2022.01.24

新型コロナウイルスの影響で掲載中のイベントが中止になっている場合がございます。開催の有無については各イベントの公式サイトなどでご確認ください。ご面倒をおかけしますがよろしくお願いいたします。

特集記事

山さん
文・写真: 山さん
2022.01.05

『横浜港フォトジェニックイルミネーション』 穴場かも!? 橫浜港大さん橋で開催中の注目イルミネーションへ行こう♪

横浜港フォトジェニックイルミネーション 横浜港大桟橋
横浜港フォトジェニックイルミネーション 横浜港大桟橋

イルミネーションスポットが多い橫浜港エリア内でも、ぜひ足を運んで欲しいスポットが、大さん橋の先端で開催中の「横浜港フォトジェニックイルミネーション」。意外な穴場!? ともいえそうな注目スポットをご紹介します!

*掲載内容は2021年12月下旬時点の情報で、内容を保証するものではありません。
*掲載写真はすべて編集部による。

EVENT DATA

『横浜港フォトジェニックイルミネーション』

撮影OK
トイレあり

●開催地横浜港大さん橋国際客船ターミナル 屋上先端部(神奈川県横浜市中区海岸通1-1-4)
●開催期間2021年11月3日(水)~2022年3月27日(日)
●点灯時間17:00~22:00
●鑑賞料無料
●最寄り駅みなとみらい線「日本大通り駅」から徒歩約7分
●アクセスhttps://osanbashi.jp/access/
●告知サイトhttps://osanbashi.jp/illumination.php

●『横浜港フォトジェニックイルミネーション』とは!?

横浜港フォトジェニックイルミネーション 横浜港大桟橋

横浜港大さん橋で開催している、冬期限定のイルミベーションイベント!

大さん橋という、人が集中する混雑エリアからちょっと離れている場所で開催されていることもあり、意外に透いているかも!? との声も聞かれるなど、TV等でも話題のイルミネーションイベントです!

横浜港フォトジェニックイルミネーション 横浜港大桟橋

「くじらのせなか」と呼ばれる屋上部分が会場となっており、そこに点灯・点滅するブルーのLED。波のように光が左右に広がるなかで、ときに写真を撮ったり、ときに時間を忘れてまったりしたりと、マイペースでくつろげます♪ 所々にベンチもありますヨ。

横浜港フォトジェニックイルミネーション 横浜港大桟橋

周囲を海に囲まれた立地ゆえ鑑賞には防寒対策は欠かせませんが、大さん橋から見渡せる赤レンガ倉庫などを中心とした、橫浜みなとみらいの壮観な眺めを味わうだけでも、訪れる価値あります!

横浜港フォトジェニックイルミネーション 横浜港大桟橋

大さん橋はフォトスポットとして有名で、みなとみらいの夜景を捕らえようと、三脚持参で写真撮影を楽しまれている方も多数いらっしゃいます。

横浜港フォトジェニックイルミネーション 横浜港大桟橋

屋上部分やターミナルの建物は、ブラジル産の木材を使ったウッドデッキ仕様となっています♪ 人が歩くとごく僅かですが揺れます。

横浜港フォトジェニックイルミネーション 横浜港大桟橋

大さん橋自体は無料開放。国内最大級の大型客船ターミナルが併設されており、暖をとることも可能です。ナイトシーンだけでなく、昼間のうちに訪れのんびりと景色を楽しみつつ、17時の点灯を待つというのもいいかもです♪

すでに終了していますが、橫浜の街ぐるみの一大イルミネーションイベント「ヨルノヨ2021」とも連動しており、期間中は提示開催されていたショータイムをこの地から楽しむことができたりもしました♪

ちなみに大さん橋は幾度かの改修等が行われており、いまの姿になったのは2002年(平成14年)。地下1階、地上2階建ての鉄骨造で、全長は約430m。もっとも高い場所で高さ約15m、もっとも広い場所で幅は約70mあるそう。1階が普通車約400台駐車できる駐車場、2階が出入国ロビーや店舗など、(イルミネーションがある)屋上には、送迎デッキのほか野外イベント広場があります。

詳しくは公式サイトもご確認あれhttps://osanbashi.jp/about/overview.php

●どーんなカンジ!?

横浜港フォトジェニックイルミネーション 横浜港大桟橋
横浜港フォトジェニックイルミネーション 横浜港大桟橋
横浜港フォトジェニックイルミネーション 横浜港大桟橋

イルミネーション会場は大さん橋の先端部。ひたすら先に進むと、無数の青いLEDの光が目に飛び込んできます! 屋上は波のうねりをイメージしたという、山なり形状となっています。

横浜港フォトジェニックイルミネーション 横浜港大桟橋

LEDは点灯しっぱなしのものと、点滅を繰り返すものが混在しており、遠目からみると、丘の上から川が流れているような印象を受けるかも。大きく左右2ブロックで構成されています。

横浜港フォトジェニックイルミネーション 横浜港大桟橋

ウェルカムトゥヨコハマと、メッセージサインもありますが、これは会場で見ると、(近すぎるため)正直文字が掴みにくい印象。遊覧船などの船や航空機から見下ろす方へ向けといったサインです。

会場から眺める 橫浜の夜景♪

横浜港フォトジェニックイルミネーション 横浜港大桟橋
横浜港フォトジェニックイルミネーション 横浜港大桟橋

大さん橋の屋上から眺める橫浜の夜景は絶景です! 今回訪れた際は、対岸の赤レンガ倉庫でクリスマスイベントを行っていたこともあり、大型ツリーもよーく見えました♪

横浜港フォトジェニックイルミネーション 横浜港大桟橋

海側を正面にして右手斜め前を見ると、遙か先にはベイブリッジも!

横浜港フォトジェニックイルミネーション 横浜港大桟橋

今回訪れた際には、クルーズ船もライトアップして運行しておりました♪ 大さん橋付近がコースになっているようで、結構頻繁に船が通りますヨ。

最大のポイントは コレです!

横浜港フォトジェニックイルミネーション 横浜港大桟橋

会場内には合計3箇所に、ご覧のような、額装やギフトボックスス風のイルミネーションが。これ単体を見ると、思わず「なぜここに!?」となりそうですが、それには理由がありまして・・・。

横浜港フォトジェニックイルミネーション 横浜港大桟橋

枠内に視線をあわせると・・・、この通り! 例えば額装ではベイブリッジを絵画のように切り取って楽しむなど、ちょっとした仕掛けが施されています♪ 目線の角度や距離で映る夜景も変わってきますので、ベストショット狙い、いろいろお楽しみあれ。

●大さん橋自体も散策してみよう♪

イルミネーションの会場は大さん橋の先端部屋上のみですが、そこまでの道中や大さん橋内にも立ち寄ってみてください。

横浜港フォトジェニックイルミネーション 横浜港大桟橋

さん橋内の通路を照らすブルーのライティングは、屋外から見てもかなり幻想的。

横浜港フォトジェニックイルミネーション 横浜港大桟橋

屋内通路はブルーのライティングで統一。館内は完全バリアフリー。段差らしきものはありません!

横浜港フォトジェニックイルミネーション 横浜港大桟橋

「大さん橋ホール」と呼ぶ、最大1200名を収容できる多目的ホールが完備されており、ホールを囲むように階段があり、そこで休憩する方もチラホラ。写真奥に見える左右2つの青い光が、フォトジェニックイルミネーションの会場です。

横浜港フォトジェニックイルミネーション 横浜港大桟橋

赤レンガなどの周囲の夜景は屋上だけでなく、例えばご覧の1F部分のデッキからも楽しめます。ご覧の1F部分は人が少ないため、ゆ〜っくりと橫浜港付近の写真撮影を楽しむなら、こちらがベストかもです!

横浜港フォトジェニックイルミネーション 横浜港大桟橋

出入国ロビー手前のロータリー部分も、さり気なくですが、ブルーのイルミネーション等でライトアップ。イルミネーションが点灯される時間帯は、多くの方は屋上へ向かいこの1F部分はスルーしがち。こちらもぜひご覧あれ。

●大さん橋手前付近も、ムーディーな演出が♪

横浜港フォトジェニックイルミネーション 横浜港大桟橋

大さん橋手前の「象の鼻」と呼ばれる防波堤付近のライトアップもご注目。A、B、Cと3箇所付近も、あわあせて足をお運びあれ。Cの右側が「赤レンガ倉庫」。ゆっくり歩いて徒歩10分くらいのコースです。

横浜港フォトジェニックイルミネーション 横浜港大桟橋
横浜港フォトジェニックイルミネーション 横浜港大桟橋

「スクリーンパネル」と呼ぶ、光る巨大ドミノのようなオブジェがズラリ。遠目で見ても、近くで見てもとても幻想的です♪

横浜港フォトジェニックイルミネーション 横浜港大桟橋

大さん橋から赤レンガ倉庫へと続く通路も、足元を淡く照らす照明が効いており、ムーディーですよ。

横浜港フォトジェニックイルミネーション 横浜港大桟橋

Bエリアには「開港波止場」には一部ガラス張りのエリアが。覗いて見ると「転車台」と呼ばれるターンテーブルの跡が遺構としてライトアップされています。なんでも目の前に位置する「象の鼻パーク」の整備工事中に発見されたものとのことで、1880年代(明治20年代)後半のものだそう。

横浜港フォトジェニックイルミネーション 横浜港大桟橋

Bエリアの「開港波止場」にも「スクリーンパネル」が。

横浜港フォトジェニックイルミネーション 横浜港大桟橋

写真は、赤レンガ倉庫と山下公園を結ぶ、旧臨港貨物線の鉄道高架橋を利用した遊歩道「山下臨海線プロムナード」の下やその付近。

横浜港フォトジェニックイルミネーション 横浜港大桟橋

橫浜市が開港150周年の記念として2009年に開館したアートスペース兼休憩場の「象の鼻テラス」。その左脇の「橫浜税関」もライトアップされています♪

横浜港フォトジェニックイルミネーション 横浜港大桟橋

「象の鼻テラス」の前にも「スクリーンパネル」が。

横浜港フォトジェニックイルミネーション 横浜港大桟橋

「象の鼻テラス」をあとにし、「赤レンガ倉庫」を望むとご覧の光景が。現在「新港中央広場」前が大規模工事中のため、景観がややイマイチですが、工事さえ終わればさらに絵になる光景となるはず♪

●レポートまとめ♪

横浜港フォトジェニックイルミネーション 横浜港大桟橋

●人が気持ち少なめ。結構な穴場かも!?
●対岸に橫浜の夜景が
●LEDフレームを使った粋な写真が撮れます♪
●周辺にも見所あります♪

イルミネーションはクリスマスまで! なんて言わず、ぜひ大さん橋にも足を運んでみてください。夜はもちろん昼間の光景もぜひあわせてお楽しみあれ。防寒対策は必須です!

この記事を書いた人

山さん

山さん

娘と一緒にハイキングや登山を楽しむ日を待ち望む、ただの編集者。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

山さん

山さん

娘と一緒にハイキングや登山を楽しむ日を待ち望む、ただの編集者。

お出かけ関連の特集記事ランキング

スポンサーリンク