2021.10.27

新型コロナウイルスの影響で掲載中のイベントが中止になっている場合がございます。開催の有無については各イベントの公式サイトなどでご確認ください。ご面倒をおかけしますがよろしくお願いいたします。

特集記事

山さん
文・写真: 山さん
2021.10.04

『君も博士になれる展』 好奇心を刺激する、遊んで学べる体験型イベントがなんだかスゴイ♪

テレビ朝日 君も博士になれる展 若葉台

テレビ朝日の人気番組とコラボしつつ、遊び心ある体験を通して、いろいろな学びに興味を持ってもらい、「好きなこと」を見つける場になればと企画された期間限定イベントがスタート♪ 何度も足を運びたくなる知育イベントを早速リポート!

*掲載内容は2021年10月1日開催の内覧会時点の情報で、内容を保証するものではありません。
*掲載写真はすべて編集部による。

EVENT DATA

『君も博士になれる展 empowered by 博士ちゃん』

ちびっこ大歓迎
家族大歓迎
リピート割あり
体験スポット多数
撮影OK(写真・ムービー)
物販あり
飲食NG(喉潤す程度の飲み物可)

●開催地テレビ朝日・若葉台メディアセンター(東京都稲城市若葉台2-10-1)
●開催期間2021年10月2日(土)〜2022年5月8日(日)
●休催日毎週月曜(祝祭日除く)、2021年12月31日(金)〜2022年1月3日(月)
●開催時間【平日】10:00〜17:00、 【土日祝】10:00〜18:00
●入場料【一般・大学生】1200円、【中高生】800円、【小学生以下】無料(保護者同伴入場必須)
*土曜・日曜のみ日付指定で販売、図録付き入場券/2000円
●チケット販売サイト【テレ朝チケット】https://ticket.tv-asahi.co.jp/ex/project/pgi8HDP97d
●最寄り駅京王相模原線「若葉台駅」から徒歩5分(https://lab-wakabadai.com/#access
●公式サイトhttps://lab-wakabadai.com/kimimohakase/
●主催テレビ朝日

『君も博士になれる展』とは!?

テレビ朝日 君も博士になれる展 若葉台

大人顔負けのディープな知識を持つ「博士ちゃん」を紹介し話題となっている、人気TV番組からインスパイアされた期間限定イベント。

あれってなんだろう!? これってなんだろう!? 疑問はなんでもいーんデス。いろいろな遊びを通じて、そこで気になった疑問や不思議を自分で調べていくことが、誰にも負けないマニアなことまで知っている博士になる第一歩!

会場各所にはイベントのために製作された様々なアトラクションが用意されており、それらを体験するなかで得られる、“学ぶびの楽しさ”や“疑問を解決できたときの達成感”が、子供達の可能性を無限大に広げる切っ掛けとなるはず。

お勉強的な堅苦しさは一切ありません! 「遊んで学ぶ、学んで遊ぶ」楽しい知育系イベントです。主役は子供達ですが、大人も童心に返って楽しめるはず。スタッフは極力アシストせず、説明しすぎることもなしと、自分で考え調べることも大きなテーマとなっています。

ちなみに、印象的なイラスト等、会場のアートワークはアーティストの大河原健太郎さんが担当。独特なタッチがまたいーんです♪

ザッと説明すると、こんなノリ!

テレビ朝日 君も博士になれる展 若葉台

体験コンテンツはスケールもでかい! 思わず「オオオオオ〜」となるオブジェは、かわいくディフォルメされており、ちびっ子もとっつきやすい♪

テレビ朝日 君も博士になれる展 若葉台

体をクネクネ動かすなど、体全身で楽しむコンテンツがあったり・・・

テレビ朝日 君も博士になれる展 若葉台

動物園では出会えない、貴重な生物に出会えたり・・・。

テレビ朝日 君も博士になれる展 若葉台

思わず「へぇ〜」なコネタが散っていたり・・・。

・・・と、ポップな空間で遊んで学べるイベントです!

イベント開催の切っ掛けとなったのは、テレビ朝日で放送中の人気番組『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』(https://www.tv-asahi.co.jp/hakasechan/)。番組に登場してくれた博士ちゃんたちが、自分の好きなテーマをオリジナルのノートにまとめていることに注目。今イベントでは、まずベースとなるオリジナルノート作りに挑戦。その自分だけノートを片手に、気になるハテナをいろいろ見つけていこう♪ という内容です。

ちびっ子目線が ウレシイ♪

テレビ朝日 君も博士になれる展 若葉台

会場内の展示やアトラクションの説明、いろいろなウンチクなど、解説ボードはすべてフリガナ付き。あえて ひらがなが多用されていたりと、ちびっ子が抵抗なく楽しめるよう配慮されています♪

会場はどんなところ!?

テレビ朝日 君も博士になれる展 若葉台

イベント会場はテレビ朝日の施設ですが、六本木ではありません!

京王相模原線「若葉台駅」からすぐにある、こちらのライトグレーの四角い建物の1Fが会場です! もともとテレビ朝日の番組で利用した美術などを整理する倉庫的な役割として使われていたそうで、今回その一部をリミューアル。「人生の分岐点になる体験」をコンセプトに、いろいろな展示や体験イベントを行うスペースとして活用していくことになり、その記念すべき1回めのイベントが今回の展覧会なんです。

最寄り駅「若葉台駅」からすぐなのですが、若葉台駅はちょっと特殊な構造となっており、知らずに行くと遠回りする可能性がありますのでご注意を。

改札を出たあと「北口」へ向かい、そのまま行こうとせず、脇にある階段を上がってください(1)。 上がった先で右手を向くと、正面の先に会場となるテレビ朝日のメディアセンターが見えます(2)ので、あとはひたすら直進。それだけです!

会場内は こーんなカンジに

テレビ朝日 君も博士になれる展 若葉台
テレビ朝日 君も博士になれる展 若葉台

会場内は大きく9セクションに分かれており、どこから楽しんでもOK! 繰り返し楽しんでもOK! 一部エリアを除き、土足まま楽しめます。横長のエリアとなっており、大きな声で呼べば十分子供に届く広さ。迷子になる心配もなさそう♪ *ベビーカーは入り口の所定の場所に置いて入場。

具体的なコンテンツはコチラ!

【プロローグ】 まずはノート作りから♪

テレビ朝日 君も博士になれる展 若葉台
テレビ朝日 君も博士になれる展 若葉台

会場入り口でもらえる会場限定の「オリジナルノートセット」(チケット料金に含む)を手に、本会場入り口手前にあるノート作りの部屋で自分だけのノート作りに挑戦♪

ノート作りに必要なページを選び、首から下げるためのヒモを選んだり。備え付けのスタンプでデコレーションしたりと、自分ノートをカスタム。作業はとってもカンタン。幼稚園児でもできるレベルです。

【1】 体内探検

テレビ朝日 君も博士になれる展 若葉台

会場に入って真っ先に目に飛び込んでくる「体内体験」は、文字通り“カラダの中”を疑似体験するコンテンツ。カラダといっても生々しさは一切ナシ。口から入って心臓へ、胃へ、腸へと、食べたモノがどういった流れで体の中に入り出て行くのかが判るコンテンツ! 

知っているようで知らない、カラダの仕組みや不思議、能力、特徴をユニークな仕掛けとともに体験して。 *土禁エリア

口からは入って カラダの中を歩き回ろう♪

テレビ朝日 君も博士になれる展 若葉台

入り口はもちろんクチ。

テレビ朝日 君も博士になれる展 若葉台

ノドを通る際、上からぶら下がる“のどちんこ”にも触ってみて。触感が違うんです!

テレビ朝日 君も博士になれる展 若葉台

て、天井にカラフルな脳が!! 床からつながるストローのような管。これは一体!?

テレビ朝日 君も博士になれる展 若葉台

中央にあるのは、巨大な心臓オブジェ。その大きさは約2mも。写真中央手前にあるスイッチのような部分に指を当てると・・・、不思議なことが起こります!

テレビ朝日 君も博士になれる展 若葉台

赤と紫のストローのようなものは、お腹(小腸)の中に生えているという無数の毛。なんでお腹に毛が。その理由は会場で!

テレビ朝日 君も博士になれる展 若葉台

大腸を抜けた先にある、この茶色の物体は・・・。も、もしかして。ちびっ子が一番喜ぶモノかもしれません。

テレビ朝日 君も博士になれる展 若葉台

一番奥の壁にはなにやら穴が。床に落ちている、先ほどの茶色い物体をネジ込んじゃってください!!

【2】 やりすぎ求愛ダンス

テレビ朝日 君も博士になれる展 若葉台

人間から見れば奇妙な動きで相手の気を引こうとする動物がいますが、このコーナーでは、画面に移る好意の相手を、魅力的なダンスで誘惑して!

テレビ朝日 君も博士になれる展 若葉台

制限時間内に相手を誘惑できればアナタの勝ち! ダンス相手は3種類。ぜひ全部制覇してください。画面端に映るハートマークのゲージが満タンになればOK!

【3】 絶滅動物の墓場

テレビ朝日 君も博士になれる展 若葉台

すでに絶滅してしまった動物たちのお墓。そこにあるQRコードを手持ちのスマホで読み取ると・・・。

テレビ朝日 君も博士になれる展 若葉台

最新のAR(仮想現実)技術を駆使し、スマホ内に絶滅したはずの動物たちがどーんと。驚きは画面に映る動物たちは実寸であること。近づき過ぎると画面から、当然ながらハミ出します! 全部お試しあれ。

【4】 ビートシーケンサー

テレビ朝日 君も博士になれる展 若葉台

左から右へ流れるレーダーのような波紋をジャマするようにモノを移動させ、自分だけの音を作る体験コンテンツ。結構、ハマリます!

テレビ朝日 君も博士になれる展 若葉台

備え付けのモノ(円柱)は自由に移動OK! ちなみにモノと、人では波紋を遮ったときに発する音が違うんです。どう組み合わせるかはアナタ次第!

【5】 スローハント

テレビ朝日 君も博士になれる展 若葉台
テレビ朝日 君も博士になれる展 若葉台

会場中央付近にでーんと構える、ゴルフ場のような丘(!?)は、5つの窪みがあり、それぞれに違う虫たちが生息中。でも、虫たちはとにかく敏感。ゆっくり近づかないと捕まえられず。これが結構ムズカシイ・・・。

テレビ朝日 君も博士になれる展 若葉台

何度か挑戦したものの、1度も捕獲できず・・・。成功すると「おめでとう!」と表示されるそうです♪

【コレも!】 会場に点在するボックスには・・・

テレビ朝日 君も博士になれる展 若葉台
テレビ朝日 君も博士になれる展 若葉台

 会場各所にある「ハテナボックス」には、コレってなんだろう!? という様々なハテナがカードとなっており、入場者はそれをコレクション。会場で調べてもいいし、おうちに帰ってからじっくり調べてもOK。カードは様々あり、その数なーんと150種類とのこと!

テレビ朝日 君も博士になれる展 若葉台

集めたカードは、オリジナルノートに付いている袋に入れたり、ノート部分に挟んだりして保管できる。このカードを切っ掛けにまた1人、新しい博士ちゃんが誕生するかも!?

【6】 博士ちゃんカルテット

テレビ朝日 君も博士になれる展 若葉台

イベントのモチーフとなったTV番組『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』のテーマソングを作曲したミュージシャン・葉加瀬太郎さんと、楽器演奏を得意とする(番組にも出演した)3人の博士ちゃんの4人が共演し、イベントオリジナルアレンジによる演奏を堪能できます!

ちなみに演奏映像は、今回のイベントのために新規で収録したそう。

テレビ朝日 君も博士になれる展 若葉台

ちなみに特別感を演出すべく、演奏は15分に1回。休止中はご覧のようなカウントダウンが表示されます。

【7〜9】 こんなコンテンツも

テレビ朝日 君も博士になれる展 若葉台

【サウンドビジュアライザー】
音が空気の振動で発生することに着目し、それを視覚で判るようにしたコンテンツ。音の違いで、様子がどう変わるのか!?

テレビ朝日 君も博士になれる展 若葉台

【ふし木とちし木】
壁に描かれた木に、会場で気が付いた「みんなに教えたいこと」や「不思議に思ったこと」を付箋に書いて貼り付けていくメッージボード的コンテンツも。会期終盤にはとんでもない数になっているはず!

テレビ朝日 君も博士になれる展 若葉台

【博士ちゃんパネル】
過去に番組に出演したいろいろな分野の博士ちゃんが大集合。選抜した15人のこだわりノートや研究の成果を、じ〜っくりご覧あれ。熱量が伝わって来ます!

【エピローグ】 出口の壁にも♪

テレビ朝日 君も博士になれる展 若葉台

思う存分遊んだら、帰路へ。その際、出口通路の壁にもご注目あれ。思わず読み進めたくなる気になるメッセージがゆら〜りと流れるように記されています♪

物販コーナーもあります♪

テレビ朝日 君も博士になれる展 若葉台

会場の逆側、出口先には物販コーナーもありますので、お見逃しなく! イベントのアートワークを担当された、大河原さんの独特なタッチのグッズがいろいろありますヨ〜。価格もTシャツで約2500円〜と手頃。イベントでした買えません!

【注意】魅力的なグッズですが、購入できるのはイベントを利用された方のみ! 物販だけの利用はできません。

何度も利用するならリピート割を♪

1度と言わず、2度3度と楽しみたい! 今度はお友達と行きたい! など、2回目以降の入場料が割引となる「リピート割」もあります! 初回チケットをテレ朝チケットで購入された場合はその履歴画面を、当日会場で購入された場合は紙チケットの半券を提示すると、お得に利用できるそーです(リピート割ではノートの配布はありません)。

レポートまとめ♪

テレビ朝日 君も博士になれる展 若葉台

●楽しく学べる体験コンテンツ盛りだくさん♪
●子供がなにかにのめり込む切っ掛け作りとなりそう
●自分だけのオリジナルノートを作り、気になる「?」を解決
●ハイセンスなグッズ販売もお見逃しなく!
●お得なリピート割もあり

いかがでしょう!? テーマパークに来たような感覚でラフに楽しめるこのイベント。基本は子供中心ですが、大人もきっとハマるはず。親子で楽しめるコンテンツが盛りだくさんですヨ〜。とくに小学生くらいのお子さんがいるご家族にオススメです! 会期が長い点もウレシイ!

この記事を書いた人

山さん

山さん

娘と一緒にハイキングや登山を楽しむ日を待ち望む、ただの編集者。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

山さん

山さん

娘と一緒にハイキングや登山を楽しむ日を待ち望む、ただの編集者。

お出かけ関連の特集記事ランキング

噂のスリムボトル記事へのバナー
ムーミン記事へ
アウトドアジャパンデイ記事へ
情報募集中へ
アウトドア用語集へ
特集記事の番外編へ

スポンサーリンク