『第4回 ライフスタイルWeek 春』 長引くおうち時間やお出かけ先で使えそうな、気になる“おっ”な商品を駆け足でご紹介♪

2021.01.29
山さん
文・写真: 山さん

ライフスタイルWeek

コロナの影響でおうちで過ごす時間が長くなるなど、お出かけするにも躊躇する時期ですが、そんな落ち込みがちな気分をリフレッシュさせるにも役立ちそうな、「なるほどねぇ」「ほぉ〜」と思わず声に出したくなるアイテムが多数揃う商談会『第4回ライフスタイルWeek 春』にちらっとオジャマ。発売中のモノから今後発売予定のモノまで、思わず誰かに教えてくなるアイテムを見繕ってみました♪

*掲載内容は2021年1月28日時点での情報で、内容を保証するものではありません。
*掲載写真はすべて編集部による。

 

 

 

 

「第4回ライフスタイルWeek 春」とは!?

じつは今回オジャマしたイベント「第4回 ライフスタイルWeek 春」(主催:リード エグジビション ジャパン)は、誰でも遊びに行ける一般向けイベントではなく、ざっくり紹介するとこんな催しです↓
 
ライフスタイルWeekライフスタイルWeek
 
・・・と、あくまでもビジネスの商談会イベントで、一般ユーザーは入場がそもそもできません!
 
イベントについての、もっと具体的な内容が知りたい! という方は公式サイトをご覧あれ。

https://www.lifestyle-expo-spring.jp/ja-jp.html

 
ライフスタイルWeek

幕張メッセを会場に、2021年1月27日(水)〜29日(金)の3日間開催(全日10:00〜17:00)されました。

 

今回紹介するアイテムは、このイベント会場で見つけたもの。すでに発売されているモノもあれば、近日中の発売を予定しているモノまで様々。今後、店頭やネットショップなどで見掛ける機会も増えると予想されます!

 

 
 

それでは早速!こーんなモノがありました♪

 

グッドグラス ジャパン

ライフスタイルWeek
 
色の付いた飲み物を注ぐとキャラクターがクッキリと浮かび上がる、2重構造の“ハンドメイドダブルウォールグラス”で多くのファンを抱える「グッドグラス」。
 
オリジナルデザインのほか、ハローキティほか、有名キャラクターのコラボモデルなども手掛ける人気ブランドに、スウェーデンの陶芸家であり、日本でも人気の高いリサ・ラーソンモデルが登場♪
 
写真のモデルは2月〜3月頃に、3タイプが発売とのこと!
 
ライフスタイルWeek
 
グッドグラスのリサ・ラーソンモデルには、通常グラスのほか、ご覧の「ティーポットセット」も。写真左端の上蓋が猫の頭の形をしたグラスがサーバー的な役目となっており、ぐい飲み風のミニグラスが2つ付属する予定。通常版同様の二重構造で、耐熱120度と、熱いドリンクももちろんOK。発売は2021年のGW〜夏頃とのこと!
 
https://www.r-kj.com

 
 
 

A-Trade

ライフスタイルWeek
 
オリジナルのナイロン生地を使った、薄く、強く、軽いエコバッグ「NANOBAG」。(最軽量タイプで)15gという驚異的な軽さと、綺麗に畳まなくても収納袋にサッと収まってしまう利便性。
 
さらにスリングタイプやバックバックタイプなどの多彩なバリエーション、そして豊富な色柄。
 
レジ袋有料化で注目度が急上昇中のエコバックですが、「NANOBAG」は収納時のサイズがなんと手のひらほど。ヒットしない理由が見当たらない注目エコバックです!
 
ライフスタイルWeek
 
袋に入れるとおよそ6〜7センチ程度という大きさながら、展開するとご覧の大きさに。日々のスーパーでのお買い物などにも充分対応可能。耐荷重も高く最大で30㎏も。
 
最新モデルはこの5月から販売開始とのこと!
 
【公式サイトでは動画も公開中です!】
https://nanobag.info

 
 
 

立風製陶

ライフスタイルWeek
 
吸水性が抜群に良く、洗えるため衛生的で、多彩な色柄を楽しめる「珪藻土吸水コースター」。企業向けにOEMとして、例えばノベルティ用として提案している商品とのことで、一般ユーザー向け商品ではないそうですが、ユニークなのでご紹介。
 
絵柄や写真をベースに自由にデザインを再現できる「特殊デジタルインクジェット印刷タイプ」や、冷えたグラスをのせるなど、温度が冷えた場合に絵柄が浮かび上がってくる特殊なギミックが施された「特殊霊感印刷タイプ」など、いろいろ。
 
耐久性も抜群で、洗剤を使って普通に洗って繰り返し使えるなど、エコな一面もあり、裏面には万が一の飛散防止対策も万全と安心。もちろん使う珪藻土は、安心安全の日本国内産。
 
こんなコースターもらったら嬉しいですよね! 絶対喜ばれそう!
 
http://rippu.com

 
 
 

CoCo:LO

ライフスタイルWeek
 
この「ウォーターボトル」(1680円)は、いわゆる水筒。肌に優しく柔らかいシリコンを使った蛇腹タイプ。もちろん上下に伸縮可能。最短時で350ml、最長時で800mlものドリンクが入ります♪
 
耐久温度は-20度〜120度とのこと。ドリンクを入れた状態で冷凍させたりもできるそう。持ち運びにも便利なグリップ付き。
 
色はアイボリー、ピンク、グリーン、グレー。
 
製品化したのはテーブルや椅子などの家具を扱う「ア.デペシュ」を展開するエーデックス。今後、普段使いに長けた日用品も充実させるべく、今回この新作ボトルを出品。
 
https://a-depeche.com

 
 
 

アトリエ鍛(たん)

ライフスタイルWeek
 
1枚の銅版を叩いて成型する「鍛金(たんきん)」と呼ばれる手法を使って造型した、コーヒードリッパー(1万2000円)。
 
千葉県柏市にアトリエを構える女性作家、宮田琴さんがハンドメイドするもので、本来の銅色ではなく、あえて表面を特殊な薬品を使ってビンテージ風な色合いにするなど、使う人、もらう人、淹れてもらった人、みんながヨロコビそう♪
 
一部溶接を行い、内側に錫をコーティング。ドリッパー本体を支える木材は、さわらという素材。これも職人さんが1点ずつ手作りとのことです。
 
千葉県柏市の、ふるさと納税の返礼品にも選ばれているそうですヨ。

 

ライフスタイルWeek
 
一方、コチラはぐい飲み(1万5000円)。微妙な丸みだけでなく、縁がなんとハート型。内側は銀メッキを施したのち、金や銀などの“色箔”を締着。表面をウレタン塗装で仕上げた逸品とのこと。直径6.5センチ。
 
公式サイトも充実しているので、ぜひ覗いて見てくださいませ♪
通販でも購入可能です!
 
https://koto-miyata-tankin.com

 
 
 

アトラス

ライフスタイルWeek
 
日常使いに長けた、様々なボトルたタンブラーなどを手掛けるアトラスブースで見つけた新製品も注目!
 
写真はその名も「ボトルインボトル」。ペットボトルを入れる専用ボトルで、コールドやホットと、ドリンクの温度をキープで可能。キャップ部分が突出しており、ホルダーに入れた状態でも飲むことが可能。
 
キャップを回す些細にペットボトル本体が回転しないよう、境目の口の部分にパッキンが入るなど、じつに考えた作りになっているんです♪
 
グリップも用途にあわせた複数のタイプを開発。カラーも4色から選べるとのこと。発売は3月頃から。間もなくです!
 
ライフスタイルWeek
 
もう1つ注目したいのが、この「アジャスタブルサーバー」。単純に直接ドリップでコーヒーを淹れ保管するサーバーとしてだけでなく、中栓を分解できしっかりと洗えること、内側に特殊な加工を施し、ニオイや汚れが付きにくくするなど、特徴多数。
 
さらに国内では初という、実際にコーヒーなどのドリンクを注ぐ際の流量を調整できる、アタッチメントが3種類も付属するなど、至れり尽くせり。
 
600ml、800ml、1000mlの3サイズ、各2色展開するそう。デザインもオシャレ。近日発売予定とのことです!
 
https://www.atlas-scm.jp

 
 

【コ、コレは一体!?】

 
この筒のようなもの、なんだか判ります!?

 
ライフスタイルWeek

 
商品名「ゴキ すぅ〜ぽん」。
 
そうなんです! コレ、ゴキブリを除去するための画期的な害虫駆除ツールなんです! 扱い方は単純、殺虫スプレーなどを使って始末した憎きゴミブリを、紙やティッシュで掴んで捨てることなくサッと簡単に排除できる便利なアイテムで、
 
【1】写真の筒を普段使っている掃除機の先にサッと差し込み
【2】始末したゴキブリを掃除機で吸引
【3】吸引後先端に付属のスポンジを入れ封印
【4】あとは筒ごと、燃えるゴミとして捨てるだけ
 
というもの。ゴキブリを一切触ることもなし! 単純に掃除機で吸い取った場合、掃除機のゴミ処理をする行為自体が嫌になりますが、この新製品があればそんな心配も一発解消♪
 
これはスゴイ!

 
下の写真はその内部。ご覧の通りフィルターが挟んであり、吸入したゴキブリはここでストップ。掃除機本体内まで吸引されることはありません。しかもフィルター手前にはなんとトリモチが。ここで強力にゴキブリを捕獲する仕組みになっているんです!!

 
ライフスタイルWeek

 
吸入後は写真左にある丸い綿のようなスポンジを詰め、完全に逃げられないように。あとは、ゴミ箱へ本体ごとズドン。なんとも便利な新製品なんです。
 
本体はダンボールなどの再利用紙製でエコ。価格は1つ250円。もちろん、ゴキブリ以外の虫などにも対応です!
 
【バリアホーム/動画も公開中】https://barrierhome-showroom.website

 

 
 

イガリインターナショナル

ライフスタイルWeekライフスタイルWeek
 
この色柄多彩のフィルムのようなものは、ラップ。オーストラリアのはちみつ農家さんが作られた「ハニービーラップ」と呼ぶ、100%オーガニックコットン生地をベースに、蜜蝋やココナッツオイルなどを染みこませた天然素材製で、何度でも洗って使えるエコラップなんです。
 
ハサミを使って好きな大きさに手軽にカットでき、捨てたあと自然にかえる環境にも優しい特徴も。キッチンを預かるママやパパの気持ちも華やぐ、オシャレな色柄も好感触♪
 
ライフスタイルWeek
 
サイズはS・M・L・XLの4種類。各1枚売りのほか、S・M・Lの3枚などのセット売りもあり。雑貨店などですでに流通が始まっているそうです!(価格はおおよそ1000円〜)
 
http://www.igari-intl.jp/15835877803313

 
 
 

プランドゥーアイ

ライフスタイルWeek
 
パッと見、よく見掛けるクリアテープのように見えるこの「魔法のような多機能両面テープ」は、特殊なアクリルゲル素材を使った両面テープ。吸着が強く、フックや小さな収納ケース、軽い額などを壁に固定できるほか、カーペットや家具などの滑り止めとしても利用可能。
 
貼ったあとにはがせ、さらに貼れる、繰り返し利用が可能で、ホコリなどが付き粘着力が落ちてきた場合は水洗いで回復するなど、長く使えるスグレモノなんです。
 
ライフスタイルWeek
 
例えばこんな使い方も。あらかじめ壁などにこのテープを貼り付けておき、写真の様に文具などをサッと付けては外すことが可能。机の上の整理整頓にも役立ちそうです♪
 
厚さも1㎜、または2㎜と薄く、そもそもテープ自体がクリアなため、目立ちにくいんです。価格は900円〜1270円。通販でも購入可能です!
 
【公式サイトでは動画も公開中です!】
http://www.plandoi.jp/removable_tape.html

 
 
 

北星鉛筆

ライフスタイルWeekライフスタイルWeek
 
鉛筆の大きな問題点といえるのが、(短くなると持ちにくいため)最後まで使えない・・・ということですが、この「ゼロ・ウェイスト つなぐ鉛筆」はその弱点を解決する必見の鉛筆♪
 
鉛筆の(実際に書く側の反対側である)底面に穴があいており、短くなってきたら次の鉛筆をそこに“ブスッ”と差し込んで使うというもの。
 
接続部分を木工用接着剤等でしっかりと固定さえすれば、手動式はもちろん、電動式鉛筆削り機で削ることもOK。つまり最後まで削れるため、これまでなくなく捨てていた短い鉛筆をしっかり使えるんです!
 
●芯の色はBと2Bの2種類
●各4本セットで280円です!
●2021年1月30日発売開始とのこと!

 

http://www.kitaboshi.co.jp

 
 
 

アルデナイデ

ライフスタイルWeek
 
いま話題のこの商品、なんだか判ります!?
 
箸でも、腕に付ける建康グッズ系でもありません! これはストローなんです! TVなど、多くの媒体でお取り上げられているため、知っている方、すでに持っている方も多いかもです。
 
本体をシリコンで成型したストローで、縦に“パカッ”と開いて、閉じることが可能。内部をしっかり洗うことができ、実際に吸引した際、ドリンクがこぼれる・・・なんていう心配はもちろんありません。食洗機でも使えます♪
 
色はピンクやホワイトなど、バラエティ豊富に全13色。3本セット(900円/写真上段)と1本売り(453円/写真下段)があり、楽天やアマゾンで通販で購入可能! ぜひお試しあれ。
 
1本売りにはリングのようにホールドできるアダプター(写真では白いチューブ部分)が付属しています。

 

【公式サイトでは動画も公開中です!】
https://sutenai.eco/straw.html

 

 
 

按理具庵(あんりぐあん)

ライフスタイルWeek
 
この「チギリータ」(特許取得済み)は、いわゆるマスキングテープカッター。
 
刃を使わず、ちぎって使う平板型カッター。商品自体はプラ板に切れ込みを入れたのみという極めてシンプルな構造ながら、コツさえ覚えれば驚くほど簡単に、効率良く、綺麗にマスキングテープが切れる凄い発明品なんです!
 
マスキングテープを貼る際、“出だしはどこ!?” と爪でカリカリした経験、みなさんもきっとありますよね。あれを一発解消できる補助グッズなんです。A(350円/5枚セット)、B(320円/4枚セット)、CAP:(360円/4枚セット)の全3タイプ。
 
公式ツイッターなどで解説動画も公開中!  ぜひ覗いてみてください♪
 
https://twitter.com/AnriguanStation

https://www.instagram.com/anriguan/

 
 

 

アンドウ

ライフスタイルWeek
 
和装小物の総合メーカー、アンドウが手掛ける「シボリバッグ」は、いわゆるエコバッグ。
 
得意分野の知見を活用したシボリ加工を施したエコバッグで、几帳面に折り畳むことなく、サッとポケットやカバンにしまえる使い勝手の良さもポイント。
 
新発売となった、全10種類から選べるムーミンシリーズ(2800円〜)は、実際に荷物を入れた際、その重さでデザインが映える特別な仕様。繰り返し使え、水洗いも可能。長く使えます。

ライフスタイルWeek
 
ムーミンシリーズのほかにも、様々なシボリ加工を施した、ご覧のようなオリジナルエコバッグ(1200円〜)を販売中で、シボリ方や色柄の違うモデルが数十種類以上もあるそう。まずは1度、公式サイトを覗いてみてください。これがエコバック!? とビックリするようなモデルが多数チェックできますヨ。
 
https://ando-kyo.co.jp/lp/shibori.html

 

 
 

最後に・・・

ライフスタイルWeek

今回の商品はすでに流通しているモノもあれば、これからというモノもあり、一般ユーザーの方がすぐ手に出来ないものも一部ありますが、おうち時間の気分転換にネットでお買い物したり、外出した際に、このサイトで見たあの商品はあるかなぁ・・・なんて、少しでも気にとめていただければ幸いです♪ まずはぜひ各社のホームページ、覗いて見てくださいませ!

 

スポンサーリンク

この記事を書いた人

山さん

山さん

娘と一緒にハイキングや登山を楽しむ日を待ち望む、ただの編集者。

おうち系情報ランキング

「期間限定」
おうち系コンテンツ

お見逃しなく!

この記事を書いた人

山さん

山さん

娘と一緒にハイキングや登山を楽しむ日を待ち望む、ただの編集者。

スポンサーリンク

噂のスリムボトル記事へのバナー
常設スポット特集ページへのバナー
スタンプラリー特集ページへのバナー
デカ盛りに挑戦ページへのバナー
ムーミンバレーパーク記事へのバナー
アウトドアジャパンデイ特集記事へのバナー
情報募集中ページへのバナー
アウトドア用語集へのバナー
特集記事の番外編へ