2022.09.28

新型コロナウイルスの影響で掲載中のイベントが中止になっている場合がございます。開催の有無については各イベントの公式サイトなどでご確認ください。ご面倒をおかけしますがよろしくお願いいたします。

特集記事

文・写真: 山さん
2022.08.10

『てきと〜な鉄道展』 ゆるくてい〜んです! 日本初(!?)の、適当さをウリにする期間限定テーマパークが、横浜に登場♪

てきと〜な鉄道展 アソビル 横浜

“日常にはびこる(!?)規制や制約から少しでも開放され、心地良いてきと〜感を楽しんでもらえれば”と企画された、なんともゆる〜く、楽しげで不思議。それでいてどこか新しい。そんなテーマパークが横浜に登場。おそらく日本初という、てきと〜さをウリにする気になるスポットにオジャマしました!

*掲載内容は2022年8月5日開催の内覧会時点の情報で、内容を保証するものではありません。
*掲載写真はすべて編集部による。

EVENT DATA

『てきと〜な鉄道展』

撮影OK(写真・動画)
体験コンテンツ複数あり
フォトスポット多数あり
グッズ販売あり

●会場神奈川県横浜市西区高島2-14-9 アソビル2F YOKOHAMA COAST
●会期2022年8月6日(土)〜11月27日(日)
●入場料【事前予約チケット(平日)】大人(高校生以上) 1700円/小学生~中学生1200円/未就学児 無料、【事前予約チケット(休日)】大人(高校生以上) 1900円/小学生~中学生1300円/未就学児 無料、【当日券】大人(高校生以上) 2300円/小学生~中学生1500円/未就学児 無料
●開催時間10:00~19:00 *最終入場受付 18:00
●休催日基本無休 *施設に準ずる
●最寄り駅JR「横浜駅」みなみ東口からスグ
●公式サイトhttps://www.tekito-train.com

「てきと〜展」とは!?

仕事やプライベートに真面目に取り組むのもいいけれど、たまにはチカラを抜いて“てきと〜っていいもんだ”と思わずもらしたくなる、そんな場があってもいいじゃない。軽〜い気持ちで楽しめる、ルールに縛られた日常の緊張感から放たれる場があってもいいじゃないとする、ありそうでなかったテーマパークです。

てきと〜な鉄道展 アソビル 横浜

テーマは日本が世界に誇る鉄道! 鉄道といえば老若男女問わずファンが多いジャンルでもありますが、今回のイベントは、列車や駅の解説など、鉄道ファンが喜ぶウンチクネタ&貴重資料盛りだくさんな、いわゆる“コチコチ”の鉄道イベントじゃありません!

カタチこそ鉄道といっていますが、そこはテーマパーク。肩のチカラが抜けた、いい意味でゆる〜い雰囲気のなかで楽しむ、鉄道に全然興味がない人でも楽しめる、思わず「なにこれ〜」「あそこ見て〜」「やってみた〜い」とウキウキしてしまうユニークなポイントが随所に。ちょっと・・・!? いやいや、かなり変わったテーマパークです!

てきと〜な鉄道展 アソビル 横浜
チマタの駅で見掛ける、見慣れた感のある装飾が会場の至ることろに。似ているけれど全然違う、こだわりの“てきと〜”さを探しに、ぜひお出かけあれ。

エリア各所に用意された鉄道や駅をモチーフとした展示類は見ているだけでも楽しいですし、来場者が実際に体験するコンテンツもいろいろあります。「●●●展」といえば、ややお勉強的なお堅い印象を持たれるかもしれませんが、このイベントに関してはそんな心配は一切不要です! ← キッパリと断言。

てきと〜な鉄道展 アソビル 横浜
楽しみは展示や体験コーナーだけではありません! 常勤するスタッフのなりきり駅員さんぶりにもご注目を! 衣装もいい感じにてきと〜です♪

いい加減をポジティブに楽しむ、あるようでなかったテーマです。「楽しみ方は人それぞれ。てきと〜の敷居を下げ、これくらいでい〜んだと、肩のチカラを抜いて楽しんでもらえれば」と担当者。イベントの企画には、あの「うんこミュージアム」を手掛けたメンバーも参加しているんです。

てきと〜な鉄道展 アソビル 横浜
開催場所は横浜駅から徒歩圏内にある「アソビル」。趣向を凝らしたイベントを数多く開催している人気スポットです!

気になる会場内はコチラ!

てきと〜な鉄道展 アソビル 横浜

会場は横長。切符を使って改札を抜け、あとは自由! (出口を出ない限り)どこからまわってもOK。1000㎡に及ぶ会場内を縦断するように、クネクネとまがる「てきと〜列車」がどーんとレイアウト。合間を縫うように5つの駅(エリア)が用意されています!

●まずは切符を入手!

てきと〜な鉄道展 アソビル 横浜

会場入り口で切符を入手してくだい! てきと〜駅員さんが待ってますヨ。

てきと〜な鉄道展 アソビル 横浜

てきと〜切符は全5種類。昭和感のある硬券風切符ですが、形がクネクネしてます! どれがもらえるかは運次第。

●改札を通ろう♪

てきと〜な鉄道展 アソビル 横浜

駅に入るには改札を通らないと行けませんよね! この先に広がるワクワク感を高めるための紹介ムービー(約2分)を鑑賞後、(来場者の方の気持ちが程よくてきと〜になると)駅員さんの元気なかけ声のもとゲートが開きます。駅員さんによる手動操作ですが、来場者にとっては自動(!?)な改札です♪

●てきと〜中央駅に到着!

てきと〜な鉄道展 アソビル 横浜

改札後、まず眼にするのがこの中央駅。9m×2.7mの巨大モニター内に電車が到着したり、思わずじっくりと聞き入ってしまうゆる〜い構内アナウンスがあったりと、チカラが抜ける心地良いてきと〜感がみなぎっています!

自分で描いた電車が到着!

中央駅の目玉コンテンツは、自分で描いた「てきと〜電車」が実際にホームい到着すること! どういったものかといえば・・・。

てきと〜な鉄道展 アソビル 横浜

中央駅エリアの隅に用意されたお絵かきコーナーで、専用台紙を使って色を塗り塗りし・・・。

てきと〜な鉄道展 アソビル 横浜

完成した絵を駅員さんに渡し、専用機でスキャン!

てきと〜な鉄道展 アソビル 横浜

スキャンが完了すると、駅員さんが「列車(電車)番号」と「到着時刻」を記入してくれ・・・。

てきと〜な鉄道展 アソビル 横浜

その情報が構内にある電光発着板に表示されるなど、見慣れた駅の光景がそこに!

*時計のブランド表記も「てきと〜」となっています! お見逃しなく。

てきと〜な鉄道展 アソビル 横浜

到着時刻になると、自分だけの電車がホームに到着するんです! プロジェクションマッピングによりイラストが投影されるシステムで、思わず「おおお〜っ」となるはず♪ 到着から発車までは約10秒間。台紙を再スキャンしてもらえば、再び投影することが可能とのこと。

*写真はイメージ

●混雑中の駅で落書きを楽しもう!

てきと〜な鉄道展 アソビル 横浜

日本の(都心の)鉄道の風物詩ともいえる、多くの人でごったがえすプラットフォーム。見るだけでもいいですが、それじゃツマラナイ! そこに集う人たち(のオブジェ)は、なんと上から下まで落書きし放題なんです!

てきと〜な鉄道展 アソビル 横浜

ホワイトボートのような感覚で、書いては消してを繰り返してOK! 一緒に記念撮影もどーぞ。

てきと〜な鉄道展 アソビル 横浜
てきと〜な鉄道展 アソビル 横浜

「メチャコミ・スクエア駅」の構内には、東京オリンピックでも話題を集めた、絵文字案内図であるピクトグラムの体験コーナーも。思い思いのポーズをとってオリジナルピクトを作ろう! 家族や仲間と楽しんで♪

●鉄道旅のお楽しみ、駅弁を楽しむ!

てきと〜な鉄道展 アソビル 横浜

駅弁をフォーカスした駅「エキベン・タウン駅」では、オリジナル駅弁作りに挑戦!

てきと〜な鉄道展 アソビル 横浜
てきと〜な鉄道展 アソビル 横浜

中央にある円卓の回りを囲むように配置されている、具材のようなミニチュアはなんとスタンプなんです! それを使って、台紙にポンポンとスタンプして楽しむ「てきと〜駅弁作り」コンテンツです。具材スタンプは全部で28種類も! 思わず全部押したくなります♪

てきと〜な鉄道展 アソビル 横浜

完成したオリジナルスタンプ駅弁は壁に貼って貼って帰るほか、持ち帰りもOK! 特大駅弁パッケージのフォトスポットの前で記念写真をどーぞ。

●思わず熱くなる、ゲームステーション!

4種類のアナログ&デジタルゲームを楽しめるのが「ゲームステーション駅」。ぜひ全部制覇してください! どんなゲームがあるかといえば・・・。

てきと〜な鉄道展 アソビル 横浜
てきと〜な鉄道展 アソビル 横浜

イチオシは「てきと〜鉄道の達人2」。グリーンバックの背景で撮った写真がそのままゲーム内に反映されるもので、上から落ちてくる自分を電車にひかれないようにキレイ積み上げるというもの。大人はもちろん、子どもはとくにヨロコビそう!

ほかにも電車積み木、輪投げ、そして「てきと〜鉄道の達人(1)」があります! ちなみにゲーム参加には年齢制限はありません。どなたでも楽しめます。

●ゆったり&まったり休憩ステーション!

てきと〜な鉄道展 アソビル 横浜
てきと〜な鉄道展 アソビル 横浜

ラストの「てつど〜ぶつパーク駅」ではオリジナルの生き物たちがお出迎え・・・してくれますが、みーんな眠そう。グリーン基調でまとめられたスペースは、寝転んでも、座ってもOK! 来場記念のフォトスポットとして楽しむのもあり。

キッズ用ボールプールもあります♪ ちなみに動物たちはすべてオリジナル。メインキャラはピンクうさぎの「てつどうさぎ」です!

てきと〜な鉄道展 アソビル 横浜

休憩スペースでもあり、電車が走るレールは別名「寝レール」。ハンモック風に休憩に利用あれ。ちなみに、レール上の上段にある芝生スペースにも上がってOKとのことですヨ〜。

オリジナル電車「てきと〜線」に乗ろう♪

てきと〜な鉄道展 アソビル 横浜

会場内を縦断する電車「てきと〜線」は、どの車両からも乗り降り自由! 運転席に入ることもできるんです。全長42.5mに及ぶ3つの車内には、様々な仕掛けが。隅々までじっくりお楽しみあれ。

●広告が、楽しい♪

てきと〜な鉄道展 アソビル 横浜
てきと〜な鉄道展 アソビル 横浜

電車といえば車内広告ですが、その広告自体がオモシロイ! どこかで見掛けたような気もする、思わず誰かに教えたくなる広告ばかり。ありそうで、ありえないユニークな発想をお楽しみあれ。見慣れた広告が違って見えます! もちろんシート座ってOKデス。

●まさかこんな物まで!?

てきと〜な鉄道展 アソビル 横浜

電車といえば「忘れ物」「落とし物」。2号車では実際にあったという「忘れ物」「落とし物」で車内をデコレーション。まさか、こんな物が!? と驚く物も多数。きっと会話も弾むはず!

●これがホントのグリーン車!?

てきと〜な鉄道展 アソビル 横浜

車内がグリーンに囲まれたこちらは、文字通りの「グリーン車」。ベンチに腰掛けてもOK! 「てつど〜ぶつパーク駅」の一部ともなっています。

てきと〜な鉄道展 アソビル 横浜

グリーン車の末端が会場出口。1回出口をすぎると戻れませんのでご注意くださいネ。

ショップエリアもあります!

てきと〜な鉄道展 アソビル 横浜

イベント限定のオリジナル商品を集めてグッズコーナーは、出口を過ぎた先に。オリジナルキャラクターを使ったTシャツやトート、バッジ、文具のほか、クッキーも。こちらはイベントの利用に関係なく、誰でも利用できます。支払いは現金、クレジット、交通系電子マネーといろいろ利用できます。

通販の予定はないそうですので、ぜひ会場でお買い求めください。

レポートまとめ♪

てきと〜な鉄道展 アソビル 横浜

●体験コンテンツ盛りだくさんな、期間限定テーマパーク
●新感覚なプレイパーク的イベント!
●肩のチカラが抜ける、ゆる〜いコーナーが多数!
●写真を撮りたくなるスポットも多数

いかがでしょう!? かしこまることなく、大人も子どもも楽しめる新しいテーマパーク。鉄道ファンでなくても大丈夫。ちょっとしたストレス解消にもいいかも。肩肘張らずお気軽に足をお運びあれ。

この記事を書いた人

山さん

娘と一緒にハイキングや登山を楽しむ日を待ち望む、ただの編集者。

今回ご紹介した記事は 

 いかがでしたか?

関東1都3県では他にも楽しいイベントや巷で話題のお出かけスポットがたくさん!お出かけ情報満載のウェブメディア「オソトイコ」をチェックして休日を楽しんじゃおう!

「オソトイコ」は

\ お出かけしたくなる情報が満載! /

トップページから探す

スポンサーリンク

この記事を書いた人

山さん

娘と一緒にハイキングや登山を楽しむ日を待ち望む、ただの編集者。

お出かけ関連の特集記事ランキング

スポンサーリンク