らない商品があるかもです。
 
文具女子博2020

「文具 de message」コーナーでは用意された文具を使い壁のイラストやボードに、自由に色づけしたり、メッセージを記せたりします♪
 
文具女子博2020

年末から来年の運勢を会場で占っては!? トンボ鉛筆協賛の、おみくじが無料できます♪
 
文具女子博2020

クリスマス前ということで、こんなフォトスポットも!

 

 

今回のレポートのまとめ

文具女子博2020

●なかなか現品確認ができない、レア文具が大量!
●イベントだけでしか買えない限定品も
●プレゼントにも喜ばれそうなモノ多数
●便利な集中レジ制
●今年は入場時・入場時間指定制

 

いかがでしょう!? 味わい深い文具、珍しい文具がいろいろ見て買える貴重なイベント。ここまでの規模はなかなかないはず。今年が難しい方でも、ぜひ次回、足を運んで見て下さい! 男子もOK!!!!

 
文具女子博2020

 
 
【2019年開催の模様はコチラヘ】

『文具女子博2019』物欲が止まらない!! 目にするものがすべて欲しくなる至福の文具イベント。今年は初の4日間♪

 

 

この記事を書いた人

山さん

山さん

娘と一緒にハイキングや登山を楽しむ日を待ち望む、ただの編集者。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

山さん

山さん

娘と一緒にハイキングや登山を楽しむ日を待ち望む、ただの編集者。

お出かけ関連の特集記事ランキング

噂のスリムボトル記事へのバナー
ムーミン記事へ
アウトドアジャパンデイ記事へ
情報募集中へ
アウトドア用語集へ
特集記事の番外編へ

スポンサーリンク