2021.01.17

新型コロナウイルスの影響で掲載中のイベントが中止になっている場合がございます。開催の有無については各イベントの公式サイトなどでご確認ください。ご面倒をおかけしますがよろしくお願いいたします。

特集記事

山さん
文・写真: 山さん
2019.02.14

思わず、お〜っ! 銀座のニッサンクロッシングで開催中の、 EVレーシングカーの空中散歩VRを体験デス!

ニッサンクロッシング ニッサンクロッシング

銀座4丁目という一等地にあり、半世紀に渡り愛されてきた日産自動車のショールーム「日産ギャラリー」。約2年半前にリニューアルされ、装い新たに「ニッサンクロッシング」へ生まれ変わりましたが、そのショールームは市販車やコンセプトカー、レーシングカーといった単純な車両展示だけに終始せず、様々なイベントを適時開催するなど、クルマファンのみならず、外国からの観光客などで賑わっています。そこで今回は昨年2018年末から始まり、2月中旬現在でも継続開催されているイベント、空中散歩「e-Gravity」を体感してまいりました!

*掲載内容は2019年2月中旬現在のものです。
*掲載写真はすべて編集部による。

EVENT DATA

空中散歩「e-Gravity」

女子歓迎
年齢ほか、制限あり
カフェあり
物販コーナーあり
アクセス便利
トイレあり

開催日2018年12月15日(土)〜 2019年3月末頃まで(予定)
開催時間10:00〜20:00
開催場所ニッサンクロッシング(東京都中央区銀座5-8-1)
アクセス【電車】銀座線・日比谷線・丸の内線「銀座駅」から徒歩約1分
入場料無料(飲食&物販代は別途)
主催日産自動車
公式ウェブサイトhttps://www3.nissan.co.jp/crossing/jp.html

 

空中散歩「e-Gravity」ってそもそもなに!?

日産自動車が開発した最新EVレーシングカーである「NISSAN LEAF NISMO RC」が、実際にサーキットを走っているかのような疑似体験を味わえるVR(=バーチャルリアリティ・仮想現実)イベント。サーキットの路面状況、レーシングカーの車両特性をインプットしたデータを元に、川崎重工業製のロボットアーム(K-ROBODIE)がシートを動かして、実際にレーシングカーに乗っている感覚を味わえます。映し出される映像とともにシートが動く、最新鋭の映画館である4DXの、レーシングカー版のようなものです。

ニッサンクロッシング

 
 

実際乗ってみてどう!?

シートに座ってから降りるまでは5分程度。実際に映像を体験している時間は実質2分程度と僅かです。専用ゴーグルはそれなりの重さがあるため、帽子はとり、ベルトを使って結構キッチリと頭に固定します。
 
サイズにもよりますが、比較的小さいメガネであれば、ネガネを掛けたままでのゴーグル装着も可能ですが、大きなフレームではメガネは併用できませんのでご注意を。乗る前には(万が一なにかあっても免責ですという)誓約書を書く必要があります。そのため、結構揺れるの!? 激しいの!? とちょっと緊張しましたが、いざ始まってみると、全然へっちゃら。
 
確かにシートは前後、上下に揺れますが、 過激に身体が振られることはなし。極端に身構える必要はないと思います。体感時間は短いものの、しっかり楽しめるはずです!
 
実際の映像をお見せできないのが残念ですが、映像はサーキットを走っている感覚で、頭を動かせばその方向の絵が見えるという360度モニター的なもの。誤解しそうな点が1つあり、それが目線の高さ。レーシングカーという触れ込みが頭にあったため、てっきりかなり路面に近い、低い位置での走行シーンが楽しめるのかと思っていたのですが、実際には、「空中散歩」の言葉通り、そこそこ高い位置から見たような映像で構成されています。レーシングカートを乗っているかのような、路面スレスレの迫力映像ではありません。誤解しないでくださいね。ちなみに走行するサーキットは、袖ヶ浦とのことです。

 

 
ニッサンクロッシング

【↑】頭に被せる専用ゴーグルは結構大きく、前方に長いため、かなりしっかりベルトで固定します。使い捨てのガーゼのようなものを先にかけるので、不快感はありません。女性でも安心♪

 

ニッサンクロッシング

【↑】ロボットアームは川崎重工業製。普段どんなものに使うロボットなのかは知らないとのことでしたが、このアームが走行シーンにあわせてシートを動かします。想像するほどの暴れっぷりではありません!?

 

【↑】乗る前には、ご覧の項目に関する誓約書を書きます。かなり項目が多いため、そんなに動くの!? きついの!? と身構えそうですが、普通にしていれば大丈夫。妊婦さんやちびっ子、ご高齢の方は乗れません。

 

ニッサンクロッシング

【↑】マシンがあるのは建物の2F奥。行列ができているので、すぐに判るはず。場所柄外国の旅行者の方も多く、スタッフさんは英語も話せます。

 

ニッサンクロッシング

【↑】これがVRの元になった、EVレーシングカー「LEAF NISMO RC」。詳しい車両情報はコチラまで。

 

 

豆知識

 

来場するうえでの注意点は

特別ありませんが、時間帯によってはそれなりに混雑します。ただし、1度に2人同時体験するため回転率はかなり良い感じ。結構並んでいても、すぐに順番が来るはずです。営業も夜8時までなので、仕事帰りに立ち寄ることもできそう。良い気分転換になりますヨ! カフェもあるのでお茶もできます。

会場内の撮影は

もちろん撮影OK。仲間と一緒に訪れた場合は、(搭乗するタイミングをずらせば)仲間同士で撮影できますし、同時に体験する場合でも、スタッフさんにお願いすればスマホなどで撮影してもらえます。

酔ったりしない!?

シートは確かに上下左右に揺れますが、酔うほど過激な印象はありませんでした。シートはホールド感に富んだバケットのため、身体が大きく触れることもありませんが、クルマに酔いやすい人は避けたほうがいいかもです。

 

ニッサンクロッシングはこんな場所
銀座の一等地で、地下鉄か地上にあがり目の前という好立地にあるため、待ち合わせに利用する人も多数いるニッサンクロッシング。日産自動車の最新テクノロジーの一部を垣間見れる新感覚なショールームです。建物の1F&2Fがその対象で、展示車は定期的に変わり、市販車だけでなく、コンセプトカーやレーシングカーなども展示。現在日産が参戦中の(電気自動車のF1レース)フォーミュラEのパブリックビューイングほか、さまざまなイベントが行われています。入館料は無料。カフェやグッズ販売も行っています。ちなみに、同じビルの上フロアにはソニー製品のショールームがあります!

ニッサンクロッシング

【↑】ときにモーターショーを賑わすクルマも。展示車は頻繁に変わり、ウェブに掲載のある出展情報にズレがある場合があります。目当てのクルマがある場合は、事前に確認したほうが無難です。写真はIMx KURO

 

ニッサンクロッシング

【↑】2Fにも実車展示はあります。訪れた際には、海外での人気も高いGT-Rもありました。座ることも可能です。

 

ニッサンクロッシング

【↑】2F奥にはカフェも併設。日産車だけでなく、スマホにある手持ち写真でマキアートを製作できます!

 

ニッサンクロッシング

【↑】日産、ニスモのグッズを一堂に揃えたブティックも2Fに。ここでしか買えないレア商品(アイススプーンやぬいぐるみなど)も!

 

この記事を書いた人

山さん

山さん

娘と一緒にハイキングや登山を楽しむ日を待ち望む、ただの編集者。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

山さん

山さん

娘と一緒にハイキングや登山を楽しむ日を待ち望む、ただの編集者。

お出かけ関連の特集記事ランキング

噂のスリムボトル記事へのバナー
ムーミン記事へ
アウトドアジャパンデイ記事へ
情報募集中へ
アウトドア用語集へ
特集記事の番外編へ

スポンサーリンク