『ダイソー・スマホホルダー 車内用』十分もと取れる! 欲しい機能がすべて詰まった、話題のお買い得ホルダーはどんなカンジ!?

2021.05.30
山さん
文・写真: 山さん
ダイソー・スマホホルダー・車内用

行くたびに新しい発見と驚きがあるお店、100円ショップ。その最大手『ダイソー』には、思わず “こんなものまで!? ” と驚かされるアイテムが多数ありますが、今回は商品が充実しているクルマコーナーで見つけた「スマホホルダー」をピックアップ。クルマでのお出かけの相棒として、ご参考までにどーぞ!

*掲載情報は2021年5月時点のもので、内容を保証するものではありません。
*写真はすべて編集部による。

『ダイソー・スマホホルダー 車内用』とは!?

今回ダイソー(https://www.daiso-sangyo.co.jp)で見つけた『スマホホルダー・車内用』は、文字通りなスマホを固定するホルダー。スマホを持つ時代が当たり前となっている現在、クルマ移動する方には、あると便利なアイテムですよね。


ダイソーにはスマホ系ホルダーは複数種ありますが、今回紹介するのはダッシュボードに吸盤固定するご覧のモデル。スマホ本体を“万力”のようなスライドレバーで固定するタイプで、スペックはザッとこちら↓

ダイソー・スマホホルダー・車内用

・・・・といったもの。まず目を引くのがその価格ですが、「300円」です!

ダイソー・スマホホルダー・車内用

「100円ショップで300円か・・・」というお声も一部から聞こえてきそうですけど、100円ショップが“均一”店でなくなっていることは広く知られていること。300円であっても驚くことはでありません。要は物、中身です!(余談ですが、編集部が出会ったなかでのダイソー最高額は、首から下げる携帯ファンで、な、なんと1200円! )。

どんなもの!?

ダイソー・スマホホルダー・車内用

パッケージに含まれるものは土台部分とホルダーとなるアーム部分の2パーツだけ。特別な取説なども付属しません。つまりそれだけシンプルということ。小型ボックス(縦9×横9×奥行き6㎝)の脇に使い方が写真付きで印刷されていますが、それを読まなくても使えてしまうほど、シンプル。至って単純なものです。

組み立て単純!

ベース部分の先端にあるボールジョイントを、ホルダー裏の穴に差し込むだけ。難なく入りますが、硬い場合は、ホルダー側のダイヤルをクリクリ回転させて緩めれば入りますヨ。

機能性はどう!?

縦横OK! 回る!

ダイソー・スマホホルダー・車内用

連結部がボールジョイントのため、ホルダー部は「縦」にも「横」にもホールド可能♪ 調整や裏面のダイヤルを緩めて角度決定後締め直すだけ。うーん、単純明快するぎます♪ 360度、好きな位置に固定できます。

ダイソー・スマホホルダー・車内用

思った寄りもホルダー部を動かせないなぁと感じたら、裏面のダイヤルの締め具合を微調整すればOK。ダイヤル自体もしっかりと握れる適度な厚みがあり、少ない力で回せますヨ。

こんな感じで縦置きから横置きへ、横置きから縦置きへの変更も楽チンです♪

アゴ上げ、アゴ下げも自在!

ダイソー・スマホホルダー・車内用

利用者の目線も千差万別。ホルダー部を上下に振って、お好みの角度に微調整することももちろん可能です。この首振りスイングは約100度。十分に首振りできますので、どんな方でも自分好みの位置決めができるはず。

スライドフックも♪

ダイソー・スマホホルダー・車内用

気になるのが、実際にホールドできるスマホのサイズはどの程度かということのはずですが、本体には伸縮調整できる機能が備わっており、最少幅4.8〜最大幅8.2㎝程度のスマホを固定できます。ちなみにスマホを直接接する面(両端のブラシのような突起)はゴム製。スマホが傷付く心配もありません♪

スライドフックの実調整はホルダー脇にあるボタン風の突起を、プチっと押すだけ。中にスプリングが仕込まれており、イッキに最大値までフックが拡大。あとは手持ちのスマホサイズにあわせて指でカチカチカチと微調整するだけ。スマホをホルダーから取り外す際も、このボタンをワンプッシュするだけと、単純明快♪

車体への固定は吸盤で

ダイソー・スマホホルダー・車内用
ダイソー・スマホホルダー・車内用

ダッシュボードへの固定は吸盤と、ゲルパッドと呼ぶ密着性の高い樹脂のチカラで実施。ホコリが付きやすいのでご注意を。初めて使うときには保護シートをハズしてくださいね。ダッシュに固定する際には、レバーを1度持ち上げ(立ち上げ)、位置決めをしたら戻す(倒す)だけ。

車体からの取り外しは!?

ダイソー・スマホホルダー・車内用

取り外しはベース部から伸びる“ベロ”のような突起部分を摘まんで、持ち上げるだけ。

ちなみに、この吸盤+ゲルパッドはかなり強力です!! とくに購入直後は(ホコリなどの汚れも付いていないこともあり)吸着力が強く、はがす際、かなりのチカラがいるなど、び〜っくりするほど吸い付きます!

向きも変えられます

ダイソー・スマホホルダー・車内用

ベース部の首部分はじつは脱着式の2ピース構造となっており、PUSH印を押せばパカッとはずすことも可能。つまりボールジョイント(ホルダー部)の向きを変えることができるんです。つまり ↓ こーゆーこと。

実際固定してみるとこんなカンジ

ダイソー・スマホホルダー・車内用

実際問題ダッシュボードのどこに固定するのかはユーザーの好みですし、そもそも対象車のダッシュボード形状に大きく左右される問題ですので、ココ! という場所はありませんが、ご覧のように、シボ付きのダッシュボードでも問題なくしっかり固定可能です。

実際使った感想デス♪

ブレやズレは!?

実際装着して1時間街中を走ってみましたが、スマホが振動でブレたりズレたりすることもなく、ジョイントが緩むこともなくと、ストレスを感じることは一切ありませんでした。

運転のジャマでは!?

固定する場所にもよりますが、個人的にはまったく気になりませんでした。むしろ(固定場所次第では)通常の車載ナビよりもスマホナビのほうが視線移動が少なくなるため、より運転が楽な気も。

固定位置によってはスピードメーターやガソリン計が隠れる場合があり、そこは注意かもです。

こんな場所にも

先述した通り、吸盤+ゲルパッドがとても強力です。そのためやや傾斜している場所でも固定でき、その状態でもスマホが落ちたることもありませんでした。*ただし、繰り返し脱着を繰り返すことで固定面へのホコリなどの異物付着は避けられそうになく、吸着力は少しずつ弱まりそうですが・・・。

ちなみに名目上「車内用」となっていますが、自宅やオフィス用としても十分有効ですヨ♪

コスパは!?

300円でこの機能性であれば、断然お買い得! カーショップで販売されているスマホホルダーは、1000円台後半〜2000円台ですし、それを考えても驚くべき価格。買う価値は十分あると思いますヨ〜。

レポートまとめ♪

ダイソー・スマホホルダー・車内用

実際買って使って思ったこと!

●単純明解な構造
●縦に横に上下にと、マルチに微調整可能
●ブレない強力固定具
●驚きの価格! コスパ絶大!
●対象車種不問の汎用品

いかがでしょう!? スマホホルダーなんてなんでもいいけど、失敗はしたくない・・・なんて方にもぜひ。300円でこの機能性は絶対見過ごせません。ダイソーには紹介以外にも様々なスマホホルダーが販売されていますので、そちらもあわせてチェックされてはいかがでしょう?

ダイソーといえば、これも話題です!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

山さん

山さん

娘と一緒にハイキングや登山を楽しむ日を待ち望む、ただの編集者。

おうち系情報ランキング

「期間限定」
おうち系コンテンツ

お見逃しなく!

この記事を書いた人

山さん

山さん

娘と一緒にハイキングや登山を楽しむ日を待ち望む、ただの編集者。

スポンサーリンク

噂のスリムボトル記事へのバナー
常設スポット特集ページへのバナー
スタンプラリー特集ページへのバナー
デカ盛りに挑戦ページへのバナー
ムーミンバレーパーク記事へのバナー
アウトドアジャパンデイ特集記事へのバナー
情報募集中ページへのバナー
アウトドア用語集へのバナー
特集記事の番外編へ