2022.07.07

新型コロナウイルスの影響で掲載中のイベントが中止になっている場合がございます。開催の有無については各イベントの公式サイトなどでご確認ください。ご面倒をおかけしますがよろしくお願いいたします。

鑑賞

公開日:2022.05.20

彫刻刀が刻む戦後日本―2つの民衆版画運動

約400点の豊富な作品と資料をもとに、日本の戦後版画史を振り返る企画展

開催エリア:東京都
彫刻刀が刻む戦後日本―2つの民衆版画運動

鑑賞

彫刻刀が刻む戦後日本―2つの民衆版画運動

公開日:2022.05.20

約400点の豊富な作品と資料をもとに、日本の戦後版画史を振り返る企画展

開催エリア:東京都
彫刻刀が刻む戦後日本―2つの民衆版画運動

場所

【東京】 町田市立国際版画美術館(東京都町田市原町田4-28-1)

告知サイト

http://hanga-museum.jp/exhibition/index/2022-512

開催データ

彫刻刀が刻む戦後日本―2つの民衆版画運動

開催日 2022年4月23日(土)~7月3日(日)
開催時間 【平日】10:00~17:00
【土日祝】10:00~17:30
※入場は閉館30分前まで
入館料 【一般】900円
【大・高生】450円
【中学生以下】無料
休催日 月曜日
主催 町田市立国際版画美術館(東京都町田市原町田4-28-1)
彫刻刀が刻む戦後日本―2つの民衆版画運動
「彫刻刀が刻む戦後日本―2つの民衆版画運動」とは

戦後の日本で起こった版画界の2つの潮流にスポットをあて、あまり知られていない版画史を振り返る企画展。

彫刻刀が刻む戦後日本―2つの民衆版画運動

社会運動を版画化し、世間一般にに版画を広めた「戦後版画運動」と、小中学校での学校教育として広まった「教育版画運動」をフォーカス。

彫刻刀が刻む戦後日本―2つの民衆版画運動

滝平二郎『裸の王様』より、1951年、木版・謄写版、352×253mm、当館蔵 ©JIRO TAKIDAIRA OFFICE Inc.

平和への願い、社会へのまなざし、様々な土地での生活を浮き彫りとした、約400点の貴重な作品と資料が一堂に揃います。

アクセスは!?
会場 町田市立国際版画美術館(東京都町田市原町田4-28-1)
最寄り駅 小田急「町田駅」東口から徒歩15分
アクセス法 http://hanga-museum.jp/guide/access

スポンサーリンク

関東で開催中のイベントランキング

  • ブルーピリオド展 アートって、才能か? 天王洲アイル
  • スポンサーリンク

  • スポンサーリンク