2020.11.26

新型コロナウイルスの影響で掲載中のイベントが中止になっている場合がございます。開催の有無については各イベントの公式サイトなどでご確認ください。ご面倒をおかけしますがよろしくお願いいたします。

特集記事

山さん
文・写真: 山さん
2020.08.31

公共/公衆トイレの常識がカワル♪ 快適&オシャレな「THE TOKYO TOILET」プロジェクトを知ってますか!? 

THE TOKYO TOILET

汚い、臭い、暗い、さらに怖い・・・と、マイナスイメージを持たれやすい公共(公衆)トイレですが、その常識が変わる時代がついに到来!? 現在渋谷区内にあるトイレが、誰もが気持ち良く快適に使えるよう順次リニューアルされているんです。
 
その数17。すでに一部利用が始まっている、気になるそのプロジェクトの名は『THE TOKYO TOILET』(ザ・トーキョー・トイレット)。設置される機器類も最新かつ衛生的でエコなものばかりと、知らぬアナタはきっと損をする!?

*掲載内容は2020年8月31日時点での情報で、内容を保証するものではありません。
*掲載写真は、一部除きすべて編集部による。

 

 

THE TOKYO TOILET

 

「THE TOKYO TOILET」とは!?

日本が世界に誇れる1つの文化でありながら、存在が二の次、三の次となり見過ごされてきた感のある公共(公衆)トイレを、よりキレイ、快適、使いやすく! しようというプロジェクト。
 
日本財団が音頭をとり、渋谷区渋谷区観光協会の協力のもと、企画に賛同した国内外で活躍する建築家やデザイナーがデザインを担当。水まわり製品の大手メーカー「TOTO」と、建築大手の「大和ハウス工業」も参画。それぞれの知見も活かし実現したプロジェクトなんです。
 
企画開始は2018年。実際に工事始まったのは2019年。17箇所すべて完成するのは2021年中を予定しているとのことです。

 

とにかく外観を見るだけでも、「こ、これが公衆トイレ!?」と、思わず目を疑うほどのオシャレ感にビックリする「THE TOKYO TOILET」のトイレ。
 
洗練された見た目が注目されがちですが、トイレの機能性、実用性への配慮も万全。性別、年齢、障害を問わず、“誰でも快適に使える”がモットー。
 
クルマ椅子利用はもちろん、オストメイト用設備、ベビーチェアなどをはじめとした幼児用設備など、大人も子供も、赤ちゃんも、快適に使えるトイレとなっています!

 

THE TOKYO TOILET

 

【場所は!?】

区内にある公共トイレのうち、協議のうえで選んだ17箇所が対象。現在順次改築中で、17箇所のうち、すでに5箇所が一般利用可能となっています!
 
具体的場所は公式サイトで確認を!
https://tokyotoilet.jp
 
今回取材した「西原一丁目公園トイレ」が6番目として2020年8月31日に、「神宮通公園トイレ」が7番目として2020年9月7日にオープンするんです!

 

*オープンの順番は現地調査などの実務によるもので、特別狙いはないとのこと。

 
 
【17箇所なのに、参画建築家・デザイナーは16人!?】

基本的に1人1箇所ですが、建築家「坂 茂」(ばんしげる)さんのみ、「代々木深町小公園トイレ」と「はるのおがわ コミュニティパークトイレ」の2箇所担当されています。広報担当によると「場所が近いこともあり、同じ方にお願いした」とのこと。

 

参画クリエイターはコチラの方々

安藤忠雄/伊東豊雄/後智仁/片山正通/隈研吾/小林純子/坂倉竹之助/佐藤可士和/佐藤カズー/田村奈穂/NIGO®/マーク・ニューソン/坂 茂/藤本壮介/マイルス・ペニントン/槇文彦
*敬称略

 
 
【共通ピクト担当はこの方!】

全17箇所に使われる「男性」「女性」「クルマ椅子」「オストメイト」などをイラスト化したマーク(ピクトグラム)の製作は、今回のプロジェクトにも参加されている、佐藤可士和さんの事務所「株式会社サムライ」が担当とのこと!

 
 
【夜にもご注目!】

新トイレはライティングにもこだわっており、夜間にはまた違った表情を見せてくれます♪

 
 
【ちなみに全トイレ新設!?】

今回のプロジェクトは、もともとその場所にトイレが存在していた場所のみで実施した、すべて「改築立て直し」。余談ですが、このプロジェクトは他の区で行う予定は現時点ないとのことです。

 
 
【もっとも気になる清掃面は!?】

24時間利用可能な公衆トイレという性質上、やはり気になるのは清掃面。今回のプロジェクトでもその点はとくに重視しているとのことで、なんと1日3回専門の清掃員(写真)が清掃に訪れるとのこと!! 凄い徹底ぶり!!
 
さらに「トイレ診断士」と呼ぶ維持管理のプロが、独自目線で各トイレの実情を定期的にチェック。月に1回以上、関係者を交えディスカッションするなど、トイレメンテナンスにチカラをいれているとのこと! このメンテナンス状況は、適時ウェブで公開するとのことです。
 
THE TOKYO TOILET
*提供:日本財団

 
 
【設置トイレ自体はどんなもの!?】

今回のプロジェクトの、現状調査や設置機器を含めたトイレ空間のレイアウト提案はTOTOが担当しているんですが、設置されている便器にも特徴が。
 
それが「パブリックコンパクト便器 フラッシュタンク式」なるもの。よくある便器は1回流すとタンクに水が溜まるまでに時間がかかりますが、このフラッシュタンク式は通常の1/3となる20秒程度の待ち時間で使える、従来のフラッシュバルブ式とタンク式の長所を併せ持った機種とのこと。節水性も高いなど、公共トイレ用に開発した新しい洗浄システムを搭載しているんです! 

 
 
【ここまで豪華だと、やはりそれなりに・・・】

下世話なハナシかもしれませんが、こんなに豪華で、維持が徹底しているとなると、それなりのコストもかかっているんだろうなぁ・・・・・・と思うのが庶民の自然な心理というもの。
 
そこで思いきって直撃すると、2020年度中に開く全7箇所の合計で、年間維持費を除く総費用がな、なんと約7.5億円!! つまり、1トイレにつき1億ちょっとかかっている計算です。
 
これが高いか安いかは別として、ここまでお金をかけ、いろいろな関係者の思いが詰まったトイレだけに、キレイに快適に使うよう、私達ユーザーも配慮したいですよね!

 

 

キレイ、快適、オシャレなトイレとは、実際どんなカンジ!?

2020年8月31日・利用開始
【西原一丁目公園トイレ】

THE TOKYO TOILETTHE TOKYO TOILET

 

SPOT DATA

西原一丁目公園トイレ

場所東京都渋谷区西原1-29-1
最寄り駅京王線「幡ヶ谷駅」から徒歩5分
担当デザイナー坂倉竹之助さん

 

今回オジャマしたのが、6番目に利用が始まった「西原一丁目公園」のトイレ。担当デザイナー・坂倉竹之助(さかくら たけのすけ)さんは、「東京ミッドタウン」などを手掛けた日本を代表する建築家です。
 
「西原一丁目公園」のトイレは、甲州街道も目の前という好立地にもかかわらず、利用頻度が少なく近寄りがたさがあったという場所ですが、坂倉さんは便器の数や待ち時間解消という一般的トイレに求められる要素とは別の視点からデザイン。明るく開放的なトイレとすることで、公園自体のイメージの向上も図りたいとのこと。

 

THE TOKYO TOILET
【↑】トイレを取り囲む植栽が彩りをそえる新トイレ。利用開始直後のためスッキリしていますが、数ヶ月後には雰囲気も変わり、さらに魅力的な存在となっているはず。ちなみに植えられているものは、ソメイヨシノ、ヤマボウシ、イロハモミジ、シャラノキ、サルスベリ、イヌシデ、シラカシ、アラカシ、アオダモなどとのこと。3~4月はソメイヨシノ、4~5月はアオダモと、いろいろな種類を植栽しているため、1年を通していろいろな花々が楽しめそうデスよ〜♪ 

 

【3ブロックで構成】

THE TOKYO TOILET
 
トイレの個室は全部で3つ。それぞれに大小便器が備わるほか、中央個室(誰でもトイレ)ではオストメイト用設備のほか、クルマ椅子でも利用も可能。ちなみに大きさは左右が各約7㎡、中央が6.625㎡と広々。入り口にある案内板には点字表示も♪ ただ気になる点が1つ。それが、すべての個室が“男女”兼用であること。これは意見が正直割れそう・・・・・・。
 
ちなみにトイレ自体の大きさは、横幅/8.25m(左右2.8m×2+中央2.65m) × 奥行き/2.5m × 高さ/最後部3.23m。ブース内の天井も高く2.6mと、かなりゆったりしています!

 
 

【内部はこんなカンジです!】

向かって一番左

THE TOKYO TOILET

中央・クルマ椅子利用可
THE TOKYO TOILET

向かって一番右
THE TOKYO TOILET

 

どの個室も広い! ゆったり! お気づきになったかと思いますが、採光性も抜群。左右個室は左右どちらかの壁側に、中央個室は奥側の壁がすりガラスとなっており、爽快♪ 壁も白と、清潔感抜群です! ちなみに密封感が強いため、夏場は相応に蒸します・・・(汗)。ご注意を。

 

THE TOKYO TOILET
【↑】扉は公共トイレ定番の押戸ではなく、すべてスライド式。電動です! 明解なボタン操作で開閉できます。ちなみに停電時は手動で開閉できるそうです。

 
THE TOKYO TOILET
【↑】開放感、すがすがしさ抜群な壁。すりがらすやタイル調の装飾など、まるでお風呂にいるかのような錯覚すら覚えます!
 
THE TOKYO TOILET
【↑】見過ごせないのが、個室ごとにセンサー式の手洗い台があること。しかも備え付けの鏡が大きい! すべてすりガラスからの光が取り込める位置に配置と、う〜ん、贅沢! トイレットペーパーもしっかり常備あるほか、万が一の場合に連絡する緊急通報ボタンもあります。ちなみに大便器横にあるスイッチ類もじつは特殊なもの。ボタンを押すとなんと自家発電(!) その電力を使ってリモコン操作できるため、従来機では必須な乾電池交換や壁裏の電源工事が不要。か、賢すぎる!
 
THE TOKYO TOILET
【↑】中央個室にはオストメイト用設備やベビーチェアも。いろいろな方に配慮した装備が揃っています!
 

 THE TOKYO TOILET
【↑】便器等の装備品は、お馴染みのTOTO製。ご覧のクッションのようなものは背もたれ。オプションとして追加したとのこと。

 
 

【夜も注目!】

THE TOKYO TOILET 西原一丁目公園トイレ
*撮影:永禮賢 提供:日本財団

公共トイレの恐怖心、利用しにくさを解消する役目も果たすライトアップ。ボックス全体が発光するような仕掛けとなっており、トイレが公園を明るく照らし出す様はまさに“行燈(あんどん)”。うーん、安らぐ♪
 
 

【アクセス簡単です!】

THE TOKYO TOILET

駅からはやや離れている印象ですが、甲州街道から1本奥の場所にある西原一丁目公園。最寄り駅から地上に上がり、新宿方面へ直進後、1度右に曲がった先にあります!

 


 

 

2020年9月7日・利用開始
【神宮通公園】
詳細はコチラヘ!

噂の公共/公衆トイレ「THE TOKYO TOILET」プロジェクト第7弾、「神宮通公園トイレ」利用スタート!

 
 

すでに利用が始まっている5箇所はどんなカンジ!?

2020年7月31日・利用開始
【代々木深町小公園トイレ】

代々木深町小公園トイレ
*撮影:永禮賢 提供:日本財団
 
鍵を締めると不透明になる特殊なガラスで外壁を囲うことで、トイレ内に誰かいない!? かと言う不安を解消。トイレに入る前に、キレイさも確認できます!

 

SPOT DATA

代々木深町小公園トイレ

場所東京都渋谷区富ヶ谷1-54-1
最寄り駅千代田線「代々木公園駅」3番出口から徒歩1分
担当デザイナー坂 茂さん

 

2020年7月31日・利用開始
【はるのおがわコミュニティパーク】

はるのおがわコミュニティパーク

*撮影:永禮賢 提供:日本財団

 

代々木深町小公園と同じコンセプトの元でデザインされた、もうひとつの斬新なシースルートイレ。

SPOT DATA

はるのおがわコミュニティパーク

場所東京都渋谷区代々木5-68-1
最寄り駅小田急線「代々木八幡駅」から徒歩5分
担当デザイナー坂 茂さん

 

2020年7月31日・利用開始
【恵比寿公園トイレ】

恵比寿公園

*撮影:永禮賢 提供:日本財団

 

コンクリート製の壁15枚を使った、トイレであり公園と同化する物体でもある、ユニークな関係性が見所。

SPOT DATA

恵比寿公園トイレ

場所東京都渋谷区恵比寿西 1-19-1
最寄り駅小田急線「代々木八幡駅」から徒歩5分
担当デザイナー片山正通さん

 

2020年8月7日・利用開始
【東三丁目公衆トイレ】

東三丁目公衆トイレ

*撮影:永禮賢 提供:日本財団

 

三角形という土地のなかに、プライバシーと安全、個人の空間が守れる斬新なトイレ。思わず目に留まる、鮮やかなその色も特徴。

SPOT DATA

東三丁目公衆トイレ

場所東京都渋谷区東3-27-1
最寄り駅JR線「恵比寿駅」西口から徒歩3分
担当デザイナー田村奈穂さん

 

2020年8月7日・利用開始
【恵比寿東公園トイレ】

恵比寿東公園

*撮影:永禮賢 提供:日本財団

 

公園内の遊具かと思えるようなユニークなカタチは、「タコ公園」にある「イカのトイレ」的存在。

SPOT DATA

恵比寿東公園トイレ

場所東京都渋谷区東1-2-16
最寄り駅JR線「恵比寿駅」西口から徒歩3分
担当デザイナー槇文彦さん

 

 

今回のレポートのまとめ

THE TOKYO TOILET

●常識を変える、常識が変わる新感覚トイレ
●キレイ、快適、使いやすい!
●アイコニックな見た目、待ち合わせ場所にもなりそう
●これが無料トイレとは驚き!

 

いかがでしょう!? このプロジェクトは現在進行中で、全17箇所が揃うのは2021年。新トイレが完成しましたら適時ご紹介していきますので、このページをコマメに覗いてみてくださいネ♪

 

 

この記事を書いた人

山さん

山さん

娘と一緒にハイキングや登山を楽しむ日を待ち望む、ただの編集者。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

山さん

山さん

娘と一緒にハイキングや登山を楽しむ日を待ち望む、ただの編集者。

人気の特集記事

スポンサーリンク