季節のアイコン

TODAY_2019.11.17

アートフォーラムあざみ野で本日「あざみ野アートワゴン&マルシェ」が開催です!障がい者福祉団体やアーティストが手がけた雑貨・グッズ、 フード系を販売する、注目マルシェです。 詳細はこちらから。

地域のお出かけ情報

東京
TOKYO

公開日:2019.10.29

【1杯の紅茶、6分間の本。】話題の本屋さん「文喫」と、日東紅茶の三井農林、そして日販がコラボした、気になる企画展が六本木で♪ 【11.1-11.30】

編集部
オススメ
女性に
オススメ
みんなで
学べる

1杯の紅茶、6分間の本。ポスター
出典:三井農林

場所

【東京】 文喫 六本木(東京都港区六本木6-1-20  六本木電気ビル1F)

公式サイト

https://www.mitsui-norin.co.jp/news/2019/10/873/

開催データ

1杯の紅茶、 6分間の本。

開催日 2019年11月1日(金)〜2019年11月30日(土)
開催時間 9:00~23:00
入場料 【展示室】無料
【選書室/喫茶室】1500円
主催 三井農林日本出版販売リブロプラス

 

1杯の紅茶、 6分間の本。とは!?

“目の前の現実から逃避して、思わずフゥ〜と自由になる時間を提供する”という、本と紅茶に共通する特徴に着目し、 本を読む体験とそこに寄り添う紅茶の素敵な関係という視点で企画されたイベント。

主催するのは、1909年(明治42年)に創業し今年で110年を迎える、「日東紅茶」 で広くその名を知られる「三井農林」と、出版物の取り次ぎ大手「日本出版販売」、様々な書店を全国で展開する「リブロプラス」の3社。

会場となるのは、リブロプラスが2018年12月にオープンした六本木の新感覚書店「文喫」(ぶんきつ)。約3万冊の本の中から意中の1冊と出会うための時間を提供すべく、入場料制(1500円/税別)を導入する珍しい形態で知られる、本好きの間でも大きな話題を集めているお店です。

イベントは大きく「展示室」「選書室」「喫茶室」の3ブロックに分かれており、入場無料の「展示室」は文喫がセレクトする「6分間の本」が楽しめるエリア。6分間にすぐに読み切れる短編から、引き込まれて続きが読みたくなるフレーズ、眺めるだけで気持ちをリセットできそうな写真集など、 “6分間の本を読む”という体験が味わえます♪

選書室」と「喫茶室」は入場料1500円/税別が必要となり、「選書室」は“レキシ・タビジ・クラシ”をテーマに、紅茶起点で選書。一方の「喫茶室」は、 読書をひと休みして、 体と心をリセットする場となるエリア。平日限定として、11:00、 15:00、 18:30頃の1日3回、1杯の日東紅茶とお菓子が無料で提供されるとか♪

ちなみに開催期間中は、「文喫」が通常実施している“おかわり自由のコーヒーと煎茶”の提供も受けられるとのこと!

 

11月28日(木)には特別なトークイベントも♪

累計130万部を超える「八咫烏シリーズ」(文藝春秋)の作者である阿部智里さんを招いた、1日限定開催のトークイベント「夜の紅茶、 夜の本」を11月28日(木)に開催。日本紅茶協会認定のティーインストラクターが教えてくれる紅茶の淹れ方講座や、産地ごとのティスティング会も同時に行われる予定です!

 

【日時】11月28日(木) ■19:00〜20:30(18:30開場)
【会場】文喫 六本木
【定員】30名
【料金】2500円(文喫入場料込/税別)
*定額制会員サービス「文喫定期券」会員は1000円/税別参加可。

イベントの参加申し込みはこちらから。
https://kouchatohon-bunkitsu.peatix.com/

阿部智里

阿部智里さん/写真提供:文藝春秋

 

アクセスは!?
会場 文喫 六本木(東京都港区六本木6-1-20  六本木電気ビル1F)
最寄り駅 地下鉄日比谷線・大江戸線「六本木駅」3・1A出口から徒歩1分
グーグルマップでの確認はコチラ

 

この記事をシェアする

スポンサーリンク

情報募集中
カナダ特集へ
イベントカレンダーへ

最近みんなが気になっているお出かけ情報ランキング

東京都のオススメイベント

  •  11

スポンサーリンク

常設スポット特集ページへのバナー
スタンプラリー特集ページへのバナー
デカ盛りに挑戦ページへのバナー
ムーミンバレーパーク記事へのバナー
アウトドアジャパンデイ特集記事へのバナー
情報募集中ページへのバナー
アウトドア用語集へのバナー
特集記事の番外編へ