特集記事

feature articles

CANADA
OSOTOIKO CANADA RePORTS

 カナダ・バンクーバーからの現地取材リポート

2019.09.20
ban
文・写真: ban

一度は行ってみたい海外の人気スーパーマーケット ホールフーズのおすすめ商品

ホールフーズマーケット

北米で人気のスーパーと言ったらオーガニック商品を多く扱っている「ホールフーズマーケット Whole Foods Market」!海外セレブも多く利用することから、日本でもホールフーズのショップバッグが一時期流行った時期もあるので、日本でご存知の方も多いかと思います。アマゾンに数年前買収されてからは、商品の価格も手ごろな物が多くなり、ぐっと身近なスーパーになりました。アマゾンプライム会員向けのセールもあります。

 

アマゾンプライム会員向けのフライヤー

 

おしゃれスーパーだけあって、どの商品もパッケージが可愛くて、日本では珍しい商品もたくさんあるので、お土産探しにもぴったり!今回はカナダのホールフーズで買えるおすすめ商品と店内の様子を写真たっぷり使ってご紹介します。人気スーパー ホールフーズを疑似体験してみてくだい!

 

SPOT DATA

Whole Foods Market キャンビー店

住所510 W 8th Ave, Vancouver, BC V5Z 1C5
公式サイトhttps://www.wholefoodsmarket.com/stores/cambie

 

ホールフーズ店内

 

量り売りの野菜コーナー

カナダのスーパーは日本のようにプラスチックで個包装されている野菜・果物がとっても少ないんです。ほとんど量り売りで房になってるバナナも一本から買えたりします(笑)必要な分だけ買うことができるのは便利です。

 

野菜や果物の売り場 野菜の売り場

 

以前のホールフーズは本当に値段が高くて野菜や果物なんて貧乏な私には買うことができなかったんですが、アマゾンに買収されてからは値段もぐっと安くなり、私も普通に買い物することができるようになりました。アマゾン様に感謝です(笑) カット果物コーナーも充実しており、その中にはなんと生ココナッツが売ってたりします!ヘルシー志向の人が多いバンクーバーならではですね。

 

カット果物コーナー カット生ココナッツ

 

ナッツや豆・粉類も量り売りできます。お米はももちろんあります。キヌアやチアシードなどのスーパーフードが揃ってるのも魅力。

 

ナッツや豆・粉類の売り場

 

パックでもグルテンフリーの粉、スーパーフードが各種揃ってます。

 

パック売りのグルテンフリーの粉 パック売りのスーパーフード

 

これ、何の機械かわかりますか?

 

ピーナッツバター製造機

 

正解はピーナッツバター製造機です!ボタンを押せばピーナッツがペーストになって出てくるので、容器に好きなだけ入れて購入可能。ピーナッツだけでなくアーモンドバターもありますよ!既存品のナッツバター類もこんなに種類豊富!カナダ人、特に男性はピーナッツバター大好物なんです。日本人に例えるとご飯にかけるふりかけ的存在なんですかね。パンにピーナッツバター、ご飯にふりかけ(笑)

 

既存品のナッツバター類

 

ヨーグルトの種類が半端ない

この写真みてください。この画面全部ヨーグルト関連商品です。普通のヨーグルトもあれば、固めのグリークスタイル、豆乳を使ったヨーグルト、ヤギ乳ヨーグルトなどなど。脂肪率も様々。フレーバーもコーヒー味とかあるんですよ!本当に種類が豊富です。カナダに来てヨーグルトの多さにびっくりしたのを覚えてます。

 

ヨーグルト関連商品

 

乳製品を摂らないビーガン用食材

乳製品を摂取しないビーガンも多いので、豆乳やナッツミルクがたくさん!パッケージもかわいい。カシューナッツ、アーモンド、ココナッツ、オートミールのミルクが主流。バニラ味だとそのままでも飲みやすいんです。

 

パッケージが可愛いビーガン用食材 ビーガン用食材 ビーガン用食材の陳列棚

 

豆乳からできてるチーズや、大豆たんぱくからできた肉代わりのソーセージやミートパテなど豆腐製品が多い!もう、日本では考えられない品揃えですよね。

 

豆腐製品 豆腐製品

 

スナック類もヘルシー

揚げ油にアボカドオイルを使ったポテトチップスやお豆や野菜からできたチップスも多く売ってます。これらのスナックは化学調味料を使ってるものがほとんどなく、岩塩や天然スパイスで味付けされてるのが多くて、スナック菓子ですが安心して食べれます。

 

スナック類の陳列棚 ポテトチップス ココナッツやアボガドのチップス

 

小麦などのグルテンを摂取したくないグルテンフリー志向の人も多いので、米粉スナックも豊富にあります。なんとポンせんべいもあるんですよ!玄米やキヌアが入ったポンせいべいもあり、しかも塩が入ってないので、幼児のヘルシースナックに最適なんです!薄焼きせんべいは北米ではディップをつけたり、乗っけたりしてクラッカー代わりに使われてます。日本では考えられないですよね(笑)

 

米粉スナック クラッカー ポンせんべい

 

スナック類でおすすめなのが、このアップルチップスと味付けナッツ。アップルチップスは子供のおやつで初めは買ったんですが、大人でもその甘さとパリッとした食感にはまってしまいました。

 

アップルチップス

 

このナッツはドライフルーツも入っていて、ブラックペッパーや岩塩、ハニーなどでコーティングしてあり、とっても美味!

 

味付けナッツ

 

グルメな穀物グラノーラーも揃ってます。牛乳をかけなくてもそのままヘルシースナックとして食べたりします。

 

穀物グラノーラー

 

調味料もおしゃれ!

多民族国家カナダなので、世界各国のスパイス・調味料が手に入ります。見ているだけでどのように使うんだろう??など興味が湧いて楽しいです。このような素敵な容器に入ってるので、日本で手に入りにくいスパイス・ハーブはお土産にぴったり!

 

おしゃれな調味料

 

味付けスパイス塩はおすすめです。お肉や魚にまぶして焼くだけでとっても美味しい!

 

味付けスパイス塩

 

メキシカン料理の素は値段も手ごろで混ぜるだけで本格メキシカンが自宅でできるので、重宝。タコスが気軽にできます。

 

メキシカン料理の素

 

調味オイルもアーモンドオイル、くるみオイル、アボカドオイルなどなどヘルシーなナッツオイルが揃ってます!

 

ナッツオイル

 

アップルサイダービネガーはリンゴ酢のことですが、健康に良く人気でこれだけの種類が揃ってます。オーガニックなのでさらに健康!

 

アップルサイダービネガー

 

カナダといえばメープルシロップ!おしゃれスーパーだけあって、パッケージが素敵な商品がそろってます。

 

メープルシロップ

 

カナダ産のはちみつもおすすめです。クランベリーやブルーベリーの花から採れたはちみつも売ってます。このクリームタイプのはちみつ、取りやすくておすすめですよ。

 

カナダ産のはちみつ

 

グルテンフリーのパスタ

パスタと言えば小麦を使ったのが主流ですが、ホールフーズではお豆や米粉からできてるヘルシーパスタも。カラフルで食欲が湧きそうです!

 

ヘルシーパスタ

 

パスタと言えば、先ほどのピーナッツバターに続き、マカロニチーズがカナディアンに大人気!子供の頃からおやつに夕食で食べて育ったそうです。私の夫は未だに大好物です。このうさぎのパッケージ商品はオーガニックで化学調味料を使ってないので、人気の商品です。乾燥マカロニパスタとチーズの粉末ソースがセットになってます。

 

マカロニチーズ

 

コーヒー好きの方は要チェック

地元の人気カフェの焙煎コーヒーが購入できます。北米はおしゃれなカフェが多く、美味しいコーヒーが多いことでも有名。パッケージもおしゃれなので、お土産にぴったり!

 

焙煎コーヒーの陳列棚

 

コーヒー以外にも可愛い瓶入りココアや紅茶もおすすめです。

 

可愛い瓶入りココアなどの陳列棚 可愛いパッケージの紅茶

 

赤ちゃん用品もナチュラル系が揃ってます

日本では珍しいパウチのパッケージがこちらで売ってます。野菜や果物ペーストが入っていて、蓋をあけてそのまま子供が吸って食べるようになってます。お湯で溶かして使える粉末のオートミールベビーフードもあったり、珍しい商品が揃ってます。

 

パウチパッケージの赤ちゃん食

 

可愛い紙おむつも揃ってます。

可愛い紙おむつの陳列棚

 

ホールフーズは雑貨や衣類も数点あり、その中でこの毛糸の手編みブーツが地元のママの間で根強い人気。冬、街を歩けばこのブーツを履いてる赤ちゃんをそこらじゅうで見かけます。バンクーバーの会社で一点一点手編みで作られてて、洗濯機で洗濯できちゃう頑丈な作りです。

 

毛糸の手編みブーツ類

 

女子はみんな大好きコスメコーナー

女性の方ならば旅先で欠かせないのがコスメチェックではないでしょうか?!ホールフーズはナチュラル、オーガニック商品が多く揃っているので、肌にやさしい商品を買うことができます。

 

コスメ売り場ナチュラルでオーガニックなコスメ

 

プチプラのリップはお土産の定番ですね。ナチュラルのものが多く揃ってます。

 

プチプラのリップ

 

天然成分でできた歯磨き粉もおすすめ!オーラルケアに関して日本より進んでる北米なので、様々な種類が発売されてます。

 

天然成分でできた歯磨き粉

 

デンタルフロスもこんなに可愛いパッケージに入って売ってます。フレーバーも色々!

 

可愛いパッケージのデンタルフロス

 

ペースト状のデオドラントも珍しいですよね。カナダでスプレータイプの制汗剤は見かけたことがありません。このようなワックスタイプがデオドラントの主流です。香りは化学香料を使ってなく、エッセンシャルオイルの香りなので、とっても爽やかです。

 

デオドラント商品

 

こちらのハンドサニタライザーもおすすめ!手の消毒だけでなく、出先の便座消毒などにも使えたり、重宝してます。

 

ハンドサニタライザー

 

自然志向の方が多いので「ホメオパシー」(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%A1%E3%82%AA%E3%83%91%E3%82%B7%E3%83%BC)のレメディも売ってるんです。私もカナダに来て初めて「ホメオパシー」の存在を知って、未だにどういうものかは良く理解できてないのですが、このレメディとは治療薬の元成分を何回も何回も希釈を重ね、砂糖玉に染み込ませてあるものだそうです。なんだか呪い玉のような妖しさも感じる商品です。

 

レメディ

 

ビタミン剤やプロテインなど様々なサプリもこの充実。

 

ビタミン剤やプロテインなどのサプリ

 

水以外の水が多い!

セレブってよく水を持ち歩いてますよね。その影響なのかどうか、カナダではココナッツウォーター、メープルウォーター(メープルの透明樹液。メープルシロップは樹液を煮詰めてできている。)も売られてます。
チキンやビーフの骨からとったスープのドリンクという一風変わった商品も!ホールフーズでもあまり売れてないようで埃をかぶってました。

 

水関連の陳列棚 ビーフの骨からとったスープのドリンク

 

スープではなく、そのまま飲んでる画像は少し衝撃ですね(笑)

スープを飲んでいる様子

https://www.instagram.com/broyaliving/

 

ロコ商品が買えるのがホールフーズのいいところ!

このLOCAL印が付いている商品は地元の会社の商品なので、特にお土産におすすめ。ロコ商品はこだわって作っている商品が多いので品質も高く、美味しいものが多いです。その土地でしか買えない商品を多く扱ってるのも、ホールフーズの魅力です。

 

ロコ商品LOCAL印の商品1つ目 LOCAL印の商品2つ目
LOCAL印の商品3つ目

 

季節ごとに変わるショップバッグ

カナダのスーパーは日本のスーパーと違って、レジ横に自分で荷物を詰める机がありません。店員さんが荷物を袋に詰めてくれます。

 

レジの様子

 

リサイクルバッグを持ってないときはこの紙袋に。季節ごとにイラストが変わります。

 

ホールフーズの紙袋

 

$2ぐらいで売っているリサイクルバッグも時期によってバンクーバー限定デザインを売ってるときもあります。毎回コレクションしたくなるかわいさです。

 

ホールフーズのリサイクルバッグ

 

ホールフーズの様子をわかって頂けたでしょうか?日本では珍しい面白い商品がたくさんありますよね!まだまだ紹介したいヘルシーフードコーナーがホールフーズにはあるので、後半もぜひ見てください!

この記事を書いた人

ban

ban

カナダの西・バンクーバーで生活中。食べること、お得なこと、レトロなものが大好きな一児の母です。

バンクーバーは
どんなところ?

バンクーバー

日本から飛行機で約9時間、カナダの一番西側に位置し、海や山に気軽に遊びに行ける自然豊かなバンクーバー。世界の住みやすさランキングで毎年上位に入る人気都市。移民が多いので親切な人が多く、色んな国の人達と交流できたり美味しい多国籍料理を気軽に楽しめるのもバンクーバーのいい所。気候もカナダの中でも一番過ごし易く、冬でも最低0度程度。特に夏はカラッとした爽やかな晴天の日が続き、最高気温も30度程度で本当に気持ちの良い夏を過ごすことができる。しかし秋以降は雨の日が多く「レインクーバー」と言う言葉がある程、雨の日が続くのもバンクーバーの特徴。

スポンサーリンク

アウトレットセールのページへ

みんなが気になっているカナダの記事ランキング