2020.12.06

新型コロナウイルスの影響で掲載中のイベントが中止になっている場合がございます。開催の有無については各イベントの公式サイトなどでご確認ください。ご面倒をおかけしますがよろしくお願いいたします。

特集記事

山さん
文・写真: 山さん
2020.10.22

『アールセレクト』 1度行けばきっとハマる! 行かぬは損! ご当地インスタント袋麺が専門店が亀戸に♪

亀戸 Rセレクト亀戸 Rセレクト亀戸 Rセレクト

 

カップラーメンと並ぶ、日本人の国民食ともいえるインスタント袋麺。きっとアナタも何度も食べたこと、あるハズですよね! 最近はテレワークの定着もあり、前年比売り上げ119.9%と安定した人気を獲得中なんですが、そんな袋麺にもその土地だけの“ご当地”麵があること、ご存じですか!? 亀戸にある「アールセレクト」は、そんなご当地袋麺を扱うセレクトショップ。チマタのスーパーはもちろん、都心によくある“〇〇県のアンテナショップ”でも扱っていないレア系まで、いろんな袋麺が買え、食せるスポットなんです!

 

*掲載内容は2020年10月中旬時点のもので、内容を保証するものではありません。
*掲載写真はすべて編集部による。

 
 

 
亀戸 Rセレクト亀戸 Rセレクト

 

SPOT DATA

R select/アールセレクト

イートインOK
子供大歓迎
親子大歓迎
お一人様大歓迎
物販あり
専用トイレあり

場所東京都江東区亀戸5-10-1 亀戸ロイヤル2F
最寄り駅JR総武線「亀戸駅」から徒歩3分
営業時間19:00~23:00
電話番号03-6206-8348
休館日土日祝

亀戸 Rセレクト 亀戸 Rセレクト

 

 

「アールセレクト」とは!?

亀戸 Rセレクト

オーナー自ら実際に食し、本当に“ウマイ!”と思ったモノだけを厳選して販売している、インスタント袋麺の専門店。
 
思わず「そ、それどこで!?」と聞きたくなる珍しい袋麺を、東京にいながら手に入れることができるスポットで、お気に入りの袋麺を買って持ち帰る「物販」だけでなく、追加料金を支払えば店内で「イートイン」することもできるんです。
 
イートインでは、スタッフ厳選の地酒やクラフトビールなどと一緒に楽しむことも。会社帰りの地元サラリーマンやOLさんなどから大好評なんだとか。
 
そもそも店舗は、駅から数分の雑居ビル中という珍しい場所に。ちょっとした隠れ家的スポットとしても注目されているんです。
 
ちなみにアールセレクトは、袋麺以外の販売も。クリエイター提携によるアクセサリーや、なんとプロテインといった意外な物販も。そちらも併せてご注目ください!
 
亀戸 Rセレクト 亀戸 Rセレクト

【↑】店舗は駅チカ。JR「亀戸駅」北口を出て直進し、すぐ右折。ジョナサンが見えたら左折。その先にあるビルの2Fです!

 
亀戸 Rセレクト

【↑】広さは約20平米。ワンルームくらいの大きさとコンパクト。店内は、木目を活かすなど、開放感のあるリゾート風な雰囲気。店内の装飾等はすべてスタッフさん自ら行ったそう。

 
亀戸 Rセレクト

【↑】カウンターはなく、座席はすべてテーブル席。その数4。座席は約10席とのこと。

 

 
 

それでは早速見所をご案内!

 

ポイント/1  【インスタント袋麺・販売】

最大のポイントは、全国各地の“ご当地”インスタント袋麺が手に入ること!
 
実際に食しおいしいと思ったモノや、ユニークなパッケージのモノを厳選。時期や人気により内容が変わることもあるそうですが、常時40種類くらい扱っています。
 
壁一面に陳列された袋麺は、どれも見たこと、聞いたことのないモノばかり。味優先で買ってもヨシ、パッケージ優先でもヨシ。ユニークな袋麺ばかりということもあり、複数買っていく方も珍しくないそう。過去には20袋くらいまとめ買いされた方もいらっしゃったそう♪
 
亀戸 Rセレクト 亀戸 Rセレクト

【↑】ネーミングはもちろん、パッケージを眺めているだけでも楽しいご当地麵袋麺がズラリ。

 

1つ、おいくら!?

モノにより価格差があるものの、おおよそ280円〜400円

人気袋麺では、1000食以上も販売しているものもあるそう。

 

迷ったときには! 魅力的な袋麺の多さに迷う方もきっと多いはずですが、そんなときは店内に掲げられている月間販売ランキングを参考にしては!? 亀戸 Rセレクト

 

 
 

ポイント/2  【イートイン】

気になった袋麺を、その場で食べる“イートイン”サービスもあり、こちらも人気とか。
 
イートインは、1杯につき追加料金+200円
 
各種トッピングも充実しており、いろいろ載せて楽しんでください♪
 
亀戸 Rセレクト亀戸 Rセレクト
今回実際に作っていただいたのは「千葉県産 はまぐりだし 塩ラーメン」(318円)。今回はトッピングとして「4種のせ+煮卵変更」(+200円)を選択。イートイン代含め、おおよそ700円ちょいです!
 

亀戸 Rセレクト

【↑】トッピングも充実。お好みでいろいろ追加できるんですが、驚きべきはその価格。どれも安い! オススメは断然4種のせです!

 

亀戸 Rセレクト

【↑】店内奥にキッチンがあり、イートインをオーダーするとスタッフさんが調理してくれます。食べ始めがベストとなる、ちょうどいい硬さのタイミングで提供してくれます♪ 熟練のスタッフさんのなかには、売れ筋袋麺のゆで時間が体に染みついている方も(!)。

 

スタッフさんに聞きました! ズバリ、オススメは!? 

季節や天候などにも左右されるものの、迷った方にオススメしたい袋麺をセレクトしていただきました!
 
それがコチラ!

 
亀戸 Rセレクト
【屋久島 あごだし豚骨ラーメン】357円
豚骨ならではの濃厚さにさば節の風味が加わった、ヤミツキになる味!
 
亀戸 Rセレクト
【喜多方 担々麺】273円
麵のおいしさ、味の濃さ、風味、どれも絶品。担々麺苦手な方にもぜひ!
 
亀戸 Rセレクト
【千葉県産 はまぐりだし 塩ラーメン】318円
さっぱりとした味わいが自慢のだしが効いた塩ラーメン。風味が絶妙♪
 
亀戸 Rセレクト
【しじみラーメン】245円
思わずパケ買いしたくなるデザインにも惹かれるものの、味も抜群。アルコールを楽しんだあとの、シメの一杯としてぜひ!

 

 
 

ポイント/3  【地酒】

アールセレクトでは、イートインに限り、地酒など、各種アルコールも楽しめます! スタッフさんが厳選した地酒が常時約10銘柄ほど用意しているほか、クラフトビールや梅酒、甘酒といったものも。コーヒーなどもあります! 「亀戸うめハイボール」という地域限定のアルコールも楽しめますヨ。

 

亀戸 Rセレクト

【↑】写真はイメージ・具体的銘柄はお店でご確認を。

 
亀戸 Rセレクト

 
 

ポイント/4  【そのほか物販】

店内にはメインとなるインスタント袋麺のほかに、クリエイターさんに場所を提供し販売するハンドメイドアクセサリー(約20種類/1500円〜)や、アールセレクトオリジナルのプロテイン(6000円〜)といった物販もあります!

亀戸 Rセレクト亀戸 Rセレクト

 

じつはこんなサービスも!
店内を「レンタルスペース」として貸し出すサービスも並行しておこなっており、仲間とのパーティなどで、自由に使うことも。食材持ち込みOKで、調理器具や食器などの貸し出しも受けられるそう。備品としてTVゲームなどもあるので、仲間とワイワイ楽しめます! その際、インスタント袋麺も販売可能。いろいろな味を楽しんでは!?「日本酒会」「近畿会」「沖縄会」といった各種イベントを通じた、交流の場ともなっているそうデス!
 
【レンタルスペース利用】
●利用料/3000円(1時間)・利用は2時間から
●最大収容人数・約20人
亀戸 Rセレクト

 


 
 

豆知識

【なぜこの営業時間なの!?】

多くの方が疑問に思われたはずの、“19:00〜23:00”という営業時間。お伺いしたところ、お店が路面店ではなくビル内にあることや、日中あまり人が訪れないエリアにあることから、もっとも人通りが多くなる19:00〜と割りきって営業しているそう。平日営業ということもあり、タイミング的に難しいかもしれませんが、「お子さんずれ、ご家族の来店、ウエルカムですヨ!」とのことです!

 

【トイレは!?】

トイレは店内にはありませんが、お店奥から行ける専用エリアに、お店専用のトイレが完備されています!

 

【通販は!?】

現在おこなっていませんが。11月下旬頃にECサイトを立ち上げる計画があるそう。

 

【支払いは!?】

現金、カード、交通系IC、〇〇pay系と、幅広く利用可能です。

 

【月替わりキャンペーンも!】

例えば「〇〇周年記念」「ハロウィン記念」「バレンタイン記念」など、毎月期間限定でなにかしらのキャンペーンを実施しているとのこと。普段よりお得に利用できます!

 

【エレベーターも!】

場所はビル2階。階段だけでなく、エレベーターも完備されています!

 

 

 

今回のレポートのまとめ

亀戸 Rセレクト

●珍しすぎる絶品袋麺が手に入る!
●その場で袋麺を食べることも!
●イートインならアルコールも
●レンタルスペースとしても利用可能
●ご縁が広がる各種イベントも開催

 

いかがでしょう!? 亀戸駅からすぐの好立地に、こんな珍しいお店があるなんて。百聞は一見にしかず。袋麺は人気や傾向などにあわせ適時取り扱い商品が変わるそうなので、コマメに除くと新しい出会いがきっとあるはずです! 会社帰りにもぜひ♪

 

亀戸 Rセレクト
【↑】ビル前の、この看板が目印♪

 

 

 

この記事を書いた人

山さん

山さん

娘と一緒にハイキングや登山を楽しむ日を待ち望む、ただの編集者。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

山さん

山さん

娘と一緒にハイキングや登山を楽しむ日を待ち望む、ただの編集者。

人気の特集記事

スポンサーリンク