2021.10.27

新型コロナウイルスの影響で掲載中のイベントが中止になっている場合がございます。開催の有無については各イベントの公式サイトなどでご確認ください。ご面倒をおかけしますがよろしくお願いいたします。

特集記事

山さん
文・写真: 山さん
2021.09.20

『サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史』 サンリオの魅力再認識させてくれる、貴重な原画・資料・グッズがワンサカ!

サンリオ展 東京シティビュー 六本木

日本が世界に誇る“カワイイ”文化。その象徴とも呼べるキャラクターを数多く手掛け続けるサンリオが60周年を迎えたことを記念し、その魅力、偉業を多角的に振り返る注目の企画展『サンリオ展』がいよいよスタート!

*掲載内容は2021年9月16日開催の内覧会時点の情報で、内容を保証するものではありません。
*掲載写真はすべて編集部による。

EVENT DATA

『サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史』

おひとり大歓迎
撮影OK(スチールのみ)
音声ガイドあり
物販あり

●所在地東京シティビュー(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52F)
●開催時間10:00〜20:00(入館は19:30まで)
●入館料【詳細は公式サイトへ】https://www.tokyocityview.com/sanrio-museum-ex/#ticket
●会期2021年9月17日(金)〜2022年1月10日(月)
●休催日会期中無休
●最寄り駅日比谷線「六本木駅」1C出口 徒歩3分(コンコースにて直結)
●公式サイトhttps://www.tokyocityview.com/sanrio-museum-ex/

© 2021 SANRIO CO., LTD. APPROVAL NO. SP610376

『サンリオ展』とは!?

サンリオ展 東京シティビュー 六本木

これまで生み出しされたキャラクターは、なんと450種類以上。「カワイイ」文化を日本のみならず、世界へ発信し続けているサンリオの歴史はカワイイの歴史。カワイイノ歴史はサンリオの歴史といっても過言でないほどデス!

今展覧会では、2020年に創業から60年を迎えたサンリオ(https://www.sanrio.co.jp)の、過去・現在・未来をテーマ別にフォーカスし、サンリオが確立した「カワイイ」文化を振り返る回顧展的要素を含んだ注目のイベント。

サンリオ展 東京シティビュー 六本木

会場では「カワイイ」を生み出すまでの苦労話などを、貴重なグッズや資料と一緒に、6エリアに分けプレイバック。サンリオを語るうえで欠かせない、個性豊かなキャラクター紹介のほか、当時を知る人には懐かしく、知らない人にとっては新鮮な発見と驚きがある「あのこと・このこと」を、ビジュアルと共に振り返ります♪

“心の満足を与える”を企業理念とするサンリオを、幅広い観点から探るイベントです!

サンリオ展 東京シティビュー 六本木

会場ではコーナー別に、「カワイイ」を生んだ様々なエピソードをはじめ、いまでは手に入らない貴重なグッズなどが多数展示。

サンリオ展 東京シティビュー 六本木

サンリオを語るうえで欠かせない、時代を作ったキャラクターを個別に紹介するコーナーも。

サンリオ展 東京シティビュー 六本木
サンリオ展 東京シティビュー 六本木

門外不出!? 感全開の、貴重すぎる設定資料や原画も複数あります!

サンリオ展 東京シティビュー 六本木

会場には発売当時大きな話題を集めた、ファン必見のグッズも複数。

サンリオ展 東京シティビュー 六本木

立体オブジェも複数。館内は写真撮影のみ許可されていますので、ぜひ記念にどーぞ。

この展覧会はキャラバンイベント。すでに名古屋や大分での開催を終え、満を持して東京に上陸です! 東京会場のあとは、新潟、福岡、宮崎など、順に巡る予定と、全国で開催されるそう(最新スケジュール等は、展覧会総合サイトへ https://sanriocharactermuseum.com)。

音声ガイドもぜひ!

サンリオ展 東京シティビュー 六本木
サンリオ展 東京シティビュー 六本木

音声ガイドは1台600円/30分。ナビゲーターはサンリオとも縁が深いという人気声優・蒼井翔太さんと、TBSアナウンサー・山本里菜さん。ガイド機はガラケー風となっており、耳に本体を直接あて聞くタイプ。ストラップはもちろんサンリオキャラクターズ。複数あり、どれが貸し出されるかは運次第。・・・選べません(泣)。

会場の様子を一部ご紹介!

会場は「東京シティビュー」の一部を縁取るように回るタイプで、導線もあるものの、一方通行ではなく、混雑している場所を後回しにするなど、自由に行き来してOKとのことです。気になる場所からどーぞ♪

いきなり どーんとお出迎え♪

サンリオ展 東京シティビュー 六本木

会場に入ると真っ先に目に飛び込んでくるのが「Unforgettable tower(アンフォゲッタブル・カバー)」というオブジェ。原宿KAWAIIカルチャーの第一人者であるアートディレクター、アーティスト、プロデューサーとして幅広く活躍されている「増田セバスチャン」さんによるシンボリックアート。

サンリオキャラクターのぬいぐるみを、な、なんと4000体も使って製作されたもので、東京会場展示にあわせ、ボリュームアップさせたほか、ライティングの装着もプラス。高層タワーの夜景と一緒に、夜も楽しめます♪

サンリオ展 東京シティビュー 六本木

内覧会には、特別にキティちゃんも遊びに来てくれました♪ 黒×色ドレスはとくに意味はないそうです。

*会期中にキティちゃんの来展はありません。

【ゾーン1】 カワイイのはじまり

サンリオ展 東京シティビュー 六本木

サンリオは(前身の会社を含め)1960年創業。まずはサンリオの成り立ちや特色、創業当時から続くポリシーのほか、現在まで続くサンリオ文化の基礎を探ります♪ 貴重すぎる当時のグッズや原画がいきなり続々と! デザインができるまでの過程説明など、興味深い内容が盛りだくさん。

ちなみにサンリオが「山梨シルクセンター」というグッズメーカーと、「サンリオグリーティング」というグリーティングカードの2社が合併してできた会社ということ、ご存じですか!? 会場では両者の特徴や創業時の苦労話などを知ることができます。

サンリオ展 東京シティビュー 六本木
初期のヒット商品「いちごシリーズ」。“サンリオといえばいちご” そんなイメージを持つ方も多いのでは!?
サンリオ展 東京シティビュー 六本木

創業当時は人気イラストレーターの作品をベースにグッズを展開していたそうですが、それが商品化を前提に画かれたものでないことから、自社のオリジナルキャラクターでの展開を模索したというサンリオ。ご覧の「Love Collection」にある独特なタッチなど、現在まで続くサンリオらしさをすでに感じとることができるはず。

サンリオ展 東京シティビュー 六本木

1974年に誕生したヒットキャラクター「パティ&ジミー」。サンリオキャラクターには、キャラクター個々の性格などが細かく設定されていますが、その走りとなった作品。すべてはクリエイターさんの強い感情移入からはじまったそう。当時はすべて手書き。時代を感じさせる資料をぜひ間近でお確かめを。

サンリオ展 東京シティビュー 六本木

1975年はサンリオの歴史を語るうえで欠かせない年。キキ&ララの「リトルツインスターズ」と「マイメロディ」(写真)が誕生。驚くべきは両キャラクターを描いたクリエイターが同じ方であること。社内コンペに2つ応募し、2つともに採用されたんだとか!

サンリオには 出版部門も♪

サンリオ展 東京シティビュー 六本木
サンリオ展 東京シティビュー 六本木

サンリオは出版にも力を入れており、1976年には「リリカ(LYRICA)」と呼ぶコミック雑誌を創刊。出版第一号は詩集「愛する歌」。作者はアンパンマンで知られる「やなせたかし」さん。「詩とメルヘン」など、当時を知る方には懐かしい出版物の展示もあります。

【ゾーン2】 サンリオのキャラクター

サンリオ展 東京シティビュー 六本木
サンリオ展 東京シティビュー 六本木

サンリオといえばキャラクター。幅広い世代から支持され続ける多くのキャラクターを一部個別に抜粋し紹介するコーナー。各キャラクターの背景も垣間見ることができます。

サンリオ展 東京シティビュー 六本木
サンリオ展 東京シティビュー 六本木

450以上といわれるキャラクターのなかからサンリオを語るうえで欠かせない主要キャラを抜粋。当時モノ貴重な資料、ぜひ目をこらして見て下さい♪

【ゾーン3】 ソーシャルコミュニケーションビジネス

サンリオ展 東京シティビュー 六本木
サンリオ展 東京シティビュー 六本木

サンリオとユーザーをつなげる術の1つである「グッズ」や、機関紙「いちご新聞」、さらに足げなく通った方も多いはずの「サンリオショップ」といった、サンリオを知るうえで欠かせない要素を集中紹介。

サンリオ展 東京シティビュー 六本木

本コーナー最大の目玉が、巨大キティちゃん。ぬいぐるみかと思いきや、なんとバルーン。記念撮影をどーぞ。2mは軽く越えています。

壮観♪ いちご新聞

サンリオ展 東京シティビュー 六本木

「いちご新聞」がずらーり。サンリオキャラクターやグッズ情報などをお届けする機関紙は1975年4月創刊。過去の表紙を並べた思わず「おおお〜」な展示も。知っている表紙もきっとあるはず! ちなみに、この対面には「いちご新聞」の特設コーナーも。ファンには有名なスヌーピーが描かれた、貴重な創刊号もあります!

注目の プレミアムマスコットも♪

サンリオ展 東京シティビュー 六本木

サンリオショップでお買い物するともらえるオマケである「プレミアムマスコット」のコレクション集も♪ サービス開始は1975年と、なんと45年以上も前にスタート!

【ゾーン4】 ハローキティストーリー

サンリオ展 東京シティビュー 六本木

サンリオキャラクターで最大人気ともいえる「ハローキティ」の特設展示も。ハローキティのキャラクターの設定やグッズのほか、なんと米国サンリオ誕生35周年記念イベントで、あのレディ・ガガが着用された衣装(レプリカ)展示も!

記念すべき 第1号グッズ!

サンリオ展 東京シティビュー 六本木

「ハローキティ」の人気に火を付けた第1号がこの「プチパース」(もちろん当時モノ)。1974年発売当時、ほかのキャラとあわせ5種類製作したそうですが、ハローキティだけが突出して好評だったことから晴れて独立したそう。

ハローキティ 全解剖♪

サンリオ展 東京シティビュー 六本木

思わず見入ってしまう、ハローキティの設定案内板。本名から血液型、細かいサイズまで、誰かに話したくなる情報が! これは会場でご確認いただきたいため、ぼかし処理を入れさせて頂きました。

【ゾーン5】 キャラクター×アート

サンリオ展 東京シティビュー 六本木

アート界の第一線で活躍されている気鋭アーティストが、今展示会のためにオリジナル作品を製作。サンリオキャラクターたちを使い、独自視点で仕上げた作品をお楽しみあれ。

サンリオ展 東京シティビュー 六本木

「マイメロディの面影」中臣 一さん

サンリオ展 東京シティビュー 六本木

「脱皮するキティ」「空飛ぶいちごの王さま」森 貴也さん

【ゾーン6】 カワイイがつくる未来

サンリオ展 東京シティビュー 六本木
サンリオ展 東京シティビュー 六本木

最終エリアはサンリオからのメッセージ紹介。マイメロディの巨大なオブジェや、お気に入りキャラのボード前でぜひ写真撮影を。

場所は展望台。景色も壮観!

サンリオ展 東京シティビュー 六本木
サンリオ展 東京シティビュー 六本木

展示室を取り囲むように、展望台の外周を回ることが可能となっており、晴れた日にはぜひ外の景色もお楽しみあれ。

ショップもチカラ入ってます♪

ミュージアムショップも充実の品揃え。取り扱い総数は数百種。うち展覧会オリジナルグッズは100品種以上! 東京会場から追加されたグッズもあるそうです。

*ショップ利用は展覧会利用者のみに限定されます。

会場外にも 一部グッズ販売あり!

サンリオ展 東京シティビュー 六本木

会場ゲート出た先にはある、東京シティビューのショップでは、増田セバスチャンさんがプロデュースした、原宿にあった「KAWAII モンスターカフェ」とのオリジナルコラボグッズを一部取り扱い中。そちらもぜひ覗いて下さい。

*施設側のショップは、展覧会の利用なく利用可能ですが、展望台に上がる利用用が別途必要とのこと。

コラボメニューの提供も♪

サンリオ展 東京シティビュー 六本木
サンリオ展 東京シティビュー 六本木

会場と同じフロアにあるレストラン&カフェ「THE SUN & THE MOON」では、東京会場だけでしか食せないコラボメニューを楽しめます♪

詳細はコチラへ https://www.tokyocityview.com/sanrio-museum-ex/#cafe

サンリオ展 東京シティビュー 六本木

メニュー注文ごとにオリジナルコースターが1枚付いてきます(ランダム配布)。

レポートまとめ♪

サンリオ展 東京シティビュー 六本木

●サンリオの歴史が判るマニアに嬉しい企画展
●貴重な資料、原画も複数
●写真撮影OK! フォトスポットも複数
●グッズ販売も充実

いかがでしょう!? サンリオのカワイイ文化を順番に紐解いていく、じつに今日深い内容で、往年のファンには懐かしく、最近のファンには新しい発見が。展覧会の性質上、幼児や小学生など、キッズにはやや退屈かもしれません。大人の展覧会としてお楽しみを!

この記事を書いた人

山さん

山さん

娘と一緒にハイキングや登山を楽しむ日を待ち望む、ただの編集者。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

山さん

山さん

娘と一緒にハイキングや登山を楽しむ日を待ち望む、ただの編集者。

お出かけ関連の特集記事ランキング

噂のスリムボトル記事へのバナー
ムーミン記事へ
アウトドアジャパンデイ記事へ
情報募集中へ
アウトドア用語集へ
特集記事の番外編へ

スポンサーリンク