特集記事

feature articles

OSOTOIKO SPOT RePORTS

 オソトイコ編集部のレジャースポット取材報告

2019.08.26
山さん
文・写真: 山さん

『調布よさこい』に行ってみました! 夏といえば祭り♪ 祭りといえば、“よさこい”も忘れるべからずデス! 【19.8.25開催】

よさこい看板 よさこい踊り よさこいスナップ よさこい踊り

 

京王線沿線屈指のイベントメッカ、「調布駅」周辺を舞台に開催される、地区最大旧規模の夏の風物詩イベント。今年で開催17回目を数える恒例イベントで、市内、そして市外からもよさこいチームが参加。駅前広場の特設ステージ上、ビックカメラ脇の小道、そして3ブロックに分かれて次々と練り歩く旧甲州街道を封鎖しての流し踊りなどなど、そこかしこで繰り広げられる圧巻のパフォーマンスは、いままで観に行かなかったことを後悔するほど。熱気と活気に満ち、観客で沸き返った様子をチラッとですがお伝えしちゃいます!

*掲載内容は2019年8月25日時点での情報で、内容を保証するものではありません。
*掲載写真はすべて編集部による。

 

SPOT DATA

調布よさこい

子供大歓迎
女性大歓迎
踊れます!
体験あり
露店あり
アクセス便利
トイレあり

場所東京都調布市・京王線「調布駅」駅前広場&旧甲州街道
参加料無料(ワークショップ、縁日、フード類別途料金必要)
開館時間11:00〜18:00(ハッピーまつり10:00〜17:00)
アクセス【電車】京王線「調布駅」からスグ
公式サイトhttps://www.chofu-culture-community.org/forms/info/info.aspx?info_id=11748

 

よさこい踊り よさこい踊り スナップ

 

「調布よさこい」とは!?

そもそも“よさこい”とは、諸説あるようですが、鳴子(なるこ)と呼ぶ音が鳴る木のスティックを手に自由に踊る創作パフォーマンス的なお祭り。全国各地で行われており、調布よさこいも有数の規模。毎年8月末頃に行われており、市内外から多数のよさこいチームが集結。メイン会場となる「調布駅前」、イベントホールである屋内の「グリーンホール」、お隣の布田駅側に特設エリアを構える「ハッピーまつり」、そして流し踊り会場となる「旧甲州街道」を舞台に開催。メインとなるよさこいのパフォーマンスだけでなく、露店の出店や、子供が楽しめる縁日系コンテンツ、よさこいに欠かせない鳴子のワークショップなど、家族や友人同士で、1日目一杯楽しめるイベントなんです! そこら中で行われているパフォーマンスも、見切れないほど。迫力が違います!

スナップ

 

パフォーマンスは4箇所で堪能可能! プログラムの有効活用を!

「見る」「踊る」「食べる」「遊ぶ」の大きく4つのコンテンツで構成された調布よさこいですが、最大の見所は「見る」。固定した場所だけで踊る「定点踊り」と、歩きながら踊る「流し踊り」の2つにパフォーマンスがあり、4つの会場で、同時、または時間差で行われるんです。タイムスケジュールは約6分間隔でキッチリ決まっており、次から次にパフォーマンスが。出歩く先々で行われているパフォーマンスはエネルギッシュで圧倒的。邪魔にならない程度に、ギリギリの場所で堪能ください! 熱気が凄いです♪

よさこいステージ演舞

【↑】炎天下のなかで、繰り広げられるパフォーマンスには、きっとアナタも驚かせるはず。鳴子の無料配布もあり、一緒に踊れたりもするんです♪

舞台

【↑】調布駅前の特設ステージ、グリーンホールが「定点踊り会場」となり、とくに後者は冷房が効いた中でゆったり観賞できますが、夕方4時、5時になると、他会場のパフォーマンスが終了するため、観客が一気に増えます。良い席確保したい場合は、ちょっとお早めに移動が無難かもです♪ ちなみに布田駅側の「ハッピーまつり会場」も定点踊りです。

 

よさこい踊り

【↑】踊りながら歩く「流し踊り」も、よさこいの楽しみの1つ。今回は恒例の「旧甲州街道」(写真)のほかに、ビックカメラ調布店の脇の2箇所で開催。前者は炎天下となることを配慮して午後3時から、3ブロックに分かれて開催。後者は日影エリアのため、午前中から順次開催と、天候に充分配慮したタイムスケージュールが組まれているんです。

 

【参加全32チームの情報はコチラヘ!】

 

食べるや遊ぶも! 縁日気分で楽しめます♪

来場者の小腹を満たす食や、子供達が喜ぶ遊びのプログラムも盛りだくさん。当日は太陽の日差し我眩しいほどに照りつける晴天だったこともあり、かき氷やドリンク類がどんどん売れたほか、焼き鳥や焼きソバなど、縁日系フードの販売も大盛況。子供向けの遊びもいろいろ。飽きっぽい子供達でも楽しめるよう工夫されてるんです。

縁日 ふわふわふわふわ
【↑】地元クラブ、FC東京マスコットキャラ、東京ドロンパの巨大ふわふわも登場♪ チケット(写真左)は200円。ドーム内はクーラーが効いており、ガッツリ遊んでも汗はかかず。子供達がキャッキャッと楽しんでました♪

ワークショップ

【↑】屋内会場のグリーンホールでは、よさこいの鳴子に自由に絵を描いて楽しむワークショップが開催。1回200円と参加料も手頃。始終賑わってました♪

 

スーパーボールすくい 【↑】調布市老人クラブラー連合会の方々が教えてくれる、竹笛やお手玉などの昔のおもちゃ遊びや、有料のスーパーボールすくいや射的など、派手さこそないもののコンテンツは多彩なんです。

 

こんな聴く、こんな見るも! なぜかウルトラマンも♪

よさこいだけに縛られず、それ以外のステージコンテンツも用意されており、例えば駅前のメイン会場では、みんなもよく知ったメロディを奏でる「バンド演奏」が行われたり、布田駅側のハッピーまつりでは、シリーズ最新作「ウルトラマン タイガ」のヒーローショーも! 大人も結構楽しめます♪

吹奏楽ウルトラマン

 

大盛況! スタンプラリー♪

とくにちびっ子人気が高かったスタンプラリーは、「重ね押し」タイプ。合計6箇所設置されたスタンプを押すと1つの絵が完成する仕組みで、台紙は会場で無料配布しているパンフレットの裏表紙がそれ。よくある重ね押しはずれずに押せる枠付きが多いものの、今回は枠がない、やや難易度の高い通常のスタンプタイプ。正確に押すのが難しく、結構ミスっている子供が多かった・・・。

スタンプラリースタンプラリー景品【↑】達成者にはイベント特製の手ぬぐいやFC東京のオリジナルノート、ポケットガイド、ランドリーバッグなどがもらえます!

 

豆知識

【混雑状況は!?】

天候も大きく影響するハズですが、今回のように晴れた場合は、ハッキリいって結構混みます! 歴史あるイベントだけに地元の方以外の来場も多いようで、メイン会場などは、スタッフさんやパフォーマーの方達も含め、かなり大賑わいな印象。小さいお子さん連れの方はご注意を!

観客

【パンフレットの有効活用を!】

無料配布の公式パンフレットは、タイムスケジュールや会場マップが詳細に載っており、迷わず1冊は確保しておいた方が絶対無難! 今回実際に行ってみて、強く感じたことです。とくにパフォーマンスの公演スケジュールはかなり緻密。回る順番を多少念頭において行動すると、イベントがさらに楽しくなりますよ♪

パンフレット

【トイレは!?】

トイレはグリーンホールなど、数カ所用意されているほか、イベント開催にあわせて無料でトイレを開放している一般施設も一部ですがありました。あまりお薦めしませんが、場所はお店も多いため、どうしても・・・のときは、一言お断りして借りることも可能かと思います。

【水分補給は小まめに】

開催の8月はまだまだ熱く、相当な炎天下も予想できるシーズン。水分補給はコマメにしたいところですし、各所でドリンクも販売していますので、無理せず休憩を。主催者が用意した給水所も各所にあり、無料で水分補給することも可能です。さらに場所によっては塩分補給用のタブレットの無料配布もありました。

給水場ジュース販売場
【↑】メイン会場脇にあるビックカメラ調布店の店頭では、イベント限定の特設ドリンク販売ブースも。驚くのほどの安さ!

【会場内での撮影は!?】

もちろんOK! 商品券などがもらえるフォトコンテストも行っているんです♪

 

いかがでしょう!? 人気の恒例イベントだけに(天候にもよりますが)相応の混雑は覚悟ですが、行けばきっと新しい発見、刺激があるはず。調布の繁華街でのイベントですので、途中で寄り道しても全然OK。来年、ぜひ足を運んで見てくださいマセ。
告知バーナー

この記事を書いた人

山さん

山さん

ここ1〜2年、自然に対し異様に親近感をおぼえる不肖の編集者。5歳の娘と一緒に、ハイキングや登山を楽しめる日を待ち望む日々。

スポンサーリンク

噂のスリムボトル記事へのバナー
常設スポット特集ページへのバナー
スタンプラリー特集ページへのバナー
デカ盛りに挑戦ページへのバナー
ムーミンバレーパーク記事へのバナー
アウトドアジャパンデイ特集記事へのバナー
情報募集中ページへのバナー
アウトドア用語集へのバナー
特集記事の番外編へ

最近みんなが気になっているお出かけ情報ランキング