特集記事

feature articles

OSOTOIKO CANADA RePORTS

 カナダ・バンクーバーからの現地取材リポート

2019.05.24
ban
文・写真: ban

本場バンクーバーからArc’teryx ファクトリーアウトレット店の様子を現地レポート! カナダ製アークテリクスやヴェイランスが驚きの価格に!?

アークテリクスファンなら、一度は訪れてみたいと思う場所。それはきっとアークテリクスの誕生の地、カナダ バンクーバーにあるファクトリーアウトレットでしょう!今回は日本に住んでいるアークテリクスファンにとっておきのプレゼント!現地の直営アウトレットの様子を前編・後編に分けてご紹介します!

アークテリクス ファクトリーアウトレットへの行き方

お目当のファクトリーアウトレットはダウンタウンから約30分、ちょっと離れた「ノースバンクーバー」にあります。
ダウンタウンから「211 Seymour行き」か「210 Upper Lynn Valley行き」のバスに乗って行きます。片道約$3(約240円)です。

「Phibbs Exchange」というバス停で下車。そこから「215 Indian River行き」か「212 Deep Cove行き」に乗り「Eastbound Dollarton Hwy @ Amherst Ave」で下車するのがベスト!なんですが、215と212のバスの本数がとっても少ないので、いい時間のバスが無ければ「Phibbs Exchange」からは徒歩をおすすめ!徒歩10分ぐらいで到着できます。周りの景色を眺めながら異国の地を歩いてみれば徒歩10分なんてあっと言う間です(笑)

「Phibbs Exchange」を出たら左に進行。高架下をくぐって直進。

交通量が激しいので、写真左の地下通路を使って道路を渡りましょう。右側奥のオレンジ色の看板を目指して歩いていきましょう。

途中青色の橋を通過し、

しばらく直進していくと右側にカナダ版ミスド「Tim hortons」というドーナツのチェーン店、

左側にスタバが見えてきます。
ドーナツ・コーヒーでちょっと休憩してから先を目指そうと思ったあなたっ!もうここまで来たらあと数分でゴールです!なので、美味しいお楽しみは後にしておきましょう。

綺麗な緑の歩道を歩いていくと遠くに見えてきました、アークテリスクの看板が!!

輝かしい「Arc’teryx Factory Store」の看板!もうここまで来たら迷子にはなりませんね。余裕があったら、この始祖鳥看板の横で写真を撮りましょう。

お疲れさまです、無事直営アウトレット店に到着です!

気になる店内の様子は?

店舗の入り口にはこの注意書きが。リュックや大きなバッグを持っての入店は気を付けましょう。万引き防止のためにロッカーに預けるようになってます。

こちらがアークテリクスファクトリー店の店内の様子。
メンズの売り場が8割占めてます。全体の売り場の広さは日本のコンビニ2個分ぐらいです(笑)そんなに広くはありません。

こちらはアークテリクスの高級ライン「ヴェイランス」やバック・靴コーナー。

こちらはレディースコーナー。

試着室とトイレもしっかりあります!

以前よりS・Mサイズが充実

工場直営のアウトレット店舗ということで、サンプル品やちょっとの不備があるB品(second)、型落ちアイテムがお得に揃っています。

B品にはどこに不備があるのか表記されてるタグ付き。

アークテリクスは地元カナディアンにももちろん人気があるんですが、お金持ちの中国人・韓国人からとにかく絶大な支持を得てます。この日も店内ALLアジア系(笑)なので、売れてくサイズはS・Mサイズ。以前のこのアウトレットを訪れた時は売れ残りのXLとかXXLばかりで小柄なアジア人が着れるサイズが無い!なんてこともあったのですが、今回は人気のゴアテックスジャケットでもしっかりS・Mサイズありました!カラーも黒や紺、カーキ色など使える色が多くて、はるばるノースバンクーバーまで行く価値はありますよ!

希少なカナダ製のアウトレット品も手に入る

アークテリクスファンなら、1つは手に入れたい「幻のカナダ製アークテリクス」。
以前はカナダ製だったアークテリクスですが、会社が大きくなるにつれて国外製品が増えて行き、今ではアークテリクスの10%のみがカナダ製。国外製といってもアークテリクスが長年の取引をして品質管理が徹底している海外の工場で製造しているので、カナダ製と海外製で商品の品質に差はないのですが、それでも、やっぱ「カナダ製」って欲しいですよね。
日本でカナダ製のアークテリクスを購入しようとすれば安くても10万円はするはず。
ここではその幻のカナダ製もアウトレット特価で購入可能!嬉しですね!!


made in canadaのタグ

この日店員さんに「カナダ製はありますか?」と質問したところ、ジャケット数点とヴェイランスコーナーを案内してくれました。
Alpha SVは$900がなんと$699(約57000円)!でもサイズがXXLとかXL。カナダ製アルファジャケットのS・Mサイズがココにあったらラッキー、希少です!(国外製のゴアテックスジャケットならサイズ揃ってましたよ)

このNorvan SL Hoodyという新商品もカナダ製!ゴアテックスなのに、とっても素材が薄い!$440が$319(約26000円)とゴアテックスでしかもカナダ製なのにかなりお買い得!サイトによると、「アークテリクス製品で最軽量、最高の透湿性を備えたゴアテックス」だそうです!

ヴェイランスのコートは$1200が$799(約65000円)!ヴェイランスはサイズ豊富に揃ってました。

目玉コーナーをお見逃しなく!

売り場の所々に目玉特価コーナーがあるので、要チェック!欲しかった商品が特価になってるかも!
この時は$250の商品が$69(約5600円)に!なんと72%off

$320のフードジャケットが$159(約13000円)

まだまだアークテリクスのお得情報が続きます!一番安く買えるゴアテックスを後編でご紹介!

アークテリクスの本拠地バンクーバーの直営アウトレットっていくら安いの?人気のゴアテックスジャケット ベータARはいくらで買える?

この記事を書いた人

ban

ban

カナダの西・バンクーバーで生活中。食べること、お得なこと、レトロなものが大好きな一児の母です。

スポンサーリンク

最近みんなが気になっているお出かけ情報ランキング