2021.10.27

新型コロナウイルスの影響で掲載中のイベントが中止になっている場合がございます。開催の有無については各イベントの公式サイトなどでご確認ください。ご面倒をおかけしますがよろしくお願いいたします。

特集記事

山さん
文・写真: 山さん
2021.09.29

昭和記念公園の『キバナコスモス』が満開ですよぉ!

昭和記念公園 コスモス レモンブライト
昭和記念公園 コスモス レモンブライト

四季折々の花々が楽しめる、都内屈指の憩いスポット『国営昭和記念公園』に初登場したキバナコスモスの“レモンブライト”がいま満開です! 怒濤のごとく、咲き乱れています!!

*掲載内容は2021年9月26日時点の情報で、内容を保証するものではありません。
*掲載写真はすべて編集部による。

EVENT DATA

国営昭和記念公園
キバナコスモス “レモンブライト”

おひとり大歓迎
撮影OK(三脚NG)
売店・休憩場あり

●所在地東京都立川市緑町3173
●営業時間&休園日時期等で異なる。最新情報はウェブで(https://www.showakinen-koen.jp/guide/schedule/
●入園料【一般】大人(15歳以上)/450円、小中生/無料、シルバー(65歳)以上/210円
●最寄り駅JR「立川駅」から徒歩10〜15分(https://www.showakinen-koen.jp/access/
●公式サイトhttps://www.showakinen-koen.jp

昭和記念公園の『キバナコスモス』とは!?

昭和記念公園 コスモス レモンブライト
昭和記念公園 コスモス レモンブライト

立川駅から徒歩圏内にあり、1年を通じ多くの方が訪れる国営公園「昭和記念公園」(https://www.showakinen-koen.jp)。

その『花の丘』と呼ばれるエリアに、“レモンブライト”という品種のキバナコスモスが初登場です! 咲き乱れています! 

見頃は・・・

9月中旬〜10月中旬

比較的長く楽しめます♪

「花の丘」の場所は ココ!

昭和記念公園 コスモス レモンブライト

目的地である『花の丘』は、「砂川口」と呼ばれるゲート側にあるご覧の場所。入園利用者が比較的多いとされる「立川口」「西立川口」からはかなり離れています! 園内はとにかく広いです。ご注意を〜。

【各出入り口からの徒歩目安時間】
●砂川口から約6、7分
●立川口から約40分
●西立川口から約30分

昭和記念公園 コスモス レモンブライト

砂川口側にも駐車場もありますので、はじめからコスモス狙いの場合は、砂川口駐車場にクルマを停めるのが断然賢いです♪ *写真がピンボケ気味ですいません・・・・。写真下側が「砂川口」です。

昭和記念公園 コスモス レモンブライト

その数、な、なんと

400万本!

丘状にになったエリアに、これでもか! とレモン色のコスモスが咲き乱れる様は圧巻。その凄さは、想像を超えるほど。敷地一面が黄色の花で埋め尽くされた様に、きっとアナタも

おおおおおお〜っ

うわ〜いっ

となること間違いナシ! とにかく圧倒的です! すでに多くの方が来園されています。

昭和記念公園 コスモス レモンブライト

場所は「花の丘」。文字通りの“丘”で、下から見上げたり、上から見下ろしたり。ちなみに通路(導線)は横のみ。縦に階段等はないため、上下の移動はそこそこ歩きますのでご覚悟を。

写真愛好家の方から、彼氏彼女、家族、子供のスナップを撮影する方など、皆さん熱心に写真を撮られていますヨ〜。

そもそも昭和記念公園は、東京ドーム約35個分の広さ(165.3ヘクタール)がある広大な国営公園。ゆったり散策すると1日では日が暮れるほどと、とても広い公園ですなのですが・・・、今回のキバナコスモスは、そんな公園内で間違いなくナンバーワンの見所スポットとなっています!

昭和記念公園 コスモス レモンブライト

時期的にちょうど紅葉が始まる前から鑑賞可能で、見頃終盤を迎えるころには、公園の至るところで紅葉が楽しめる時期であるなど、9月中旬〜10月上旬頃はキバナコスモスをはじめとした、コスモスが主役となっています。

昭和記念公園 コスモス レモンブライト

爽やかな香りに誘われ、ミツバチもブーンと飛んでいたり♪

昭和記念公園 コスモス レモンブライト

エリア内には黄色いゲートのフォトスポットがあったり。それはまるで、“黄色いどこでもドア”状態。週末ともなれば、写真待ちの渋滞も覚悟です。

よーく目をこらすと・・・ポツンと赤いコスモスも♪

昭和記念公園 コスモス レモンブライト

訪れるタイミングにもよりますが、レモンブライトの花畑内に、赤いコスモスが一輪♪ なんだか得した気分です。

ちなみに「花の丘」の北側エリアはまた別のコスモス園となっており、9月下旬〜10月中旬頃は「あかつき」「日の丸」といった品種の薄ピンク色のコスモスがどーんと50万本咲き乱れるそう(9月末開放予定)。タイミングあえば、それらすべてのコスモスを1度で堪能できるかも!?

コスモス畑に 列車が♪

昭和記念公園 コスモス レモンブライト

広すぎる昭和記念公園。園内には「パークトレイン」と呼ぶ4両列車が様々なルートを巡回しており、それを使って移動する方も大勢います(1乗車/310円・乗り放題/520円)。コスモスが咲く「花の丘」もルートに入っており、コスモス畑の目の前を結構頻繁に通過します♪

ちなみにパークトレインの乗り降りは決まった停車場のみ。手を上げても止まりません・・・。

同じ時期、こんな花も楽しめます♪

昭和記念公園 コスモス レモンブライト

園内ではコスモス以外にも、じつに様々な花々を鑑賞可能です。各入り口には「花の情報板」といった掲示板や、「週間みどころMAP」という手作りの開花情報のチラシを配布中です。ぜひそちらをチェックして季節の花をお楽しみあれ。

今回訪れたのは9月下旬。キバナコスモス以外で楽しめるのはコチラです!

【1】サルスベリ

昭和記念公園 コスモス レモンブライト

街中でも見掛けることの多い「サルスベリ」は、ピンク色の花が特徴。木肌がツルツルしており「猿も滑る」ことから「サルスベリ」。判りやすい名前です♪

園内2箇所(立川口先の「触れあい広場」手前、西立川口近くの「ボートハウス」の喫煙所付近)にあります♪

昭和記念公園 コスモス レモンブライト

その独特な花の形は、まるでキクラゲのよう。遠目から見ると派手に咲いていないように見えますが、色付きも良く、かなりキレイですヨ♪ 長く咲くことから「百日紅(ひゃくじつこう)」と呼ばれているそう。

【2】ダリア

昭和記念公園 コスモス レモンブライト

園内のおおよそ中間地点、「レインボープール」の先、「バーベキューガーデン」の脇に、『ダリアの庭』が。ダリアといってもその種類や色はかなり豊富に。写真映えする花がいろいろ楽しめます♪

昭和記念公園 コスモス レモンブライト

秋シーズン(9月〜10月)の園内で、恐らくもっとも華やかな、色とりどり、かつ大きな花が楽しめる「ダリアの庭」。9月下旬の時点ですでに枯れているものもあれば、これから咲き始めそうなつぼみもありと、比較的長く楽しめそう。

【3】ブーケガーデン/原っぱ西花畑

昭和記念公園 コスモス レモンブライト
昭和記念公園 コスモス レモンブライト

品種の多さなら、この「ブーケガーデン」も負けていません♪ 8月中旬〜10月中旬にかけて、通算約30万本の花々が楽しめます。栽培されている品種はオリジナルブレンド品をあわせ、最大19種類。取材時は14品種開花中でした。

昭和記念公園 コスモス レモンブライト

残念ながら、今回訪れた際には満開感のピークは過ぎている印象。花畑が華やぐ見頃は、(天候等で大きく変わりますが)9月上旬付近くらいかもです。

昭和記念公園 コスモス レモンブライト

【4】ヒガンバナ

昭和記念公園 コスモス レモンブライト
昭和記念公園 コスモス レモンブライト

天に向かって花を開き、発色鮮やかな花の色も特徴の「彼岸花/ヒガンバナ」が集まるエリアは、西立川口の東側、「水鳥の池」を縁取る散策路の脇奥に。少し高台にあることもあり、週末でもほぼ人はおらず。穴場かもです!

【5】カシワバアジサイ

昭和記念公園 コスモス レモンブライト

下向き、または横向きに垂れ下がって咲くという北米産のアジサイ。本来の花は白色ですが、シーズンが過ぎると、ご覧のような枯れた状態に。もみの木のたね(!?)のような、見方によってはスズメバチの巣(!?)のような、独特な状態に。

【番外】アレチヌスビトハギ

昭和記念公園 コスモス レモンブライト

彼岸花エリアのすぐ近くには、「アレチヌスビトハギ」と呼ばれる多年草の小さな園が自然発生していました。花びらがとにかくに小さく、大きさは1㎝に満たない程度。よく目をこらさないと見過ごしそう。「荒れ地盗人萩」という名前からも想像付く通り、あまり良いイメージがない、いわゆる雑草です。北米からの外来種で、いまでは日本全国で見られるとか。花が綺麗でしたので、ついでにご紹介。

こんな植物も楽しめます♪

園内は自然が一杯。花だけでなく例えば、こんな植物も楽しめますヨ。

【1】カケノキ

昭和記念公園 コスモス レモンブライト

「モミジバスズカケノキ」「アメリカスズカケノキ」といった、天に向かってグングンと伸びる生命力に富んだ木々は、近くで見ると見入ってしまうはず。「カケノキ」は、街路樹などでも見掛ける品種だそう。

【2】パンパスグラス

昭和記念公園 コスモス レモンブライト

園内中央付近、「ダリア園」の脇にある小高い丘『ハーブの丘』。夏時期はひまわりが咲き誇るこのスポットには、「パンパスグラス」と呼ばれる、巨大なお化けススキが。遠目から見ると、あれはなに!? と、その異様ともいえる光景にきっとアナタも釘付けになるはず。

昭和記念公園といえば・・・ やっぱりコレ!

【3】イチョウ

昭和記念公園 コスモス レモンブライト
昭和記念公園 コスモス レモンブライト

昭和記念公園はイチョウ並木の凄さでも知られていますが、9月中旬〜下旬は木々に「銀杏」が大量に実っています♪ 臭いが独特なので好き嫌いがありそうですが、見映えはアッパレ。10月中旬頃からの紅葉シーズンも楽しみです! とくに凄いのは立川口のメイン通りです。

昭和記念公園 コスモス レモンブライト

9月中旬以降はご覧の通り銀杏が、ボトボトと道に落ちていますので、足元ご注意を。道を覆うオレンジの見えるモノは落ち葉ではありません。すべて銀杏です!

レポートまとめ♪

昭和記念公園 コスモス レモンブライト

●丘を埋め尽くす圧巻の光景
●栽培コスモスは400万本超え!
●「砂川口」ゲートが近いです!
●公園内はそのほかにも花々多数あり

いかがでしょう!? この時期にしか干渉できない、コスモスの花畑。その凄さは写真で見るより遙かにスゴイ。スゴすぎて、感覚が麻痺するほどですヨぉ。

昭和記念公園 コスモス レモンブライト

ちなみに園内は撮影自体は問題ありませんが、来場者が密集する恐れの高いメジャースポットは一律三脚利用禁止です。ご注意くださいませ。

園内にある「日本庭園」にも行こう!

この記事を書いた人

山さん

山さん

娘と一緒にハイキングや登山を楽しむ日を待ち望む、ただの編集者。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

山さん

山さん

娘と一緒にハイキングや登山を楽しむ日を待ち望む、ただの編集者。

お出かけ関連の特集記事ランキング

噂のスリムボトル記事へのバナー
ムーミン記事へ
アウトドアジャパンデイ記事へ
情報募集中へ
アウトドア用語集へ
特集記事の番外編へ

スポンサーリンク