2024.06.13

特集記事

文・写真: 山さん
2024.01.07

【フロマージュ・デュ・テロワール】何度も通いたくなる、本格自家製ナチュラルチーズのお店が青梅に!

フロマージュ・デュ・テロワール店外

東京・多摩エリアの気になるお店やスポットを紹介する連載企画第4弾は、青梅&近郊の土地に根ざした素材を使った、こだわりのナチュラルチーズを提供する『フロマージュ・デュ・テロワール』をご紹介! チーズファン必見の工房を構える直販店です!

*掲載内容は2023年12月上旬時点の情報で、内容を保証するものではありません。

*掲載写真はすべて編集部による。

スポット概要

『フロマージュ・デュ・テロワール』

テイクアウトのみ
ウェブ通販あり
駐車場あり

所在地東京都青梅市友田町2-677-102
販売日水曜・金曜・日曜 *モッツァレラのみ基本隔週火曜
販売時間13:00~17:00 *モッツァレラ販売日は15:00~17:00
駐車場4台分あり
最寄り駅JR青梅線「小作駅」より徒歩15分
公式サイトhttps://www.fromagesduterroir.jp

【フロマージュ・デュ・テロワール】とは!?

フロマージュ・デュ・テロワール店外

店頭にある乳牛の巨大オブジェが目印デス♪ “ともちゃん”というニックネームあり♪

奥多摩の山々を背にした都心の喧騒を忘れさせる自然豊かな好立地に位置する、“直販店を兼ねた手作りチーズ工房”です!

ミルクを原料とするチーズは生活に広く浸透したメジャーフードですが、スーパーなどで流通するチーズの多くは「プロセスチーズ」と呼ばれるもの。保存性を高めるため加熱処理で乳酸菌等を死滅させ、熟成が進まないよう調整したものですが、『フロマージュ・デュ・テロワール』が手掛けるのは「ナチュラルチーズ」と呼ばれるジャンル。

「プロセスチーズ」の対極をなす「ナチュラルチューズ」は、加熱殺菌処理を行わず、チーズのなかで乳酸菌などが生き続けているチーズ。時間とともに熟成が進み状態が少しずつ変化するため、「プロセス」に比べ日持ちがしませんが、「プロセス」では味わえない風味を楽しめるとして人気です。“ワインにあう”チーズ、より本格的なチーズといえば、なんとなく判るのでは!?

今回紹介する『フロマージュ・デュ・テロワール』は、そんな「ナチュラルチーズ」を自ら作り販売する工房兼お店です。特徴はいろいろありますが、まずこだわっているのが、土地に根ざしたチーズ作りを行っていること。チーズ作りに欠かせない「ミルク」「乳酸菌」「塩」といった原料を、極力地元である青梅(または近郊)から調達しているんです。

フロマージュ・デュ・テロワール看板

その思いは店名にダイレクトに現れており、『フロマージュ・デュ・テロワール』とは「その土地テロワール」「デュ」「チーズフロマージュ」というフランス語なんですヨ♪

お店の隣に工房を構えており、1週間で使うミルクの量はなんと80㎏にも及ぶそう。製造時間確保等の兼ね合いもあり、工房隣の直販所での販売は「水・金・日」*の一定時間に限定されるものの、販売日にはリピーターやチーズファンが訪れる、東京でも指折りのショップです!

*「モッツァレラ」のみ隔週火曜日販売

フロマージュ・デュ・テロワール営業時間ボード

何気なしにお店へ行くと、「や、休みだった・・・(汗)」ということもありえます。営業日時の確認は怠りなく!

『フロマージュ・デュ・テロワール』が作るチーズの味は業界でも有名。日本のチーズコンクールで金賞を受賞した経験があるほか、食材にうるさい都内の某レストランにも商品を卸すなど、舌の肥えたプロにも認められているんです♪

フランス仕込みの本格チーズ♪

工房兼お店を切り盛りするのは、代表の鶴見和子さんです!

自身のブランドを立ち上げるまでのヒストリーもじつに興味深いため少しご紹介すると、チーズを扱っているお店で働き始めたことが、チーズに目覚めたきっかけだったそう。

日々チーズに触れるうち「もっとチーズを知りたい」と思うようになった鶴見さんは、世界有数のチーズ大国であるフランスへ単身渡仏。フランスにある乳製品専門学校で3年間チーズ漬けの日々を送り、チーズのあらゆることをみっちりと吸収したうえ帰国されました。日本にチーズをしっかりと学べる学校がなかったことも、渡仏を決意させる理由だったそうですが、すごい行動力とチーズ愛ですよね! 

起業したのは2014年7月(店舗オープンは同年10月)。「青梅」を選んだのは、実家があったことや、生乳を手に入れやすい環境にあったことが決め手。チーズの原料となるミルクは、地元青梅と近隣の瑞穂町から調達しており、通年確保できる牛のミルクだけでなく、5月〜10月の一定期間に限り、ヤギのミルクを使ったチーズも製造・販売しているんです。

フロマージュ・デュ・テロワール看板

ヤギはミルクがとれる搾乳期間が牛より短く、1頭からとれる量も少ないため、ヤギチーズの販売は一定期間&一定量に限定されるそう。

土地の素材を活かした、フランス仕込みの伝統的なチーズ作りを行っている『フロマージュ・デュ・テロワール』はチーズの種類も豊富。通年販売のチーズから期間限定チーズ、温めると“ミョーン(!)”と伸びるチーズ、さらにはモッツァレラといろいろ。専門店ならではの豊富なバリエーションを誇るため、訪れる度に新しいチーズとの出会いがあるんです。

それらオリジナルチーズのなかには日本酒や焼酎、酒粕を使った商品もあるのですが、なかでもオススメは「フロマージュ・ドーメ」と呼ぶウォッシュタイプ*のチーズ。

*チーズの外皮に塩水や酒を拭きつけ(洗い)ながら熟成させた、香りの強いチーズ

フロマージュ・デュ・テロワール ドーメ

「フロマージュ・ドーメ(Fromage d’Ome)」は、“青梅のチーズ”という意味。和食材にもあう人気チーズです!

同じ青梅にあり、“澤乃井”ブランドで知られる老舗酒造「小澤酒造」が手掛ける日本酒「元禄」を使って熟成させたチーズです。ワインや日本酒などとの相性も抜群で、東京都の地域特産品にも指定されるなど人気です! 沢山あるので・・・と迷ってしまった場合は、まずはコチラからお試しあれ。

熟成が進むとさらにソフトに。スプーンですくって食べてみたい、ある意味スイーツのような(!?)チーズです♪

フロマージュ・デュ・テロワール ラ・ブリック

「ラ・ブリック」は小澤酒造の「武州伝説」と呼ぶ焼酎を使ったウォッシュチーズ。レンガ風の色味もポイント♪

チーズは発酵食品。ナチュラルチーズは生き物。商品はすべて食べ頃で提供されます。冷蔵庫で寝かさないよう、すぐお楽しみくださいね!

余談ですが、鶴見さんは後進の指導にも積極的。「ナチュラルチーズ」の普及・拡大・発展の意味も込め、自身が持つ知識を教える、ズームを使った座学形式の「チーズ講座」(週1回3時間、約半年間)も行っているんです。生徒さんの募集等、告知は適時ウェブで行っているそうなので、興味のある方はぜひ参加あれ。

フロマージュ・デュ・テロワール鶴見和子さん

現在“ブルーチーズ”も開発しているという鶴見さん。将来的にはチーズを専門とする学校なども作れたらとのこと。

ほかにはどんなチーズが!?

訪れる時期等により扱っている商品が異なりますが、『フロマージュ・デュ・テロワール』はここでしか買えないアレンジチーズもいろいろ。今回訪れた際に販売されていたチーズを紹介すると・・・。

フロマージュ・デュ・テロワール 青梅ブロン
フロマージュ・デュ・テロワール 青梅ブロン

「青梅ブロン」はずばり白カビのチーズ! パンやクラッカーなどにちょっとのせて楽しむもよし、白ワインのお供にしてもよし。ナッツやドライフルーツなどにもあうそう。

今回こちらを試食させていただきましたが、これが美味! 口のなかで溶けるような優しい味わいは絶品です。ワタクシを含め、ナチュラルチーズを食べ慣れていない方にとっては、ある意味感動するほどのオイシさ。癖も感じませんでした。止まらなくなりますヨ〜。

フロマージュ・デュ・テロワール クールブロン

新商品「クールブロン」も白カビのチーズですが、ポイントはそのカタチ。なんとハート型なんです! 気になる方はいますぐ公式サイトでお確かめを! ■販売期間/12月〜3月頃

フロマージュ・デュ・テロワール アロマチゼ

デザートやおつまみ感覚で楽しめる「アロマチゼ」は、小振りチーズの上にトッピングを施した逸品。「オレンジピール」「黒胡椒」、そして「ピスタチオ」の3種類*から選べます。時期によってはヤギチーズでの提供もあるそう。

*写真は「オレンジピール」「黒胡椒」のみ

フロマージュ・デュ・テロワール イーヴル

「フロマージュ・イーヴル」は、通称“酔っ払いチーズ”。ワインを搾ったあとのブドウにチーズを漬け込んだ逸品です。提携しているワイナリーがワインを搾った時期だけ提供される限定品。葡萄の品種はその時々で変わるそうです♪ ■販売期間/9月〜12月頃

フロマージュ・デュ・テロワール モッツァレラ

ファンの多い、イタリア発祥の「モッツァレラ」は優しすぎる味わいがヤミツキに。醤油、とくに“わさび醤油”との相性が最高とのこと! オリーブオイルや明太子、和食材など、幅広くマッチするそうです。スーパー等で販売されているモッツァレラと違い、かなり伸びるんだとか。 

「モッツァレラ」は販売日を限定。基本隔週火曜日ですが、時期で異なるため最新情報は公式サイトで確認あれ(取り扱いは店頭のみ)。モッツァレラ目当てにするリピーターも多いそう。

『フロマージュ・デュ・テロワール』は、お客さんの求めに応じたチーズを直接オススメできるよう「対面接客」を重視していますが、店舗に行く時間がない・・・、タイミングがあわない・・・という方もきっと多いはず。

そんな方には、一部商品に限定されますが「楽天」のオンラインショップをご利用あれ。もちろん全品クール便。青梅産のチーズが手軽に味わえます♪

【楽天サイト】https://www.rakuten.co.jp/fromages-du-terroir/

レポートまとめ♪

フロマージュ・デュ・テロワール バナー

・フランス仕込みの本格ナチュラルチーズの直販店
・地元素材を使った地域密着のチーズを製造販売
・店頭販売日に注意! 一部ウェブでも買えます!

いかがでしょう!? 手掛けるナチュラルチーズは、天気や気温・湿度といった様々な要因で風味が変化しますが、そのデリケートな性格を技とノウハウで調整し仕上げるのがプロの腕の見せ所。ほかでは味わえないナチュラルチーズとの出会いをお楽しみあれ。

今回ご紹介した記事は 

 いかがでしたか?

以上、お出かけ情報満載のウェブメディア「オソトイコ」がお届けいたしました。関東1都3県ではこのほかにも楽しいイベントや気になるお出かけスポットがたくさん!オソトイコではそんなお出かけに役立つ情報を日々集めてお届けしております。今後もぜひ活用してくださいね!

参考になった!役に立った!と思っていただけたらうれしいです

\  もしよろしければサポートお願いいたします!  /

この記事を書いた人

山さん

娘と一緒にハイキングや登山を楽しむ日を待ち望む、ただの編集者。

今回ご紹介した記事は 

 いかがでしたか?

以上、お出かけ情報満載のウェブメディア「オソトイコ」がお届けいたしました。関東1都3県ではこのほかにも楽しいイベントや気になるお出かけスポットがたくさん!オソトイコではそんなお出かけに役立つ情報を日々集めてお届けしております。今後もぜひ活用してくださいね!

参考になった!役に立った!と思っていただけたらうれしいです

\  もしよろしければサポートお願いいたします!  /

 編集部のつぶやき

  • 西武園ゆうえんち 豪華列車はミステリーを乗せて 没入型ドラマティック・レストラン
  • 多摩観光スポットバナー

スポンサーリンク

お出かけ関連の特集記事ランキング

スポンサーリンク