2024.05.29

特集記事

文・写真: 山さん
2024.05.16

【クッキーのアトリエ】 ヨックモック×ヘラルボニーの、期間限定クッキー店が表参道に!

クッキーのアトリエ 雑観

設立55周年を迎える老舗洋菓子ブランド「ヨックモック」が、瑞々しい感性で描かれたアート作品を広く紹介している「ヘラルボニー」と堂々コラボ! 期間限定のクッキー屋さんが、表参道にオープンです♪ これは行かねば!〈2024.6.6まで〉

*掲載内容は2024年5月16日開催の内覧会時点の情報で、内容を保証するものではありません。

*掲載写真はすべて編集部による。

イベント概要

『クッキーのアトリエ』

一部テイクアウト可能
イートイン可能
参加コンテンツあり

開催地BAKERY CAFE 426 OMOTESANDO(東京都渋⾕区神宮前4-26-18 原宿ピアザビル)
開催期間2024年5月17日(金)〜6月6日(木)
開催時間11:00〜18:30(L.O./17:30) *金土は11:00〜20:00(L.O./19:00)
入店料無料 *飲食代等は別途必要
休催日会期中無休
最寄り駅千代田線/副都心線「明治神宮前〈原宿〉駅」より徒歩1分、千代田線/銀座線/半蔵門線「表参道駅」より徒歩3分
公式サイトhttps://www.yokumoku.jp/55th/atelier/

期間限定店【クッキーのアトリエ】とは!?

クッキーのアトリエ 看板

葉巻のようにスラーッと筒状に伸びた、バターをたっぷりと使った焼き菓子「シガール®」で広く知られる、日本有数の洋菓子ブランド『ヨックモック』。ブランド設立は1969年(昭和44年)8月と、2024年はジャスト55年のゴーゴーイヤーなんですが、ご存じでした!?

今期は1年を通じ様々な施策を行い、ブランドの更なる認知向上をはかるほか、ブランドを愛してくれたファンの皆さんへ感謝を示す特別な1年にする予定というヨックモック。今回の期間限定店は、その一環として開催されるイベントの1つです。

それは、深く説明するまでもない、文字通りの“クッキー屋さん”です!

クッキーといえばヨックモックのオハコである得意中の得意分野ですが、今回は既成品を特別価格でセールするといった類のものではありません!

ブランドが長年大切にしてきた“人と人のつながり”を大切にした商品づくりの知見を活かした、今回のイベントだけでしか販売しない「特別なクッキー」を用意して、より多くの方にクッキーの創造性や可能性を知ってもらい、お菓子を切っ掛けに笑顔になってもらえればと企画されました。

クッキーのアトリエ 店外写真

期間限定店の会場は、表参道の一等地にある「BAKERY CAFE 426 OMOTESANDO」。通常パン屋さんとして営業されているそうですが、不定期でポップアップイベントスペースとして貸し出しを行っており、今回3週間限定で行われます。

今回の期間限定店は、ヨックモックで働く有志が集って企画。アイデアを出しあいながら煮詰めたというプロジェクトは、オープンにこぎ着けるまでになんと2年(!!)もかけたそう。気合いの入り方も違うんです。

店舗演出はヘラルボニーが担当!

・・・となると、購入できるクッキーの仕上がりが気になって仕方ありませんが、本題にうつる前に注目したいのが、店舗の空間演出を担当したのがあの『ヘラルボニー』であること!

様々な異種業者とコラボするなど、ここ数年で知名度が急上昇しているため、聞いたことがある方も多いはずの「ヘラルボニー」とは、日本が世界に誇る気鋭アートエージェンシー。

知的障害というハンディキャップを抱えつつも、瑞々しい感性で健常者にはないアート作品を生み出すクリエイターさんを支援しながら、様々な分野との橋渡しを行っている創業6年目の会社です。

現在、国内外の150あまりのアーティストと契約しており、2000点を超える作品の著作権管理等も行っています。

そんなヘラルボニーは、創業以来“普通じゃない、ということ。それは同時に、可能性だと思う”をコンセプトとしていますが、創造性あるお菓子づくりを行っているヨックモックがこれに強く共感。店舗の空間演出の分野でコラボすることになったわけです。

作品はイベント描き下ろし!

先述の通りヘラルボニーには契約アーティストが多数いらっしゃいますが、今回白羽の矢が立ったのは、アーティスト・小林覚こばやし さとる さん。期間限定店のために、2つの作品をわざわざ描き下ろしてくださいました!

小林覚さん ヘラルボニー

会場では小林さんの創作風景等をとらえたイメージムービーも上映中です! 小林さんは今回の作品を、クッキーを試食したのち、30分たらずで仕上げたそうです!

小林さんについては、イベントの告知サイトで詳しく紹介されていますので省きますが、描かれた作品は、ともに印象的な「線画」を駆使したものとなっています。

片やカラー、片や白黒と、両者は似て非なるもの。じつは両作品には、ヨックモックの55周年のキャッチコピー「共につなぐ未来へ ヨックモック」と、先述したイベントのコンセプトを、独自の感性でカタチにした作品となっているんです。よーく読むと「確かに! あの言葉かぁ」と、きっと誰もが驚くはずです。

小林覚 作品

書き下ろされたオリジナル作品の原画は、1Fのレジ前に展示中。どの言葉がどれかを解説するボードは特別ありませんが、スタッフさんに聞くと教えてくれるそうです!

クッキーのアトリエ 店内

作品は拡大プリントされ、カウンターや座席下のパネルなど、店内外をデコレーション♪ ちなみに座席は約30席。支払いは現金、カード、paypayなど、一通り使えます。

全部制覇したい! クッキーは全5種類

前置きがやや長くなりましたが、いよいよクッキーのご紹介!

期間限定店のメインメニューは、5種類のクッキー*。こだわりの2層クッキー生地と、新鮮なフルーツなどを重ねあわせた、見た目も絵になるお菓子です♪

*お店では、色(個性)と色(個性)の掛け合わせで新しい色(個性)を作るという意味から、「クッキーパレット」と呼んでいます。

クッキーのアトリエ 提供クッキー

クッキーは大きく2系統あり「ルージュ」「オロンジュ」「ヴィオレ」は、2層の生地にフレッシュなフルーツなどを重ねたもの(便宜上「標準版」と呼びます)。

一方「ドレ」「ジョーヌ」は、表面にまぶした砂糖をバーナーであぶって溶かした、香ばしい味わいのキャラメリゼと呼ばれるもの。この2品のみ、バニラアイスクリームとのセットとなります。

クッキーのアトリエ バーナーで溶かしている風景

クッキーは1時間ごとに一定量焼きフレーバーごとに作り置きするそうですが、「キャラメリゼ」に限り、仕上げのキャラメリゼ加工はオーダーを受けてからバーナーであぶるため、超できたてが味わえます!

価格は「標準版」が各540円(イートインの場合は550円)、「キャラメリゼ」が各770円。「標準版」は食べ歩きを前提としたテイクアウトが可能ですが、キャラメリゼはアイスが付くこともあり、イートイン専用です。ご注意を。ちなみにサイズは約10センチ。ちょうどいいボリュームです!

味はどう!?

今回は全5品中、2品を特別に試食させていただきました! 

クッキーのアトリエ 提供クッキー

まず「ルージュ」。噛み応えがしっかりとしており、内部には溶け出すチーズが。クッキー上にトッピングしたトマトもジューシー。チーズの濃厚さとトマトの酸味がバランス絶妙で、これは美味! 迷ったらぜひお試しいただきたいです。クッキーとはいうものの、感覚的は限りなくパイに近い印象です。

ちなみにこの「ルージュ」のみ生地が異なり、パイ生地と、モッツァレラチーズ&トマト風味のクッキー生地の組み合わせです。ハンバーガーのパンなし状態(!?)のような見た目も印象的! ちなみにトマトの上にのっているものは、「ディル」と呼ばれるハーブ。もちろん食べれます。

クッキーのアトリエ 提供クッキー

次にいただいたのが「ジョーヌ」。タルト生地とクッキー生地の2層クッキーの上に、チョコチップをまぶしたバナナをどんと! 表面をバーナーであぶったキャラメリゼ仕様。

焼きが入っていることもあってか「ルージュ」に比べ、クッキー自体も硬めの歯応えですが、甘さはかなりの深度。甘いですヨ〜。

アイスクリームはどのタイミングデも、どう使ってもOKとのこと。クッキー自体が(焼きたてのため)やや熱をもっていますので、ガッツリかけて召し上がれ。

残りの3品等についての詳細は告知サイトでご確認ください。

ちなみにどちらのフレーバーも、商品の性格上、生地がぽろぽろ落ちますが、そんなことは気にせずガブッとがっついてくださいませ♪

ドリンクや金土の夜限定品も

メインとなる5種類のクッキーパレット以外にも、こんなメニューが用意されています♪

クッキーのアトリエ ドリンク

クッキーのお供にぜひ味わってほしいソフトドリンクは3種類。キッズも飲みやすいはず。左から、バタフライピーティー、レモネード、ハイビスカス&ローズヒップティー。各540円(イートインの場合は550円)。

【注意】広報担当によると、今回の期間限定店は「クッキー」の販売が主の目的のため、ドリンクだけの販売はしていないとのこと。ご注意ください!

クッキーのアトリエ 提供クッキー

こちらは、金曜と土曜日の夜だけの販売となる限定メニュー「クッキーの夜会」。

ノンアルとアルコールをそれぞれ2種類からカクテルを選べるほか(写真左上)、オレンジやピンクグレープフルーツ、いちごアイスクリームなどを、ラングドシャーと呼ぶクッキーでクルクルと巻いた「ムー」(写真右)、アールグレイ風味のチョコソースを閉じ込めた一口サイズのラングドシャー巻き「リス」(写真左下)を用意。

カクテルは各770円、「ムー」「リス」はセットで1980円。さらに「ムー」「リス」のドリンクセット*を2750円で販売。リッチな週末を素敵なクッキーとともに楽しみたい方にぜひ♪

* カクテルでなく、ティーとのセットも可能。
** 「クッキーの夜会」はイートインのみです。

アナタもアーティストに!

クッキーのアトリエ アートウォール

店舗2Fには、小林さんが描いた書き下ろし新作アート「Paint Your Colors」の、超巨大なプリント版(6.7m×1.9m)が展示されていますが、なんとこの作品に限り、来店者であるアナタ自身が自由に着色OK!

30色のクレヨン

エリアの端にクレヨンが用意されていますので、自由に塗り塗りしちゃってください〜♪

ちなみに、(作品内であれば)どこから塗っても、どこまで塗ってもOKだそう。期間中全箇所着色された場合でも張り替える予定はなく、期間中ずっと飾るそうです! イベント終了後は、どこかに展示する予定はないとのことですが、ウェブやSNS等で見れるようにしたいとのことですヨ。

ムービー公開中です

今回の期間限定店のことが判る、ブランドムービー等がYouTubeで公開中です!

レポートまとめ♪

クッキーのアトリエ バナー

・特別なクッキーを3週間限定で販売!
・金土の夜だけの特別メニューもあり
・空間演出はヘラルボニーが担当

いかがでしょう!? 誰もが知る国民的お菓子ブランドの55周年記念として企画されたこの期間限定店。お店に行かないと味わえない、特別な味、気になりませんか!? 小林さんのアート目当てにいくのももちろんOK! 表参道や原宿へ遊びに行った際にはぜひお立ち寄りあれ。

今回ご紹介した記事は 

 いかがでしたか?

以上、お出かけ情報満載のウェブメディア「オソトイコ」がお届けいたしました。関東1都3県ではこのほかにも楽しいイベントや気になるお出かけスポットがたくさん!オソトイコではそんなお出かけに役立つ情報を日々集めてお届けしております。今後もぜひ活用してくださいね!

参考になった!役に立った!と思っていただけたらうれしいです

\  もしよろしければサポートお願いいたします!  /

この記事を書いた人

山さん

娘と一緒にハイキングや登山を楽しむ日を待ち望む、ただの編集者。

今回ご紹介した記事は 

 いかがでしたか?

以上、お出かけ情報満載のウェブメディア「オソトイコ」がお届けいたしました。関東1都3県ではこのほかにも楽しいイベントや気になるお出かけスポットがたくさん!オソトイコではそんなお出かけに役立つ情報を日々集めてお届けしております。今後もぜひ活用してくださいね!

参考になった!役に立った!と思っていただけたらうれしいです

\  もしよろしければサポートお願いいたします!  /

 編集部のつぶやき

  • 小田急 箱根 ハコネイチャーベース HAKONATURE BASE
  • 多摩観光スポットバナー

スポンサーリンク

お出かけ関連の特集記事ランキング

スポンサーリンク