2020.12.05

新型コロナウイルスの影響で掲載中のイベントが中止になっている場合がございます。開催の有無については各イベントの公式サイトなどでご確認ください。ご面倒をおかけしますがよろしくお願いいたします。

地域のお出かけ情報

東京TOKYO

公開日:2019.09.23

【講談社「なかよし」創刊65周年記念 原画展】現存最長のマンは雑誌の創刊65周年を祝う、ファン必見の原画展が弥生美術館で♪【10.4-12.25】

編集部
オススメ
女性に
オススメ
こども
歓迎
終了
しました

創刊65周年記念『なかよし』展メインビジュアル
創刊65周年記念『なかよし』展告知ポスター
出典:講談社

 

場所

【東京】 弥生美術館(東京都文京区弥生2-4-3)

告知サイト

http://nakayosi.kodansha.co.jp/news/news20190801-01.html

開催データ

講談社「なかよし」創刊65周年記念 原画展

開催日 2019年10月4日(金)~2019年12月25日(水)
開館時間 10:00〜17:00
*入館4:30まで
休館日 月曜
*10/14、11/4(月祝)開館、翌10/15、11/5(火)休館
入館料 【一般】900円
【大・高学生】800円
【中・小学生】400円
*隣接の竹久夢二美術館も観覧可能
主催  弥生美術館

 

講談社「なかよし」創刊65周年記念 原画展とは!?

2020年1月号で創刊65周年を迎える、講談社のマンガ雑誌「なかよし」。1954年から続く、現存するマンガ雑誌のなかで最長の歴史を誇る雑誌で、女子なら誰もが1度は読んだのでは!? といえるほど、広く知られた国民的雑誌です!

そんな「なかよし」を彩ってきた、人気作品の基調な原画が一堂に。手塚治虫さんの『リボンの騎士』、 美内すずえさんの『妖鬼妃伝』、 あさぎり夕さんの『なな色マジック』、 武内直子さんの『美少女戦士セーラームーン』、 猫部ねこさんの『きんぎょ注意報!』などなど 、女子だけでなく、マンガファンなら一度は見たい名作の原画250点がズラリ。

昨年逝去された、あさぎり夕さんの追悼コーナーのほか、立川恵さんの『怪盗セイント・テール』などの懐かしい付録展示、最新の「なかよし」連載陣を紹介する展示コーナーといった、サブコンテントも充実しています!

 

担当学芸員によるギャラリートークも

開催日&時間指定のギャラリートークの開催もあります! 事前予約不要、無料で参加可能ですヨ。
【開催日】10月12日(土)、11月10日(日)、12月14日(土)
【開催時間】14:00~/各回約30分

原画の入れ替えがあります!
貴重な原画を保護する観点から、展示期間中に2度、作品入れ替えがあります。構成、作家は変わらず、原画のみの入れ替えとのこと。【前期】 10月4日(金)~10月27日(日)
【中期】 10月29日(火)~11月24日(日)
【後期】 11月26日(火)~12月25日(水)

 

アクセスは!?
会場 弥生美術館(東京都文京区弥生2-4-3)
最寄り駅 東京メトロ・千代田線「根津駅」1番出口から徒歩7分
最寄り駅 東京メトロ・南北線「東大前駅」1番出口から徒歩7分
アクセス法 http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/guide/visit.html
グーグルマップでの確認はコチラ

この記事をシェアする

噂のスリムボトル記事へのバナー
ムーミン記事へ
アウトドアジャパンデイ記事へ
情報募集中へ
アウトドア用語集へ
特集記事の番外編へ

スポンサーリンク

情報募集中

最近みんなが気になっているお出かけ情報ランキング

スポンサーリンク

噂のスリムボトル記事へのバナー
常設スポット特集ページへのバナー
スタンプラリー特集ページへのバナー
デカ盛りに挑戦ページへのバナー
ムーミンバレーパーク記事へのバナー
アウトドアジャパンデイ特集記事へのバナー
情報募集中ページへのバナー
アウトドア用語集へのバナー
特集記事の番外編へ