2022.08.16

新型コロナウイルスの影響で掲載中のイベントが中止になっている場合がございます。開催の有無については各イベントの公式サイトなどでご確認ください。ご面倒をおかけしますがよろしくお願いいたします。

特集記事

文・写真: 山さん
2022.06.29

『RYUGU FESTIVAL supported by TOKYO GIRLS COLLECTION』 生き物とデジタルテクノロジー、そしてファッションが融合した期間限定イベントへ行こう!

RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION

“光と音と映像、生き物の融合” をコンセプトとする都市型水族館『マクセル アクアパーク品川』の最新イベントは、持ち前の強味を活かしつつ新たに”ファッション” にもフォーカス! コラボしたしたのは、最大級のファッションイベントとして知られるあの『東京ガールズコレクション』です!

*掲載内容は2022年6月28日開催の内覧会時点の情報で、内容を保証するものではありません。
*掲載写真はすべて編集部による。

EVENT DATA

『RYUGU FESTIVAL supported by TOKYO GIRLS COLLECTION』

家族・カップル・子供大歓迎
撮影OK(写真・動画)
体験コンテンツあり
特別メニューあり

●会場東京都港区高輪4-10-30(品川プリンスホテル内)
●会期2022年7月1日(金)~10月23日(日) *6月28日〜30日はプレオープン
●営業時間詳細は公式サイト(http://www.aqua-park.jp/aqua/guide/)で確認を
●入場券【大人/高校生以上】2300円(4400円)、【小中学生】1200円(2300円)、【幼児/4歳以上】700円(1300円)  *( )の料金はお得な年間パスポート *土休日、8月6日〜14日は日時指定のウェブ前売り入場券必須
●休催日会期中無休
●最寄り駅JR「品川駅」から徒歩5分(編集部実測)
●公式サイトhttp://www.aqua-park.jp/aqua/

『RYUGU FESTIVAL』とは!?

RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION

約350品種2万匹の生き物を飼育展示している都市型水族館『マクセル アクアパーク品川』で、4ヶ月近くにわたり開催されるロングランイベント。

同館はサメやエイなども楽しめる通常の水族館エリアとは別に、演出法を変更し適時イベントを行う「イベントエリア」、そして大迫力のイルカショーが楽しめる「スタジアムエリア」を持つ複合的スポットですが、今回の舞台はそのうちイベントエリアとイルカショーが、それぞれ特別仕様に。

『マクセル アクアパーク品川』では、光と音と映像と生き物たちを融合させる最新のデジタルテクノロジーを駆使した、エレクトリカルで幻想的な演出が広く知られていますが、今回開催する『RYUGU FESTIVAL』は、日本を有数の大規模ファッションフェス『東京ガールズコレクション(以下、TGC)』とはじめてコラボした注目のイベント。

イベントエリアを”竜宮城”に見立てつつ、花火やパーティーをイメージした各種展示とプログラムを展開。例えばTGCの代名詞ともいえるランウェイを模したコンテンツでは、ゲストのステップにあわせフロアに水の波紋が浮かび上がるなど、随所に”ファッション”を意識させる仕掛けが盛り込まれているんです!

RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION
『マクセル アクアパーク品川』は品川駅・高輪口からほぼ直進と、アクセス明解。坂の途中にあります!

会場の様子を紹介すると・・・

イベントを解消するエリアは、1Fの『水槽展示エリア』と、2Fの『ザ・スタジアム』と呼ぶイルカショーの円形スタジアムがその対象となっており、コンテンツは合計6つあります!

【1】 ドルフィンパフォーマンス

RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION

最大の見所であり、何度も楽しみたいコンテンツの1つが、イルカたちが縦横無尽に元気よく泳ぐ『ドルフィンパフォーマンス』。

約1200の座席が巨大な水槽を取り囲む円形スタジアムで行われるプログラムは、日中用のデイバージョンと夜間用のナイトバージョンがありますが、「TGC」とのコラボによるスペシャルプログラムで実施されるのはうちデイバージョン。

RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION
イベントのハイライトの1つだけあり、観客を飽きさせないパフォーマンスが次々と繰り出されます!

(時期により実施回数が異なりますが)1回約15分のパフォーマンスを、1日5〜6回行われます! 例えばどんなものかといえば・・・。

RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION

イルカが派手に、大きくジャンプ!

「カマイルカ」や「バンドウイルカ」など、イルカの種類は複数あるとのことですが、驚くほどの勢いとスピードで、円を描くようにハイジャーンプ! 仲間同士の息もピッタリと、爽快!

RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION

水しぶきを派手にあげ、激しくスピーン!

バシャ、バシャ、バッシャーンと、派手に跳ね上がるイルカたち。水しぶきがかかることも覚悟! 豪快です!

RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION

トレーナーさんを、過激に持ち上げ!

イルカの鼻先でトレーナーを持ち上げ、離して、落とす! その高さはMAX3〜4mくらいありそう。怖そうですが、1度体験してみたいと思うのはワタシだけじゃないはず。

RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION

トレーナー、滑走! イルカに乗って水面を気持ちよさそうに、ギュイーンと滑る。見ているだけでも楽しくなるパフォーマンスも!

RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION

イルカは単純に泳ぐだけでなく、早歩き(!?)することも。2足歩行しているようなパフォーマンスも楽しめます。

RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION

1つのパフォーマンスが終われば、ご褒美のエサにありつけることが分かっているため、トレーナーの場所に戻ると自ら頭を上げて「エサ、おくれ〜」と言わんばかりに口を開けるイルカたち。その姿がまたカワイ〜んです♪

トレーナー衣装は TGCがプロデュース!

RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION

もうお気づきかと思いますが、トレーナーさんの衣装がやけにファッショナブルと思いきや、じつはこれ、TGCのプロデュースによる今イベントのために製作したオリジナル衣装なんです!

使われなくなった古着の”着物”をアップサイクルしたもの。「レディースはフリルとパフスリーブで、竜宮城のお姫さまをイメージ」とデザインを担当された守マナミさん。鮮やかな色使いにも注目です。

上下に着物を大胆に使ったメンズは、ぜひ会場でご確認あれ。

楽曲提供は・・・ この方!

RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION

ドルフィンパフォーマンスをサウンド面から盛り上げる楽曲は、あえて楽器類は使わず、イルカやオットセイ、ペンギンなど、8種類の生き物たちの声をベースに、環境音とヒューマンビートボックスを組み合わせた今イベントのために製作されたオリジナル!

製作したのは、今回内覧会で実際に生演奏してくださった「SO-SO(ソーソー)」さん。世界大会でトップ4入りしたほか、アジア大会チャンピオンを獲得した、日本を代表するヒューマンビートボクサーなんです。これまでにないサウンドパフォーマンスにも乞うご期待! 今回ライブで聴かせていただきましたが、スゴイです!!

【ナイトVerは!?】
毎日19:00以降に開催されるナイトバージョンは、昨夏開催された花火イベントのプログラムを再演。360度グルッと会場を取り囲む幻想的かつファッショナブルなデジタル花火映像とイルカたちの競演は圧巻です! デイバージョンのTGCコラボ演目とはまったく違う世界観は必見ですヨ♪

ちなみにナイトバージョンのプログラムは、同館のイベントを多数手掛けているクリエイター集団「NAKED,INC.」によるものです! ■1日1〜2回開催

【2】 OTOHIME RUNWAY ー乙姫ランウェイー

RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION

会場に入って真っ先にお目にかかるスポットが、このランウェイ。TGCといえばのお立ち台であるランウェイを、最新の映像技術で再現。

RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION

床面に投影された中央の水面風の道を進むと、来場者の歩いた軌跡にあわせて水の波紋が! パネル内を縦横無尽に泳ぐデジタル魚たちのほか、正面には「ヒメツバメウオ」などのカラフルな魚たちが元気よく泳ぐ水槽が。

【3】 UO FESTIVAL ー魚フェスティバルー

RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION

来場者が作品と一体となれる、同館屈指の人気を誇るイマーシブエリア! 22台のプロジェクターを利用した、フレキシブルに変わる映像演出に注目です。まるで深海にいるかのような、幻想的な気分を味わえます。通常”パターンズ”と呼ばれるエリアが、今イベントだけの特別バージョンに。

1つのエリアで2つコンテンツが楽しめる、”海の世界のお祭り” 仕様になっています。

RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION

このエリアは大きく2つの要素で構成されており、1つが『UO YUKARA ー魚浴衣ー』と呼ばれるもの。会場内を優雅に泳ぐ魚たちを見て楽しむだけでなく、壁際に立つことで魚たちのパターンが自身に投影。ファッショナブルな写真が撮影できますヨ。

ちなみに投影される巨大魚のパターンは全5種類。一部魚は、エリア内にある水槽の生き物とリンクしているそう。

RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION
RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION

逆側は『UO HANABI ー魚花火ー』エリア。壁側に並ぶ4つの水槽の足元に注目。そこにある泡を踏むと・・・。水槽内の生き物と連動した花火が背景の壁に放たれます! ぜひお試しを〜。

定期的に 特大花火も♪

RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION
RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION

水槽ごとの個別の花火演出のほかに、2分半に1回の割合で壁全面を使った花火のショータイムも! 雰囲気がイッキに変わります! 1回約30秒。

珍しい 生き物たちも

RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION

華やかな映像演出に気を取られすぎず、水槽内の生き物にもご注目を。見たことのないような、「ハナミノカサゴ」「ヘコアユ」「アカシマヒラヒゲエビ」など、珍しい生き物たちに出会えます♪ 

【4】 UMIMACHI CORRIDOR ー 海街コリドー ー

RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION
RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION

パターンズのあとに見えてくるのが、海中の街を再現したミニチュアの世界。左右7つの水槽内に、再現した繊細な作品をお楽しみあれ。もちろん、生き物たちも生息中。ジ〜ックリご覧あれ。

ジオラマや水槽内のオブジェ制作は、動画再生回数500万回超えの作品も手掛ける、有名ミニチュアクリエイターの「Hanabira工房」さんです!

【5】 Jellyfish Ramble ークラゲ展示エリアー

RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION

同館の人気スポットであるクラゲエリアも、いまだけの照明とサウンドを駆使し、海中をイメージした特別バージョンに。

7つの巨大な円柱水槽と、スクエアなクリスタル水槽が鎮座する大空間(幅9m×奥行き35m)の中を、98個のLEDで彩った、幻想的な空間演出は必見です! 天井、壁も鏡張りのため、実寸以上に会場は広く見えます。

RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION

優雅に泳ぐクラゲたちを見ているだけでも癒されます♪ 展示するクラゲの数は時期等により増減するものの、現在5〜8種類が展示されています。

途中のカフェも特別仕様に!

RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION
RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION

ゆったりくつろげるカフェ『RYUGU BAR ー 龍宮バー ー』。巨大水槽やデジタル映像を駆使した空間のなか、オリジナルドリンクを楽しめます。座席こそないものの、複数ある立ち飲み用のテーブルも水槽となっています! 「イヌザメ」「ハナビラクマノミ」「イソギンチャク」「サツマカサゴ」などを観賞しながら、休憩可能です。ドリンク片手に館内を回遊可能です。

RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION
10月23日までの限定メニューは4種類。もちろんアルコールもあります! 限定のほかに、通常ドリンクもあります。

記者発表会には特別ゲストも!

RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION

6月28日に行われた記者発表には、特別ゲストとして藤田ニコルさんと、チョコレートプラネットのお二人が登場♪ TVやウェブと、すでに多くの媒体で報道されているため、ご覧になった方も多いのでは!?

RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION

発表会では、ひと味お先にイベントをご覧になった藤田さんと、まだ見ていないチョコプラのお二人によるクイズ形式での魅力紹介や代表質問のほか、藤田さんが代表してイルカを握手したり、イルカへ(ジャンプを促す)サイン出しをしたり、始終なごやかな雰囲気のなか行われました♪

RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION

水族館にまつわる思い出も話してくれた藤田さん。浴衣を着るのは久しぶりとのこと。イベントの印象を聞かれると「誰でもモデルさんの気分に」とし、(先に紹介した魚フェスティバルの「魚浴衣」がより楽しめるとして)白い服での来場のオススメしてくれました♪ 

RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION

「お腹が出ているので着物が似合う」と、会場を沸かせてくれたチョコレートプラネットの松尾さん。(発表会の時点では)イベントを見ていないことから、「会場内で打ち上がる花火はどんなもの!?」というクイズに、「さかなくんの花火!」と回答。

RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION

一方長田さんは、「コラボするならどんなコラボを!?」の問いに、波の形をした「なみぐるみ」を作ってみたいと回答。あるようでないこの発想、新しい!

そのほかのエリアも楽しもう♪

「マクセル アクアパーク品川」はイベントだけが見所でなく、常設スポットもオススメです! 入館料金でイベントと常設スポットのすべてが楽しめるのでお得です! *2つのアトラクションは有料

超ざっくりですが・・・

RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION
RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION

館内2Fにある「ワンダーチューブ」と呼ばれる全長約20mの巨大トンネル。10種類のエイなどを楽しめます♪ 通常なかなか目にできない魚の底を眺めることができるほか、お食事シーンに出会えたり。

そのほかにも、「アクアジャングル」と呼ぶ哺乳類や爬虫類に出会えるゾーンもあります♪

RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION

館内1Fには、1回500円のアトラクションが2つ。写真は「ポート・オブ・パイレーツ」。巨大海賊船が前後に振り子のように動きます! 屋内にあることもありかなり巨大に見えます! *もうひとつは海の生き物に乗れるメリーゴーラウンド。

レポートまとめ♪

RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION

●エンターテインメント性の高い話題水族館で開催される、期間限定イベント!
●コラボしたのは「東京ガールズコレクション」。らしい演出も随所に
●必見のドルフィンパフォーマンスは、デイ&ナイトともに見るべし!

いかがでしょう!? 飽きさせない仕掛けで来場者を楽しませてくれる『マクセル アクアパーク品川』。スポット自体は基本すべて常設ですが、演出法がそれぞれ違いますので、過去に同館を訪れたことのある方でもまた新しい体験ができるはず。日々過酷さを増す猛暑を忘れさせる、不思議な深海体験、お楽しみあれ。

RYUGU FESTIVAL Supported by TOKYO GIRLS COLLECTION

この記事を書いた人

山さん

娘と一緒にハイキングや登山を楽しむ日を待ち望む、ただの編集者。

このお出かけ情報は 

 いかがでしたか?

関東1都3県では他にも楽しいイベントや巷で話題のお出かけスポットがたくさん!お出かけ情報満載のウェブメディア「オソトイコ」をチェックして休日を楽しんじゃおう!

「オソトイコ」は

\ お出かけしたくなる情報が満載! /

トップページから探す

\ 「夏」を楽しむイベントがたくさん! /

夏休み中に開催のイベントへ

スポンサーリンク

この記事を書いた人

山さん

娘と一緒にハイキングや登山を楽しむ日を待ち望む、ただの編集者。

お出かけ関連の特集記事ランキング

スポンサーリンク