特集記事

feature articles

OSOTOIKO SPOT RePORTS

 オソトイコ編集部のレジャースポット取材報告

2019.07.06
山さん
文・写真: 山さん

今年もやってきました! 見て・触れて・学べる体験ショー「恐竜どうぶつ園2019」(7/13〜8/25)。プレイベントの様子をチラリポ!!

この写真は恐竜どうぶつ園プレイベントの様子。出演者記念撮影 この写真は恐竜どうぶつ園プレイベントの様子。幼稚園児賑わう様子

世界各国で開催されているファミリー向け恐竜イベントとして、日本でも過去3年で累計20万人以上の観客を動員している「恐竜どうぶつ園」が今年も日本に上陸! 超絶リアルな恐竜パペットを使った圧巻のパフォーマンスが話題となっているイベントですが、今回は7月13日(土)を皮切りに、8月25日(日)まで全国25箇所で公演予定(うち関東4県は12箇所)! 今回は、そんな注目イベントの記者発表会となるプレイベントにおじゃま。その模様をチラッとリポートしちゃいます!

*掲載内容は2019年7月5日時点での情報で、内容を保証するものではありません。
*掲載写真はすべて編集部による。

この写真は恐竜どうぶつ園プレイベントの様子。出演恐竜

EVENT  DATA

恐竜どうぶつ園

子供大歓迎
体験あり
学びあり
アクセス便利

開催場所全国25箇所(うち関東4県はうち東京×5、神奈川×2、埼玉×3、千葉×2の12箇所)
観賞料全席指定3000円、2歳以下膝上観賞無料
上映開始時間開催会場による(上映は60分/休憩なし)
公式サイトhttp://www.dinosaurzoo.jp/

この写真は恐竜どうぶつ園プレイベントの様子。恐竜赤ちゃんを触る幼稚園児

 

「恐竜どうぶつ園」とは!?

オーストラリアで誕生した、見て、触れて、学べる、体験型の恐竜パペット(人形)ショー。イギリス、アメリカ、中国など、世界各地で上演されるなど、世界的な知名度と実績を誇るイベントです。日本でも2016年から毎年夏に開催。最大の話題は、その再現力さ。キャストが操る恐竜のパペットは本物そのもの。大人も驚くほどに超リアルなんです。このイベントは単純に観賞するだけでなく、来場者が実際にステージに上がって恐竜に触れたり、知られざる生態の解説を受けたり、なんと餌やり(!)したり。ほかでは絶対味わえない体験ができるんです♪

この写真は恐竜どうぶつ園プレイベントの様子。出演者の記念撮影

 

プレイベントには恐竜も出演!

今回のイベントでは大小様々な恐竜が出演予定で、その数は7〜8体。誰もが知るティラノサウルスや子供ほどの大きさの恐竜、さらに恐竜時代以前に生息していたとされる1mを越えるネガネウラという巨大昆虫など、いろいろな恐竜&生物が、ときにステージ上でときにステージを降りて観客の皆さんを賑わせてくれるとのこと!

今回の記者向けのプレイベントは会場の都合等もあり、紹介された恐竜はほんの一部のみでしたが、肉食系のティラノサウルスや草食系のドリオサウルスの「赤ちゃん」恐竜も登場。プレイベントにあわせて遊びに来ていた幼稚園児も大興奮。みんな興味津々になでたりしてました。

この写真は恐竜どうぶつ園プレイベントの様子。恐竜赤ちゃんをなでる幼稚園児
【↑】間近で見ても驚くほどにリアルなパペット。本体は、基本的に本革製とのことですが、瞬きしたり口を開けたりと、それがパペットであることを忘れるほど。こんな体験が会場で出来るんです♪ イベントではこの2体のほかに、トリケラトプスの赤ちゃん恐竜の登場も予定されているとか。

 

今回の目玉はフクイラプトル!

毎回様々な恐竜たちで湧かせてくれるこのイベントですが、今回の話題は、肉食恐竜として日本ではじめて全身骨格が復元されたことで知られる福井県産(!?)の「フクイラプトル」が登場すること! 登場するや、幼稚園児は大興奮。「予想以上に興奮してもらえたので、良かったです♪」とスタッフさん。ゆったり、のっさり歩く様は、臨場感たっぷり。しっかり吠える(?)、うめく(?)んですヨ!!

この写真は恐竜どうぶつ園プレイベントの様子。恐竜登場の様子
【↑】赤ちゃん恐竜のときは「カワイイ〜」など、キャッキャしていた幼稚園児でしたが、フクイラプトルが登場すると、「ギャー」「キャー」「ワー」と逃げ回る子や泣き出す子も続出と、大興奮。現実世界では味わえないリアルさに、圧倒されたみたいです♪
この写真は恐竜どうぶつ園プレイベントの様子。恐竜のご挨拶の様子
【↑】恐竜によっては、腕だけでなくスタッフがパペット内に入ってパフォーマンス。あまりの大きさゆえ、首から先だけという恐竜も登場するそうです。
この写真は恐竜どうぶつ園プレイベントの様子。出演恐竜のあまた拡大
【↑】気になるのは恐竜の表皮の色や模様ですが、それはあくまでも創造。色についての研究が進み以前よりは判り始めているとのことですが、未知数な部分が多いとか。今回の「黄色×黒」のボディカラーは、“肉食系=危険”という意味をハチの色にかけて創造してみたとのこと。こんなウンチクが聞けるのも、イベントの醍醐味なんです!

 

 

プレイベント限定企画として、「恐竜くん」によるクイズ大会も!

実際の公演には参加されないとのことですが、プレイベントには日本を代表する恐竜のサイエンスコミュニケーターであり、雑誌やTV等でもお馴染みの「恐竜くん」も参加。幼稚園児を前に、「恐竜ってどんな大きさなの!?」「噛むチカラはどんなもの!? 」など、クイズを出題してくれました。

この写真は恐竜どうぶつ園プレイベントの様子。恐竜くんのトーク
【↑】博識を活かした様々なコネタを披露してくださった「恐竜くん」は、今イベントのサポーター。ちなみに「サウルス」は男性名詞、「サウラ」は女性名詞だってこと、知ってました!? 大人も勉強になります!

百聞は一見にしかず!
大人も楽しめる夏休みイベント

ぜひご家族でお楽しみくださいマセ!

この写真は恐竜どうぶつ園プレイベントの様子。出演恐竜

東京・神奈川・埼玉・千葉公演のスケジュールは!?

7月13日(土)  さいたま市民会館おおみや(埼玉県)
7月14日(日)  厚木市文化会館(神奈川県)
7月15日(月)  日立市民会館 ホール(茨城県)
7月17日(水)〜20日(土)  日本青年館ホール(東京都)
7月21日(日)  小平市民文化会館 大ホール(東京都)
7月26日(金)  横浜関内ホール(神奈川県)
7月27日(土)  町田市民ホール(東京都)
7月28日(日)  ギャラクシティ 西新井文化ホール(東京都)
7月31日(水)  市原市市民会館 大ホール(千葉県)
8月1日(木)   坂戸市文化会館 大ホール(埼玉県)
8月2日(金)   草加市文化会館 ホール(埼玉県)
8月3日(土)   市川市文化会館(千葉県)
8月4日(日)   かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール(東京都)

 

コチラの記事もどーぞ♪

埼玉を皮切りに、全国25箇所をキャラバンする夏休みの目玉イベント「恐竜どうぶつ園」、今年も開催デス!

 

この記事を書いた人

山さん

山さん

ここ1〜2年、自然に対し異様に親近感をおぼえる不肖の編集者。5歳の娘と一緒に、ハイキングや登山を楽しめる日を待ち望む日々。

常設スポット特集ページへのバナー
スタンプラリー特集ページへのバナー
デカ盛りに挑戦ページへのバナー
ムーミンバレーパーク記事へのバナー
アウトドアジャパンデイ特集記事へのバナー
情報募集中ページへのバナー
アウトドア用語集へのバナー
特集記事の番外編へ

最近みんなが気になっているお出かけ情報ランキング