特集記事【番外編】

feature articles 'extra'

OSOTOIKO RePORTS

 オソトイコ編集部の取材報告

2021.08.02
山さん
文・写真: 山さん

『ダイソー・スリムボトル』 携帯に便利! あるようでない話題の水筒、見つけたら即購入を! 

ダイソー スリムボトル

こんなモノまで!? と驚かずにいられない企画力や価格力でユーザーを魅了する100円ショップ最大手「ダイソー」。行くたびに新しい発見と驚きがあるお店ですが、そこで以前から欲しいと願いつつも、なかなか手には入らなかった水筒をやっと見つけました! それがこのロングセラー『スリムボトル』です♪

*掲載内容は2021年7月時点の情報で、内容を保証するものではありません。
*掲載写真はすべて編集部による。

『ダイソー・スリムボトル』とは!?

ダイソー スリムボトル

*写真は内部にドリンクを入れた状態です

100円ショップの代名詞『ダイソー』(https://www.daiso-sangyo.co.jp)が取り扱っている、オリジナルボトル、つまり水筒。

ダイソー スリムボトル

*写真は内部にドリンクを入れた状態です

水筒といえば円柱タイプの“丸”というイメージですよね。実際ダイソーにも、いろいろな円柱水筒が販売されていますが、今回紹介する『スリムボトル』は、楕円柱。「スキットル」と呼ばれる、アルコール度数の高い蒸留酒を入れる金属製の携帯ボトルのような形をしたユニーク系です!

編集部が調べた限りでは、今回紹介する『スリムボトル』自体は、発売は数年前の模様。新商品が続々と発売されるなど、新旧の入れ替えが激しいダイソー内では、かなりのロングセラーの商品のようです。今回春先に存在を知り、複数店舗をハシゴしたのですが、どこも写真のような状態で売り切れ・・・。何度か繰り返しお店をチェックして、やっと入手したほどの人気商品なんです♪

スペックは!?

ダイソー スリムボトル

価格はもちろん100円+税。ダイソーに限らず、100円ショップは100円を超える金額の商品を取り扱うケースが増えていますが、今回のスリムボトルは100円です!

ダイソー スリムボトル

サイズは高さ19センチ、横幅9.5センチ。大きさは「新書本」くらいです。容量は350ml。増えている350mlのミニペットボトルのドリンク丁度1本分です。ちなみに耐熱温度は60度となっています。

ダイソー スリムボトル

プリントロゴがさり気なくはいっているものの、本体はクリアで、キャップのみグレーと超シンプル。ちなみにロゴは今回購入した「Free Time」のほかに、「HGD(HAVE A GOOD DAY)」の2種類あります。

ダイソー スリムボトル

飲み口、注ぎ口は1箇所のみ。口が小さいので、ちょっと慎重にやらないとこぼすかも!? グレーの樹脂製キャップ内には、シリコン製のパッキンがついています。

ダイソー スリムボトル

クリアボトルのため、入れるドリンクの色がストレートに判るのも特徴。お茶や紅茶、フルーツジュースなど、お好みでどーぞ。

最大の特徴 → 場所をとらない!

スリムボトルのメリットは、一般的な円柱ボトルでは入らない場所などに、スマートに収納できること!

ダイソー スリムボトル
ダイソー スリムボトル

バックのサイドポケットなどにもスッと収納可能。平べったい形状のため、デッドスペースを生み出しすぎず効率良く収納できますヨ〜♪ バックがボッコッとすることもありません。

気になる洗浄は!?

ダイソー スリムボトル

スキットルと同じく、徹底洗浄はこの形状ゆえ難しいものが・・・。水を入れて、ガシガシと振ってすすぐのが一番効果的かもです。“使ったら、すすぐ” を癖付けすれば、汚れも溜まりにくいかと思います。

急須やストローなどの注ぎ口を洗う、写真のようなブラシを使って部分的に内部を洗うことも可能ですが、それを使っても底面の端を徹底して洗浄するのは難しいのが現実です。ちなみにブラシは同じダイソーで各種取り扱っていますヨ。

実際使った感想は!?

飲みやすさは!?どんな感じ!?

口が広すぎることも、狭すぎることもない丁度いいサイズのため、違和感なく飲めますヨ〜♪

握りやすさは!?どんな感じ!?

一般的な円柱水筒は、握ること自体は問題ありませんが、しっかり握る印象ではなく軽く手を添えるような印象がありますが、スリムボトルはしっかり指を掛けてホールドできるため、使い慣れると円柱水筒より使いやすいと思います!

カバンに入れるとどんな感じ!?

円柱ボトルはデッドスペースができやすいですが、スリムボトルはフラットなため、スペース効率が良くすっきりとジャマにもなりません♪ バッグの中で転がることもなく、安定する印象。ビジネスバッグにもいいかもです。自動車やバスなどのドリンクホルダーなどには(形状がまったく違うため)収納できませんが、クルマのドアポケットには入りますヨ。

レポートまとめ♪

ダイソー スリムボトル

●握りやすい、飲みやすい、収納しやすい!
●珍しいカタチと、丁度いいサイズ感
●洗いにくさはあるものの、コスパは高い!

いかがでしょう!? 意外性のあるカタチだけでも、ちょっと使ってみたくなるのでは!? ダイソーではいろいろな水筒を販売していますが、このスリムボトムはとにかく欠品が多い印象。見つけ次第、(100円ですし)ぜひゲットしてみてください♪

ダイソーといえばこんなモノも♪

この記事を書いた人

山さん

山さん

娘と一緒にハイキングや登山を楽しむ日を待ち望む、ただの編集者。

スポンサーリンク

噂のスリムボトル記事へのバナー
常設スポット特集ページへのバナー
スタンプラリー特集ページへのバナー
デカ盛りに挑戦ページへのバナー
ムーミンバレーパーク記事へのバナー
アウトドアジャパンデイ特集記事へのバナー
情報募集中ページへのバナー
アウトドア用語集へのバナー
特集記事の番外編へ

最近みんなが気になっているお出かけ情報ランキング